Home / ネットワーク・IT / SNS / LINE / LINE翻訳の精度をUP可能!上手な使い方と正確さを上げるコツ4つ

LINE翻訳の精度をUP可能!上手な使い方と正確さを上げるコツ4つ

翻訳アカウントの機能2つ

LINE翻訳を使えば、希望の単語やフレーズなどをすぐに翻訳することもできますし、外国人とのLINEのやり取りを同時通訳することもできます。これらの機能をしっかりと活用し、コミュニケーションに活かしましょう。

1.翻訳アカウントをトークに招待して同時通訳

LINE翻訳は、トーク画面を使って瞬時に翻訳をおこないます。希望の翻訳アカウントをトークに招待して言葉を送信すれば、すぐに翻訳をしてくれます。

たとえば、LINE英語通訳だと、「こんにちは」と日本語を送信すれば「Hello」と翻訳された英語が返信され、「Hello」と英語を送信すれば「こんにちは」と日本語が返信されます。

一瞬で翻訳をしてくれるため、海外でコミュニケーションに困った場合も安心です。また、単語だけでなく長文を送信しても翻訳されますので、外国の方ともスムーズにメールのやり取りができます。

2.グループトークで同時通訳もできる

LINEの翻訳アカウントをグループトークに追加すれば、外国人とのLINEのやり取りを同時通訳してくれます。外国人の友だち向けに送信したメッセージがすぐに翻訳され、外国人から返信された英語などのメッセージを日本語に翻訳してくれます。

お互いの言語にリアルタイムで翻訳してくれるため、お互いの外国語や日本語がわからなくてもスムーズにコミュニケーションが図れます。

また、LINE翻訳の通訳が必要無くなった後は、「@bye」とトークに打ち込めば、トークやグループを退室してくれます。

3.画像内の文字を翻訳

また、LINE翻訳の公式アカウントのメニューには「写真内の文字を翻訳」機能が提供されており、画像内の言語を翻訳することが可能です。

写真の中の英語や中国語が不明で意味が知りたい時は、LINE翻訳を活用するのもおすすめです。

翻訳の精度を上げるコツ4つ

翻訳は100%の精度でできるわけではありません。少しでも精度が上がれば、相手に伝わりやすくなり、円滑なコミュニケーションを図ることができます。ここでは、翻訳精度を上げるコツについて見ていきましょう。

1.日英翻訳では主語を入れる

LINE翻訳だけでなく他の翻訳サービスを利用する際も同じことが言えますが、翻訳の精度を上げるコツの1つは、主語を入れることです。そもそも、翻訳に限らず、主語がない文章だと相手に誤解を与える可能性があります。いつもよりも丁寧に主語を入れて、翻訳するようにしましょう。

2.方言や略語は使わない

ただの友だちとのメッセージのやり取りであれば、どんな方言や略語を使っても構いませんが、翻訳をする際は、方言や略語は使わないようにしましょう。方言や略語まで正確に翻訳できるサービスはありません。

3.敬語も使わない

翻訳精度を上げるために 翻訳する際は敬語も控えるようにしましょう。たとえば、「〜お送り頂ければと思います。」「〜だと存じます。」「おっしゃっていることは〜」などを使っても、同じニュアンスの言葉に翻訳される可能性は低いです。

逆に、相手が混乱するような翻訳になる可能性があるため、敬語は使わないようにしましょう。

4.シンプルに伝える

文章を作るときは、とにかくシンプルにすることを考えましょう。文章が複雑になるほど、翻訳精度が低くなってしまいます。翻訳サービスを利用する際は、極力シンプルにすることで精度を上げることが可能です。

まとめ

日本人 女性 女 女子 10代 20代 大学生 学生 清楚 上品 美少女 キレイ 綺麗 可愛い Cute ロングヘア カフェ 喫茶店 屋外 テラス 電話 メール スマホ ケータイ スマートフォン 笑顔 スマイ 日本人女性 屋外 おすすめ 携帯 mdjf007

いかがでしたでしょうか。

今回は、LINE翻訳の機能やメリット・デメリット、精度を上げるコツなどについて紹介いたしました。LINE翻訳は、普段使っているLINEアプリ内で英語や韓国語、中国語、中国語(繁)の翻訳が簡単にできる機能です。

瞬時に翻訳してくれますし、グループトークで同時通訳をして外国人とコミュニケーションをとることもできます。コストもかかりませんので、ぜひ1度試してみましょう。

1 2

Check Also

この人誰だっけ?LINEで友だちの名前を変更する方法とメリット

コミュニケーションアプリとして …