Home / Apple / Mac / ショートカットを使って一瞬で!macで画面キャプチャを撮影する手順

ショートカットを使って一瞬で!macで画面キャプチャを撮影する手順

画面全体や一部、それに特定ウィンドウのスクリーンショットの取り方はわかりましたが、そういえばTouch Barのスクリーンショットの取り方ってどうやるの?って方も多いのではないでしょうか?

Touch Barとは、MacBook Proなどに付属しており、キーボードの上部、モニターとの境目あたりにあるバーです。

Macでのスクリーンショットは、いままでは、

画面全体のスクリーンショット:「shift + command (⌘) + 3」、
選択した範囲のスクリーンショット:「shift + command (⌘) + 4」 → 範囲選択、
特定ウインドウのスクリーンショット:「shift + command (⌘) + 4」 → スペースバー → クリック

でしたが、2016年発売のTouch BarモデルのMacBook Proの登場でさらに便利になりました。

しかし、Touch Barは新しい機能でそれに対応したサードパーティのアプリケーションがまだ少ないため、これからスクリーンショットのみならず、Siriの起動や音量調節などいろいろなことがこのTouch Barでできるという可能性を秘めています。

なお、このTouch Barでスクリーンショットを撮るには、まず「システム環境設定」の「キーボード」タブに「コントロールストリップをカスタマイズ」で「スクリーンショット」を追加する必要があります。カメラのアイコンのスクリーンショットを追加します。

Touch Barを見ると、カメラのアイコンが追加されています。
スクリーンショットを撮るには、画面に表示される、スクリーンショットを撮りたい部分を選択し、このカメラアイコンをタップするだけで完了します。

最初の設定がちょっと面倒ですが、あとは楽々なので、Touch BarのあるMacを持っている方は、是非設定しておきましょう。

Macの設定を変更

mac

それでは、スクリーンショットを撮ったファイルの保存先の変更や保存したファイルの形式を変更するにはどうすればいいのでしょうか?

保存場所を変更する

通常はスクリーンショットや写真などは「写真ライブラリー」に保存されています。それを「参照ファイル」としてそれ以外の場所に保存することもできます。

そのやり方は、「環境設定」から「一般」、「項目を写真ライブラリにコピー」のチェックボックスをはずします。

保存ファイル形式を変更する

Macでスクリーンショットを撮ると、通常は「PNG」形式で保存されます。これを他のファイル形式に変えたい場合、少々マニアックですが、ターミナルを使って変更することができます。

たとえばJpegに変えたい場合は、

ファインダーから「アプリケーション」→「ユーティリティ」にアクセスして、「ターミナル」を起動し、

$ defaults write com.apple.screencapture type jpg
$ killall SystemUIServer

とタイプするだけです。1行目のjpgのところをTiffやBMPなど他のファイル形式にすれば他の形式にも変更ができます。

おすすめスクリーンショットアプリ

ビジネス 仕事 女性 手 アップ 勉強 ピンポン ジェスチャー 問題 正解 セミナー 思考 指 光 人差し指 発見 ライト 電球 ポイント アイデア 助ける クエスチョン 閃き ひらめき ヒント 思いつく 解決 思いつき 疑問点 天才

それではおすすめのスクリーンショットアプリをご紹介致します。

Skitch

Evernoteが提供する、スクリーンショットはもちろんですが、ちょっとした画像加工もできるアプリであるSkitch。画像加工ではなんといってもPhotoshopが優秀ですが、機能は制限されているものの、起動も早くサクサク動くので便利!と評判が高いアプリです。

App Storeでも提供されているので安心してダウンロード&使用することができます。

Monosnap

App Storeでも提供されているMonosnapは、画面のキャプチャからミニ加工、投稿まで一連の作業ができるアプリです。

とくにブロガーなどにおすすめで、矢印や手描き文字まで書き込めるので、ユニークな表現が一瞬でつけられます。いちいちスクショを撮って取り込みまたそれを呼び出して投稿、といった作業時間が半分以下に縮まります。これなら投稿したいその時にささっとMonosnapで加工ができますね。

Gyazo

「スクリーンショットの瞬間共有」がキャッチフレーズのGyazo。もうすっかり有名なアプリですよね。

使い方はいたって簡単で、スクリーン上の任意の範囲を矩形選択して、「画像を撮る」ボタンを押すだけ。さらにその画像のURLが表示された個別ページが開くので、クリップボードにURLがコピーされてすぐさま共有が可能となります。いちいち共有アプリを開かなくてもいいので、共同作業にも最適ですね。

まとめ

ビジネス 仕事 メモ ノート 書く 成功 教育 勉強 学習 学校 文具 鉛筆 思考 文房具 クリップ 付箋 電球 アイデア 先生 答え ひらめき 感性 考え 提案 創造 解決 発想 思いつき チャンス 成績 企画 実績 コンペ 能力 博士 クリエイティブ 着眼 思想 創造力 勘

いかがでしたでしょうか。

ショートカットキーのコマンドを覚えることでスクリーンショットは一瞬で撮ることができますし、より撮りたいタイミングで撮ることができます。

また、スクリーンショットにとどまらず、ショートカットキーを覚えることで業務は非常に効率化していきます。タブの開閉やコピー&ペーストなどコマンドさえ覚えれば一瞬で行える作業はとても多いでしょう。

是非、日々の生活の中で今回紹介した画面キャプチャの取得やショートカットコマンドを上手く使いこなしてみて下さいね。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macの起動が 遅い時に 確認するべき事項

Macの起動が遅い時に確認するべき事項

Macを使用していると、いつか …

Facebookでのご購読が便利です。