Home / Apple / iPhone / iPhoneの留守番電話を活用!キャリアごとのサービスと設定方法

iPhoneの留守番電話を活用!キャリアごとのサービスと設定方法

iPhoneで留守番電話を使おう

iPhoneの留守番電話は活用できていますか?LINEやメール、SNSなどでのコミュニケーションがメインになっている今日この頃。「電話はほとんど使わない」という人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、電話を頻繁に使わないからこそ、かかってきた電話は、テキストでメッセージでは伝えづらい、重要な用件や複雑な用件の可能性があります。留守番電話を活用すれば、あとから伝言メッセージを確認できますので非常に便利です。

残念ながらiPhoneには、Androidのような伝言メモ機能がついていません。ここでは、iPhoneで留守番電話機能を使うための基本的な方法について紹介しています。キャリアによって異なりますので、ご存知ない方は参考にご覧ください。

iPhoneには伝言メモ機能はない

最初にもお伝えしましたが、iPhoneには、Android端末に標準搭載されている「伝言メモ」機能はありません。iPhoneで留守番電話の伝言を聞くことができる「Visual Voicemail」が「電話」アプリ内にありますが、利用には各キャリアで、留守番電話サービスに契約する必要があります。

留守番電話を設定・再生する方法


iPhoneで留守番電話を設定する方法は、基本的には留守番電話サービスセンターを活用します。各キャリアによって設定方法などが異なりますが、簡単に留守番電話の設定ができます。ここでは、代表的なドコモ、au、ソフトバンクで留守番電話を利用する場合のサービス内容や設定方法について見ていきましょう。

ドコモのiPhoneで設定

ドコモでは「留守番電話サービス」が提供されています。
・申込・・・必要
・月額使用料・・・330円
・録音時間・・・最長3分
・保存件数・・・最大20件
・保存期間・・・72時間
・ビジュアルボイスメール・・・利用可

留守番電話サービスを契約すると、サービスは開始状態になっています。
・1411・・・開始の設定ができます
・1410・・・サービスを停止します(解約ではありません)
・1417・・・新しい伝言メッセージの再生をします

他にも、応答メッセージを選択したり、発信者番号の通知、ほかの電話機からのリモート操作などができます。

ドコモ:「留守番電話サービス」

auのiPhoneで設定

auでは「お留守番サービスEX」オプションに加入することで、留守番電話サービスを受けられます。
・申込・・・必要
・月額使用料・・・330円
・録音時間・・・最長3分
・保存件数・・・最大99件
・保存期間・・・1週間
・ビジュアルボイスメール・・・利用可

留守番電話サービスを契約すると、サービスは開始状態になっています。※以下iPhone6.0以降の設定
・1412・・・開始の設定ができます
・1420・・・サービスを停止します(解約ではありません)
・1417・・・新しい伝言メッセージの再生をします

ドコモと比較して、保存件数や保存期間が長いことが特徴です。伝言が入ると「伝言お知らせ機能」で着信履歴またはSMS(Cメール)で、伝言を残した日時と電話番号が送られてきます。ほかにも、「着信お知らせ機能」では、電話をかけてきたが伝言を残さなかった電話番号とかけてきた日時が、着信履歴またはSMS(Cメール)で送られてきます。

au:「お留守番サービスEX」

ソフトバンクのiPhoneで設定

ソフトバンクでは「留守番電話(無料)」と「留守番電話プラス」があります。どちらも留守番電話サービスセンターでメッセージが保管されますが、保存件数や保存期間に差があり、プランによって利用可否があります。また、ビジュアルボイスメールを利用するには「留守番電話プラス」オプションに加入が必要です。

留守番電話(無料)
・申込・・・不要
・月額使用料・・・無料
・録音時間・・・最長3分
・保存件数・・・最大30件
・保存期間・・・72時間
・ビジュアルボイスメール・・・利用不可

「留守番電話(無料)」は、「ホワイトプラン」など「スマ放題」より前に提供していたプランに加入しているユーザーのみ利用ができます。

留守番電話プラス
・申込・・・必要
・月額使用料・・・330円
・録音時間・・・最長3分
・保存件数・・・最大100件
・保存期間・・・一週間
・ビジュアルボイスメール・・・利用可

iPhoneで設定する場合(My Softbankからも設定できます)
1.「設定」から「モバイル通信」をタップし、「通信事業者サービス」をタップします。
2.「”ソフトバンク”サービス」画面内の「留守番電話ON」をタップして設定は完了です。

伝言を再生する場合は「1416」番で日本中どこからでも伝言を聞くことができます。

追加料金なして「留守番電話プラス」が利用できるプランもあります。ソフトバンクではプランが複雑ですので、留守番電話を使いたい場合は、今のプランで料金がかかるかどうか確認しておいたほうがよさそうです。

ソフトバンク:「留守番電話プラス」

ビジュアルボイスメールを利用する

iPhoneではiOS8.0から「ビジュアルボイスメール」が利用できます。ビジュアルボイスメールを使うと、留守番電話センターに保存されているメッセージがiPhone端末にダウンロードされます。メッセージセンターに聞きに行く操作や手間もかからないため非常に便利な機能です。

3大キャリアの有料留守番電話サービスであれば、ビジュアルボイスメールが利用できます。

ビジュアルボイスメールの設定方法

1.ご自身の契約キャリアで、ビジュアルボイスメールが利用できる留守番電話サービスを契約します。
2.留守番電話の設定をします。これでビュジュアルボイスメールも利用できるようになります。

ビジュアルボイスメールの確認方法

どのキャリアのiPhoneでも操作は同じです。

1.「電話」アプリを開きます
2.右下の「留守番電話」マークをタップします
3.「留守番電話」が一覧で表示されるので、確認したい電話番号をタップします
4.開くと、再生や削除ができるようになります

ビジュアルボイスメールは、録音された日時・電話番号が文字で一覧で表示されるので非常にわかりやすいです。好きな時にいつでも、好きな順番でメッセージを確認することができ、保護や削除も可能。大切なメッセージはiPhoneから何度でも再生することができます。電話料金はかかりません。

電話に出ないことが多いiPhoneユーザーさんは、是非、留守番電話サービスを契約して、ビジュアルメッセージの利用をおすすめいたします。

次ページ:iPhoneの留守番電話のメッセージをPCに保存

1 2

Check Also

解約したiPhoneの便利な使い道

意外とまだまだ使える?解約したiPhoneの便利な使い道

今回、解約したiPhoneの便 …

Facebookでのご購読が便利です。