Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / 無料Wi-fiの危険性と使用する時のセキュリティ対策

無料Wi-fiの危険性と使用する時のセキュリティ対策

・https://で始まるページかどうかを確認する。
https://で始まるページは通信が暗号化されているので安全なようです。それ以外のページは極力利用しない方が良いのではないでしょうか。

・鍵マークのない無料Wi-fiは利用しない
鍵マークのない無料Wi-fiは暗号化されていないので利用しないのが無難です。

・自分で用意したルーターを持ち歩く。デザリングを利用する。
レンタルなどで通信キャリアと契約したルーターかスマートフォンのデザリングを利用するのであれば、パスワードを第三者に教えない限り暗号化されているので直ちに第三者に読み取られるという危険性は少なくなります。

・Wi-fiを使わないときはOFFにしておく
ONの状態だとスマートフォンなどは自動で無料Wi-fiに接続をしてしまい、それに気づかずにインターネットを利用すると知らず知らずの内に個人情報が抜き取られてしまうなんてこともあり得ます。OFFにしておけばそういった心配もないので面倒でも通信をしないときは安心できるのではないでしょうか。

・大事な情報のやり取りは外出先でしない
個人情報を守る為にはこのことが一番重要なのではないでしょうか?インターネットが普及し、スマートフォンを所有する人が拡大の一途をたどる現在では、つい便利さの誘惑に負けてガードが緩くなってしまいがちですが、そこを付け狙う悪意のある人間は確実に存在します。自宅や自転車の鍵を面倒だから掛けないという人が少ないようにネット上のセキュリティに対する知識を身に付け、正しく利用することがこれからの時代、重要なのだと感じます。

まとめ

無料Wi-fiを利用する時は、他人にみられたら困る個人情報を扱うことはやめておくことが無難でしょう。もしも必要に迫られ、公共の無料Wi-fiで個人情報の通信を行うことが必要になった場合には、httpsなどの暗号化がしっかりとされているのか確認し、できるだけ安全に使用できるように心がけていくことが大切です。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ITにおけるベンダーとは何?ベンダーの定義と代表的な企業

ITにおけるベンダーとは何?ベンダーの定義と代表的な企業

ベンダーとはどんな意味を持つか …

Facebookでのご購読が便利です。