Home / Apple / iPhone / iPhoneの充電コードを無料で交換してもらう方法と条件

iPhoneの充電コードを無料で交換してもらう方法と条件

iPhoneの充電コードを無料で交換してもらう方法と条件

iPhoneに付属している充電コード「Lightningケーブル」はiPhoneを充電したり、パソコンと接続してデータ転送するために欠かせない物です。

ところがこのコードは意外と脆く、何度も抜き差しをしていると破損し、充電ができなくなってしまうことがよくあります。iPhoneが充電できないのは非常に不便ですね。もしコードが使えなくなってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

今回はiPhoneの充電コードが破損してしまった時の対処方法や交換方法について説明します。

スポンサーリンク

iPhoneの充電コードが破損した場合の対処方法

iPhoneの充電コードが破損するとiPhoneの充電ができなくなります。早くなんとかしたいところですが、どういった対処ができるのでしょうか?まずはiPhoneの充電コードが破損した場合の対処方法について説明します。

保証に入っていれば交換可能

実は、iPhoneの充電コードは保証に入っていれば交換することが可能です。新品でiPhoneを購入した場合は、購入した日から1年間は「ハードウェア製品限定保証」という保証が付与されます。つまり、購入から1年以内であれば、条件を満たしている場合は無料で交換してもらうことができます。

また、アップルの製品保証オプションである「Apple Care+ for iPhone」に加入している場合は保証期間が購入日から2年間に延長されます。

メーカーによっては期間限定で自動加入していることも

Apple Care+ for iPhoneは購入したお店やキャリア(携帯電話会社)によっては自動で加入していることがあります。Apple Care+に加入していれば無料で保証してくれる可能性が高くなりますので、自分が加入しているかどうかをしっかり把握しておきましょう。

また、携帯電話会社がドコモの場合は「ケータイ補償サービス」というサービスもあります。購入から1年は無償で修理をしてもらえ、2年目以降は上限額5,500円までとしてサポートを受けられます。

iPhoneの充電コードの交換方法

iPhoneの充電コードは無料で交換してもらえる可能性があることが分かりました。次に、実際に充電コードを無料で交換する手順を説明します。

保証期間を確認

充電コードを無料で交換してもらえるのはそのiPhoneが保証期間内である必要があります。そのためまずはご自身のiPhoneの保証期間を確認します。

保証期間を確認するためにはiPhone本体のシリアル番号が必要です。「設定」->「一般」->「情報」の中にあるシリアル番号をコピーしましょう。

次にAppleの保証状況の確認のページへ行き、さきほどのシリアルコードを入力します。

これで自分のiPhoneが保証期間内であるかどうかを確認することができます。

無償、無料交換を申請

保証期間内であることが確認できたら、さっそく交換申請を行っていきます。交換の申し込みはAppleサポートのWebサイトかもしくはAppleサポートセンターへ電話して申し込む、または持ち込む修理の予約をとる方法があります。

Webサイトから配送を申し込む

「Appleのサポートページ」から「iPhone」を選択、「修理」の「修理と物理的な損傷」から「ケーブル」(他にも充電アダプタもあります)を選びます。Apple ID でログインをしたら、「配送修理」「ケーブル」を選んで、交換するアクセサリを選択し配送先やクレジットカード情報を入力します。3営業日ほどで交換ケーブルが届きます

電話で配送を申し込む

電話で申し込む際にはiPhoneのIMEI番号(本体背面にある番号)、名前、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、支払方法を聞かれます。電話をする前にあらかじめメモを取っておくと良いでしょう。こちらも配送修理であれば3営業日ほどで交換ケーブルが届きます。

Apple Storeへの持ち込む

Apple Storeへの持ち込みでも可能です。「Appleのサポートページ」から「iPhone」を選択、「修理」の「修理と物理的な損傷」から「ケーブル」(他にも充電アダプタもあります)を選びます。Apple ID でログインをしたら、「持ち込み修理」にして、お店を選んで持ち込みましょう。

Apple Storeで何か依頼をするには、事前予約が必要です。Webから予約を入れる他、電話で予約を取る方法もあります。

また、AppleStoreではなくiPhoneの修理を代行しているようなお店の場合は保証期間であってもサポート料や修理代のようなものを請求される場合があります。交換を申し込む前に料金がかからないかをちゃんと確認するようにしましょう。

クレジットカードが必要

電話で無料交換を申し込む場合、クレジットカードの番号を伝える必要があります。これはAppleの純正品ではない充電コードと交換された際に代金を請求するためです。Appleの保証では交換できるのはアップル純正の製品同士のみとなっています。

しかし、純正品では無いケーブルと交換したり、そもそもケーブルを送らないという人が多かったため、その対策としてクレジットカードの番号が必要になりました。

もちろん、ちゃんと純正品のケーブルと交換した場合は料金を請求されることはありませんんので安心してください。

宅配便経由で交換

電話およびWebで申し込んだ場合は宅配便で新しい充電コードが送られてきます。新しいコードを受け取る際に、配達員さんにそれまで使っていた充電コードを渡します。これで、iPhoneの充電コードの交換が無事終了です。

iPhoneの充電コードの交換条件

iPhoneの充電コードを交換するための手順を説明しました。しかし、iPhoneの充電コードが破損したら必ず交換できるかというと、そうではありません。無償で交換してもらうためには次の3つの条件を満たす必要があります。

iphone純正充電器であること

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone 音楽を転送する方法

好みの転送方法はどれ?iPhoneに音楽を転送する方法3つ

パソコンからiPhoneへの音 …

Facebookでのご購読が便利です。