Home / Apple / iPhone / 大切なiphone保護にスキンシールはいかが?

大切なiphone保護にスキンシールはいかが?

risarisa20141018093713_TP_V

よく使うiPhoneを保護するためには、様々な方法があります。液晶画面の擦りキズを防止するためには、保護フィルムや、保護ガラスなどがよいでしょう。本体のキズや、汚れなどを防止するためには、カバーケースが適しています。しかし、カバーケース以外にもスキンシールを使って、大切なiPhoneをキズや汚れなどから防止してみてはどうでしょうか?

スキンシールならば、かさばることなくiPhone全体を保護するだけではなく、カバーケースには無いおしゃれが楽しめるので、オススメです。今まで使用したことの無かった方は、一度使用してみてはどうでしょうか? 本記事では、iPhoneの保護に適したスキンシールをご紹介します。

iPhoneのカバーケースとスキンシールの違い

まず、カバーケース(ハードケースや、ソフトケース、手帳タイプのケースなど)とスキンシールはどういった所が違うのか、メリットとデメリットを挙げて違いをご説明します。

カバーケースのメリット・デメリット

カバーケースのメリット

カバーケースのメリットとしては、まず、取り付けやすい点が挙げられます。

特殊なケースを除いて、工具などを使わずに取り付けたり、取り外したりすることができます。また、ある程度の厚みがあるのもならば、落下の衝撃を和らげてくれるのも安心できる点です。

カバーケースのデメリット

カバーケースのデメリットとしては、厚みがあるために、lighteningケーブルやイヤホン、クレードルといったものを差し込むための穴部分の大きさが、ケースによっては穴が小さいことによって、奥までさせない事があります。

Apple純正のlighteningケーブルやイヤホンならば、挿せるように設計されていると思いますが、サードパーティーの製品だと使用出来ない場合があります。

また、基本的に裏面と側面のみの保護で、表面はカバーできません。重くなってしまうのもマイナス点です。

スキンシールのメリット・デメリット

スキンシールのメリット

一方、スキンシールのメリットとして、iPhone全体を隙間無く覆う事ができますので、裏面だけでは無く、表面もキズや汚れの防止が可能です。

また、厚みがほとんど無いため、iPhoneの端末のシルエットや重さを損なう事無く、カバーできるのが大きな利点です。iPhone6以降の機種は全体に丸みを帯びていますので、全面保護を売りにしている保護フィルムや、ガラスフィルムでも、iPhone表面に完全に密着する製品はなかなかありません。

その点、スキンシールは丸みに沿ってぴったり貼れる点がすぐれています。

スキンシールのデメリット

スキンシールのデメリットとしては、厚みが無い分、落下の衝撃に対してはそれほど有効ではありません。

それから、スキンシールは一度貼ったら再利用できない点も不便な点です。

1 2

Check Also

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …