iPhoneの電池の減りが早くなる原因と平均的な寿命

LINEで送る
Pocket

fa9ce01ed335c824e9fbf0ed9a20ea30_s

今回は、iPhoneの電池の減りが早くなる原因と平均的な寿命について紹介いたします。iPhoneの電池がものすごい早さで減っていたことありませんか?

また、長く使っているほど、フル充電してもすぐに電池が消耗されていったことありません?ここでは、iPhoneの電池が早く減ってしまう原因と改善方法について、iPhoneの電池の平均的な寿命について解説いたします。iPhoneを長く使っている方も、最近、使い始められた方も、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneの電池の減りが早くなる原因

ここでは、iPhoneの電池が早く減ってしまう原因と改善方法について紹介します。

バックグラウンド処理が原因

一部のアプリはデータ通信が可能なときに、自動でアプリが作動し、コンテンツ更新などをしています。これにより、アプリを使っていなくてもiPhoneのバッテリーの減りが早くなってしまいます。バッググラウンドの処理を止めることにより、電池の減りの早さを改善させることができます。バックグラウンド処理の設定変更は、設定アイコンから一般を選択し、「Appおバックグラウンド更新」を選択し、アプリごとにバックグラウンドのオン・オフを切り替えることができます。

通知機能が原因

メールやメッセージ、各アプリからの通知をお知らせしてくれる便利な通知機能がiPhoneにはありますが、通知機能が原因でiPhoneの電池の減りが早くなってしまいます。不要な通知を少なくすることによって、電池の減りの早さを改善することができます。

通知機能の設定変更は、設定アイコンを開き、通知を選択します。一覧が表示されアプリごとに通知機能を変更することができますので、通知が必要ないものに関しては、通知許可をオフに設定変更しましょう。通知許可をオフにするほど、電池を節約することができます。

位置情報サービスが原因

iPhoneは位置情報を提供することで、各アプリをより便利に使用できるようになっていますが、位置情報サービスを提供することによって、電池の減りも早くなってしまいます。各アプリの位置情報サービスをオフ設定にすることで、電池の減りを改善することができます。位置情報サービスの設定変更は次の方法でおこないます。

設定アイコンを開き、プライバシーを選択し、位置情報サービスを開きます。位置情報サービスを利用しているアプリやサービスが一覧で表示され、アプリ名の横に「使用中のみ」「常に許可」と記載されています。完全にオフの設定することもできますし、「常に許可」というアプリを閉じていても位置情報サービスが更新される設定を少なくすれば、電池を節約することができます。極力、「使用中のみ」か、設定をオフにすると良いでしょう。

メールのプッシュ通知が原因

iPhoneのメールは自動でサーバーからメールを受信するプッシュ通知設定になっています。自動な分、リアルタイムでメールを受け取ることができるのですが、その分電池の減りも早まります。メールのプッシュ通知をオフにすることで、電池を節約することができます。プッシュ通知の設定変更方法は、設定アイコンを開き、「アカウント」を選択します。

「アカウント」画面が表示されたら、「データの取得方法」を選択します。「データの取得方法」画面が表示されたら「プッシュ」をオフ設定にしましょう。そして、「フェッチ」もしくは「手動」に切り替えることで、電池の減りの早さを改善することができます。「プッシュ」はリアルタイムでサーバーに問合せをしてくれメールが来ていたらiPhoneに受信します。

「フェッチ」は「15分ごと」「30分ごと」「1時間ごと」のいずれかの希望の時間ごとにサーバーに問合せをし、メールを受信します。時間間隔が空くため「プッシュ」のようなリアルタイムさはありません。「手動」は自分で更新をし、メールを受信します。自分で更新しない限りは、サーバーにメールが溜まったままになる可能性があります。

画面の明るさが原因

iPhoneの画面が明るい状態だと電池の減りも早まってしまいます。画面の明るさを暗くすることで、電池の減りを改善することができます。画面の明るさを暗くするには2つの方法があります。1つ目は、画面を下から上にスワイプしコントロールパネルを表示し、自分で調整する方法です。コントロールパネルを表示すると、簡単に画面の明るさを調整することができますので、目安としてメーターの半分以下の明るさに抑えましょう。

もう1つの方法は、「明るさの自動調節機能」をオン設定にする方法です。設定アイコンを開き、「画面表示と明るさ」を開きます。「画面表示と明るさ」画面で「明るさの自動調節」をオン設定にします。自動調節機能をオンにすることで、周囲の明るさに合わせて自動で適切な明るさに変更されますので、電池を節約することができます。

自動ダウンロードが原因

iTunesの自動ダウンロードが原因でiPhoneの電池の減りが早まってしまいます。自動ダウンロードになっていることで、アプリが自動で更新されるので便利ではありますが、その分、電池を消耗してしまいます。iTunesの自動ダウンロードを自動ではなく手動にすることで、電池を節約することができます。

設定変更方法は、設定アイコンから、iTunes&AppStoreを開き、「自動ダウンロード」欄でオフ設定にしていきます。「ミュージック」「App」「ブックとオーディオ」「アップデート」とありますので、自動ダウンロードが不要なものはオフ設定にしていきましょう。

視差効果が原因

iPhoneにはアプリを閉じる際の画面や、iPhoneを傾けた際の待受画面にアニメーションが働くようになっています。これらのアニメーションによって、iPhoneの電池の減りが早まってしまいます。アニメーションを止めることによって、電池の減りを抑えることができますので、不要な場合は設定変更をしましょう。

設定変更の方法は、設定アイコンを開き、一般を選択します。一覧の中から「アクセシビリティ」を選択し、「視差効果を減らす」をオン設定にします。これにより、各アニメーションを止めることができますので、電池を節約することができます。

iPhoneの電池の平均的な寿命

iPhoneの電池の寿命は3年程度です。製造しているAppleも公式に「消費期間は3年間を想定している」ことを発表しています。また、フル充電・放電のサイクルを400回程度繰り返すと、完全に充電したとしても、元の80%程度までしか充電することができなくなります。使い方によって寿命は長くなったり短くなったりはしますが、1つの目安として把握しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、iPhoneの電池の減りが早くなる原因と平均的な寿命について紹介いたしました。iPhoneのちょっとした機能を付けていることで、電池の減りは早まってしまいます。iPhoneには、便利な機能も多いですが、使っていないようなものであれば、どんどん設定を変えて、電池の節約をしていきましょう。

また、iPhoneを長く使っている方は、Appleによると3年が寿命でもありますので、3年を過ぎると電池の持ちが極端に落ちます。iPhoneを毎日快適に使っていくためにも、適切な設定にして使うようにしていきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です