Home / Google / Youtube / Youtubeが遅い!読み込みに時間がかかるときの原因と解決策10選

Youtubeが遅い!読み込みに時間がかかるときの原因と解決策10選

Youtube読み込みが遅い原因

「YouTubeの読み込みに時間がかかる」「再生してもすぐに動画が止まってしまう」など、YouTubeが遅くて困ったり、イライラしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。いろいろな動画が見れて便利なYouTubeだからこそ、読み込みが遅いと非常に困ってしまいます。

そこで今回は、YouTubeの読み込みが遅い場合の原因と解決策について紹介しています。原因や解決策を把握しておくことで、読み込みが遅い場合にすぐに対処できるようになります。

普段からYouTubeをよく視聴している方は、参考にご覧ください。

Youtubeの読み込みが遅い原因

YouTubeの読み込みが遅い場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。ここでは、主な原因について紹介しています。YouTubeの読み込みが遅い際の主な原因を把握しておくことで、原因追求ができ、最適に対処することが可能です。

通信制限がかかっている

スマホ・パソコンどちらを使っている場合もYouTubeの読み込みが遅い場合に考えられる原因の1つが、通信制限です。動画やゲームなど、データ通信の利用のしすぎで通信制限がかかっている場合は、YouTubeの読み込みも遅くなってしまいます。読み込みが遅い場合は、通信制限にかかっていないか確認してみましょう。

インターネットプロバイダーが原因である可能性もある

通信量に問題がない場合は、インターネットプロバイダー側の問題が発生している可能性があります。

利用している通信環境で障害が発生している場合は、インターネットへのアクセスに多大な遅延が発生している場合があります。他のネットワーク環境を利用できる場合には、Twitterなどの速報性の高いSNSで同様の事象が発生している人がいないかを確かめてみてください。

また、公式ホームページで障害状況のお知らせが出ている場合もありますのでチェックしてみましょう。

メモリが足りない

さまざまなアプリを開いたままにしている場合は、メモリが足りなくてYouTubeの読み込みが遅くなる可能性があります。特に、スマホやパソコンのメモリが小さい場合は、起動しているアプリが多いほどメモリが不足して処理に時間がかかってしまいます。

ブラウザタブの開きすぎ

パソコンでYouTubeの読み込みが遅い場合は、ブラウザタブの開きすぎが原因かもしれません。Google Chrome、Safari、Firefox、MicrosoftEdgeなど、ブラウザでYouTubeを見る機会が多い方は、ブラウザタブの開きすぎに注意しましょう。

Google Chromeなど、ブラウザによってはタブを開くことでメモリを消費してしまいます。

CPUの性能が低い

利用しているパソコンやスマホのCPUの性能が低いことで、YouTubeの読み込みが遅くなることがあります。CPUの性能が低いデバイスを使用している場合は注意が必要です。

セキュリティソフト

ウイルス対策ソフトなどのセキュリティソフトが原因でYouTubeの読み込みが遅くなることもあります。セキュリティソフトがパソコンに余計な負荷をかけ、重くなっている可能性があります。

特にノートパソコンの場合はCPUやメモリが弱いため、セキュリティソフトによって50%程度の使用率を達成してしまう場合があります。そうなると、動画などを視聴しようとした際に、すぐに固まってしまうこととなります。

 

次ページ:「YouTubeの読み込みが遅いときの解決策10選」

1 2

Check Also

YouTubeのダウンロードは違法かを解説

Youtubeのダウンロードって違法?気を付けてほしいこと

動画共有サイトYoutube。 …

Facebookでのご購読が便利です。