Home / iPhone / インターネット共有って何?

インターネット共有って何?

Pocket

ipadimgl1116_tp_v

「インターネット共有」という言葉を、皆さんは耳にしたことがありますか。一昔前に問題視された「ファイル共有」と言葉は似ていますが、全くの別物です。インターネット共有とは、Appleが提供している「iPhone」「iPad」「iPod touch」で行うことが出来る、テザリング機能を指します。

テザリング機能と言えば皆さんご存知の、simカードを差し込んだデバイスから他のデバイスへWi-FiやBluetoothを使って回線を受け渡す、まさにインターネット接続の共有を促す機能のことです。

ここでは、まだまだその認知度や、設定方法をご存じない方も多いインターネット共有について、様々なことに触れながら解説していきます。

スポンサーリンク

インターネット共有とは

gori0i9a3007072101709_tp_v-1-1

インターネット共有とは、上記でも触れたように、iPhoneを代表するApple系のデバイスで行えるテザリング機能のことです。まずは、その機能や接続方法の種類、各キャリアによって利用料金が発生するのかについて、見ていきましょう。

通称テザリング

インターネット共有とは、言ってしまえばテザリングと同じ機能のことを言います。

テザリングとは、キャリアやMVNOと契約をしているsimカードが挿入されたスマートフォンやタブレット端末から、他のデバイスへとインターネットへ接続するための電波を受け流す機能のことです。要するに、モバイルルーターの様な機能を果たします。これは、インターネット共有が出来るiPhone等のApple端末以外のAndroidを搭載した端末でも利用することが可能です。

テザリングの種類

テザリングをする方法は、全部で3種類あります。一つは、代表的なWi-Fiを使ってテザリングを行う方法です。例えばスマートフォンでテザリングを行い親機とした場合に、子機となる他デバイスのタブレット端等で動画を視聴したり、モバイル型ゲーム機でオンライン通信を行う際に有効です。

またもう一つに、Bluetoothを使ってテザリングを行う方法があります。これも先程と同様にスマートフォンを親機とした場合に、別のスマートフォンを子機として、簡単なインターネット検索やSNSチェックを行うときに有効です。何故なら、こちらの方法だと回線は細くなりますが、その分親機となるスマートフォンの電池持ちがWi-Fiでのテザリングに比べて良くなるからです。

ですが、その回線の細さにより行える作業は簡単な作業に限定されます。

最後に、USB接続を行ったテザリング方法があります。これは、例えばノートパソコン等のUSB端子を備えているデバイスに有線でUSB接続をして、じっくりと、かつ高速な通信を行う方法です。その分、スマートフォンを親機とした場合には、スマートフォンにかかる負担は大きくなります。

料金

テザリングを行うためには、まずキャリアとの契約必要です。これは各キャリアやキャンペーンによっても価格は様々ですが、「au」「softbank」に関しては、テザリングの利用にあたって基本的に有料でのサービスとなります。契約する時期や適用されるキャンペーンによっては、ある一定期間は無料で使えるサービスも行っております。

ところが、「docomo」に関しては基本的にテザリングは無料で利用することが出来ます。これは契約した時期や適用されたキャンペーンに関わらず、利用料金を気にすること無くテザリングを行うことが可能です。そのため、テザリングを利用することが前提でキャリアとの契約をするのであれば、docomoがオススメです。

インターネット共有のやり方

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s
ここからは、実際にiPhoneやiPad、iPod touchを使ったインターネット共有の設定方法についてご案内致します。ここでは、これらをインターネット共有の親機として設定する方法をメインにご案内していきます。

設定方法

まず、基本的なインターネット共有の設定方法です。インターネット共有を行える「iPhone」「iPad」「iPod touch」は、どれも共通のiOSを備えているため、操作性が基本的に変わりません。

インターネット共有の親機として設定を行う際には、まずは設定を開いて下さい。すると、「インターネット共有」という項目を確認できるかと思いますのでこれを選んで下さい。iOSのバージョンによってはこの項目が存在しない場合があります。その際は、「モバイルデータ通信」を選択して下さい。

すると、その中に「インターネット共有」の項目があるので、これを選択して下さい。すると、インターネット共有の設定画面に画面が移動しますから、ここで画面の最上部にある「インターネット共有」のスイッチをオンにし、緑色に変化したら、設定は完了です。

種類別の設定方法

接続方法の種類によって、若干設定方法が変わってきますので、Wi-Fiでの設定方法、Bluetoothの設定方法について、それぞれご案内していきます。

まずは、Wi-Fiでのインターネット共有をする場合です。これは大前提のことですが、まずは親機となるデバイスのWi-Fi設定をオンにして下さい。そして、子機の方でもWi-Fi設定を同じようにオンにします。

そこで、子機では接続可能なWi-FiのSSID(Wi-Fiの名前)が表示されますが、これは親機の共有画面に記載されている、例えば「iPhone7」といったものを選択して下さい。すると、パスワードを求められます。この時のパスワードも、親機のインターネット共有画面に記載されているものを入力して下さい。これで、Wi-Fiを使ったインターネット共有は完了です。

次にBluetoothを使ったインターネット共有設定についてです。これはWi-Fiを使うよりも簡単です。まずは上記でご案内したように親機側でインターネット共有の設定をオンにした状態で、親機となるデバイス、子機となるデバイス共に、Bluetoothをオンにして下さい。そして、それらのデバイスをペアリングするだけです。

これで、親機を介して子機となるデバイスでインターネットに接続することが出来ます。ですが、この方法では電波が弱く回線が細くなるため、簡単な作業をどうしても行いたい場合に限定して下さい。

どのデバイスがインターネット共有に適しているの?

インターネット共有を行えるデバイスは、Appleが提供しているデバイス3種類であるということをご案内致しました。では、どのデバイスがインターネット共有の親機デバイスとして一番適しているのでしょうか。それについて、見ていきましょう。

まず、このインターネット共有を行う場合、親機となるデバイスでは電波を探しキャッチしながら受け渡すという2つの作業を並行して常に行うことになるため、当然、充電の減りが早くなり、バッテリーに負荷をかけることになります。例えるならば、充電をしながら動画視聴等の作業を行っていることと同義です。

それならば、親機となるデバイスは当然バッテリー容量が多い方が良いと言えます。そこで、3つのデバイスを比べてみると、圧倒的に「iPad」がバッテリー容量では勝っています。こういった視点においては、インターネット共有の親機としてはiPadが一番適していると言えるでしょう。

緊急時の応急処置として

上記でも何度か述べているように、インターネット共有の親機となるデバイスには、バッテリーに大きな負担をかけることになります。ですので、インターネット共有という機能は非常に便利な機能ですが、これは飽くまで緊急時の応急処置として捉えて下さい。

使う際に注意すべきこと

b4fb16b0de08ddda5b57247845d139b0_s
最後に、インターネット共有を行う際に注意するべき点について、いくつかご案内していきます。注意点の他にも、インターネット共有を行う上でのメリットやデメリットについても触れていきます。

注意点

インターネット共有を行う上での注意点はいくつかありますが、何と言ってもデータ使用量上限についてです。

このインターネット共有という方法は、例えばキャリアで一月に使えるデータ使用量上限を5GBで契約した場合に、それを分け合うことで他のデバイスへ電波を受け渡すことを可能にしています。そのため、このインターネット共有をあまり多く使用していると、本来使えるはずのデータ使用量が減ってしまい、通信制限にかかってしまう危険性があります。

ですので、上記でもご案内したように、なるべく緊急時に利用するよう心がけましょう。

メリット

インターネット共有を行えるメリットは、やはり他のデバイスもインターネットに接続出来るようにすることが可能であるという点です。

このメリットは、単純に自分自身のデバイスをインターネットに接続出来るチャンスが増えるという点もありますが、例えば友人知人が通信制限にかかってしまっている際に、どうしてもインターネットに接続しなければならない場合に、その友人知人を助けることが出来るという点です。

SSIDもパスワード親機のインターネット共有画面に表示されているため、信頼出来る友人知人であれば、簡単に助けてあげる事ができるのです。こういった点は、インターネット共有が可能にするメリットの一つです。

デメリット

次にインターネット共有を行う上でのデメリットですが、これはやはりバッテリーに負荷をかけてしまい、電池持ちが悪くなってしまうという点です。インターネット共有を継続して日常的に使用していると、いくら気を付けていても、バッテリーに必要以上の負荷をかけることになります。これは、バッテリーの劣化に繋がります。

バッテリーが劣化してしまうと、電池持ちが悪くなってしまうだけでなく、思わぬ不具合を起こしかねませんので、何度も申し上げるようですが、インターネット共有は緊急時に限定して利用し、上手に使いましょう。

まとめ

yk0i9a6202_tp_v
このように、iPhoneやiPad、iPod touchで行えるインターネット共有には、良い面もあれば、知識がないと悪く作用してしまう危険性もあります。ですので、この記事がインターネット共有を利用する際の参考として、少しでもお役に立つことが出来れば幸いです。

せっかくの便利な機能ですので、使いどきを見極めて、上手にインターネット共有を活用していきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です