Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / 結婚した時にFacebookの名前を変更する方法

結婚した時にFacebookの名前を変更する方法

MIYAKO85_yuyakehutari20140725_TP_V

Facebookは本名で登録するものなので結婚したら苗字を変えるのは当然。そんな考えを持つ人もいるのではないでしょうか? ここでは パソコンでのFacebookでの名前変更の仕方 を紹介しています。

これを読めば周りのFacebookを使ってる友達が結婚報告して名前を変えて感じた焦りも治まります。結婚していない人は、自分の好きな人の氏名に変更した場合の事を妄想してワクワクせずにはいられないのかもしれません。

スポンサーリンク

通常の変更方法

通常の変更方法

  1. 一番右上の▼マークをクリック。一覧から「設定」を選択。
  2. 「一般アカウント設定」ページに移動するので、そのまま「名前」の項目欄が右側にあるはずなので、そこの「編集」をクリック。
  3. 名前の変更や追加も可能でミドルネームも可能。

なおすぐには画面に変更されず「名前の変更リクエストをFacebookに送る」形になり 申請してからの実際の変更には24時間かかります。

しかも「今後60日間は名前を変更できなくなります。不自然な大文字や句読点、文字、ランダムな単語を使用しないようにしてください。詳しくはこちら。」と記入もあり不便です。そこで、自分の今までの名前の下にカッコ書きで新しい姓名を載っける形はいかがでしょうか? 次の方法はそれです。

他の名前を追加

トピックタイトル

  1. 『他の名前』の横の「他の名前を追加」をクリック。
  2. 下にスクロールし、「+ ニックネームや生まれた時の名前を追加」をクリック
  3. 他の名前欄に『名前のタイプ』の「ニックネーム」をクリック。様々な一覧が表示されその中に「結婚後の名前」があるので選択。
  4. そこで結婚後の名前を入力。しかしこのまま設定を保存しても分かりにくいので、『プロフィールのトップに表示』の横のチェックマークを入れます。
  5. すると、ページトップ自分の名前の下に「追加した自分の名前」カッコ書きが表示されます。ちなみに「結婚後の名前」じゃなくて「旧名」など別ので選択しても表示はほとんど変わりありません。

すぐに結婚後の自分を反映させたいのならこの「他の名前を追加」を選択し、場合によっては通常の変更方法と合わせるのも良いのではないでしょうか?

Facebookで結婚報告する時に注意したいこと


結婚したことでFacebookの名前を変える時に投稿による結婚報告をする方がいます。幸せだから周りの人に知ってもらいたいという事もありますし、報告しなければいけない人もいますよね。

しかしSNSによる結婚報告は不快に思う人も多いようです。これには 幸せアピール自慢っぷりが鼻につく など、様々な理由が挙げられるようです。何も考えずに結婚報告をするとこのような感情を煽ってしまいかねません。

本項目では Facebookで結婚報告する時に注意したいこと を解説します。せっかくの祝い事なのに余計なトラブルを招きかねません。受け手の気持ちを考えながら報告の仕方を考えてみましょう。

結婚までの経緯を詳しく語る必要はない

多少の馴れ初めは問題ありませんが 出会いから結婚までの経緯を事細かに語る必要はありません。稀にレポート提出かと思うくらい詳細な内容を報告している人いますよね。受け手からしてみると「もういいよ…」となってしまいます。

また結婚式準備の進捗状況の報告なども同じです。結婚式までの日にちを毎日のようにカウントをするような行為は控えたほうが良いでしょう。自分達の幸せを周りにしってもらいたいという気持ちは分かりますが 二人だけの大切な思い出 としておくほうが良さそうです。

写真を載せすぎない

写真に対して不快と感じる人も多いようです。ラブラブだったり、幸せアピール全快の写真は冷やかかに見られてしまっている可能性が高いです。当人達は盛り上がっているけど周りはドン引きしてしまっている パターンですね。

二人の間柄を知っていたり、親しい友人であれば微笑ましく見守ってくれるかもしれませんが、Facebookの全ての友達がそうとは限りません。明らかにゴージャスな雰囲気の結婚式場の様子や指輪の写真などは控えたほうが良いかもしれません。

好印象となるのは、ツーショット写真のようです。結婚報告の写真は、二人が笑顔で写っている 自然なツーショット写真 一枚で良いかと思われます。結婚したことが伝わるシンプルな写真が望ましいですね。

投稿内容を自慢だらけにしない

結婚報告に限らず 自慢系の投稿は拒否反応を示す人が圧倒的に多い です。リアルでも自慢が多い人は周りから人が去っていきますよね。これと同じようにFacebook上でも自慢が多い人からは人が離れてしまう傾向にあります。

自慢の中でも結婚報告は最上位にあたるものです。結婚した事や幸せそうな様子を見て羨ましいと感じる人も非常に多いです。こんな事がきっかけにFacebookの友達との関係が拗れてしまうことにもなりかねません。結婚報告はあくまで簡潔に、自慢しすぎないように注意しましょう。

職場の人など親しい人間には事前に伝えておく

Facebookでは職場の人と友達になっている人も多いかと思います。現実でも毎日のように顔を合わせるのに結婚報告がインターネット上、ましてや Facebookの友達と同じタイミングで報告というのは大変な失礼に値します。

自分に対する扱いは意外と尾を引くことも多いです。職場の人とは仕事で毎日一緒になるわけですし、親しい友人との関係がギクシャクしまうかもしれません。Facebookで報告する前に事前に報告しておきましょう。

受け手の状況も考えよう

Facebookの友達の中には「彼氏彼女と別れたばかり」という人もいるでしょう。そんな傷心中に幸せそうな雰囲気で結婚報告などされたらどう思うでしょうか。余計に傷ついてしまうかもしれません。

そこまで気を使えないと思うかもしれませんが、Facebookでは公開範囲を設定することができます。結婚式の様子や新婚旅行の写真を載せるようであれば、公開範囲を設定することで特定の友人の目に入らないようにする気遣いもしてあげたいですね。

結婚報告は印象が大きく変わってしまう原因に

ここまで見てきたように結婚報告は 周りからの印象が変わってしまう原因 となりかねません。平常時なら客観的に見てどのような影響が出るか分かることでも、結婚したばかりの時は幸せすぎて周りが見えない事もあるでしょう。

もちろんFacebookの友達全員に合わせるようにするのは難しいです。できる限りでも良いので公開範囲などを活用してうまくコントロールしたいところですね。友達との関係を崩してしまわないためにも、相手の気持ちを考えた投稿を行うようにしましょう。

やはり、投稿での報告もあり

あなたが結婚しているとしたら、それをアピールしたくなるでしょう。その時はやはり投稿で「結婚報告」をするのが一番です。上2つの方法だけを試しても見た人は「結婚を知る」と言うより「名前を変更したことに気づく」と言う感じだけで、結婚報告とは言えません。

ただ、結婚した人なら自分の旧姓を「他の名前を追加」で追加するだでも相手と自分の2つの姓名を授かった気持ちになります。ちなみに結婚していない人はノリで好きな人の姓名を変更・追加してみても良いのではないでしょうか?(ただし責任は問いません。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Facebookの「足跡」機能と「知り合いかも」機能を徹底解説

SNSの代表格ともいえるFac …

Facebookでのご購読が便利です。