Home / Apple / iPhone / iPhoneの電池の減りが早くなる原因と平均的な寿命

iPhoneの電池の減りが早くなる原因と平均的な寿命

Pocket

気付いたらiPhoneの電池がものすごい早さで減っていたことありませんか?ずっとこの状態が続いてしまったら1日に何回も充電しなければならず、手間がかかりますよね。

何より、いつ充電がなくなるのかを1日中気にしなければならないのはとてもストレスが溜まってしまいます。

そこで今回は、iPhoneの電池の減りが早くなる原因・電池を長持ちさせる方法・平均的な寿命について紹介いたします。

本記事を参考に、iPhoneを長く使っている方も最近使い始めた方もぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneの電池の減りが早くなる原因

ここでは、iPhoneの電池が早く減ってしまう原因と改善方法について紹介します。

バックグラウンド処理が原因

一部のアプリはデータ通信が可能なときに、自動でアプリが作動し、コンテンツ更新などをしています。これにより、アプリを使っていなくてもiPhoneのバッテリーの減りが早くなってしまいます。

バッググラウンドの処理を止めることにより、電池の減りの早さを改善させることができます。

バックグラウンド処理の設定変更は、設定アイコンから一般を選択し、「Appおバックグラウンド更新」を選択し、アプリごとにバックグラウンドのオン・オフを切り替えることができます。

通知機能が原因

メールやメッセージ、各アプリからの通知をお知らせしてくれる便利な通知機能がiPhoneにはありますが、通知機能が原因でiPhoneの電池の減りが早くなってしまいます。不要な通知を少なくすることによって、電池の減りの早さを改善することができます。

通知機能の設定変更は、設定アイコンを開き、通知を選択します。

一覧が表示されアプリごとに通知機能を変更することができますので、通知が必要ないものに関しては、通知許可をオフに設定変更しましょう。通知許可をオフにするほど、電池を節約することができます。

位置情報サービスが原因

iPhoneは位置情報を提供することで、各アプリをより便利に使用できるようになっていますが、位置情報サービスを提供することによって、電池の減りも早くなってしまいます。

各アプリの位置情報サービスをオフ設定にすることで、電池の減りを改善することができます。位置情報サービスの設定変更は次の方法でおこないます。

設定アイコンを開き、プライバシーを選択し、位置情報サービスを開きます。

位置情報サービスを利用しているアプリやサービスが一覧で表示され、アプリ名の横に「使用中のみ」「常に許可」と記載されています。

完全にオフの設定することもできますし、「常に許可」というアプリを閉じていても位置情報サービスが更新される設定を少なくすれば、電池を節約することができます。極力、「使用中のみ」か、設定をオフにすると良いでしょう。

メールのプッシュ通知が原因

iPhoneのメールは自動でサーバーからメールを受信するプッシュ通知設定になっています。自動な分、リアルタイムでメールを受け取ることができるのですが、その分電池の減りも早まります。

メールのプッシュ通知をオフにすることで、電池を節約することができます。プッシュ通知の設定変更方法は、設定アイコンを開き、「アカウント」を選択します。

「アカウント」画面が表示されたら、「データの取得方法」を選択します。「データの取得方法」画面が表示されたら「プッシュ」をオフ設定にしましょう。

そして「フェッチ」もしくは「手動」に切り替えることで、電池の減りの早さを改善することができます。「プッシュ」はリアルタイムでサーバーに問合せをしてくれメールが来ていたらiPhoneに受信します。

「フェッチ」は「15分ごと」「30分ごと」「1時間ごと」のいずれかの希望の時間ごとにサーバーに問合せをし、メールを受信します。時間間隔が空くため「プッシュ」のようなリアルタイムさはありません。

「手動」は自分で更新をし、メールを受信します。自分で更新しない限りは、サーバーにメールが溜まったままになる可能性があります。

次ページ:「画面の明るさが原因」

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

どこでも出力可能!スマホの写真をコンビニで印刷する方法

スマホの写真をコンビニで印刷で …

Facebookでのご購読が便利です