ワードエクセルのスキルは必須!社会人になる前に覚えておきたいスキル

LINEで送る
Pocket

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

今回は、「ワードエクセルのスキルは必須!社会人になる前に覚えておきたいスキル」について紹介いたします。社会人になると、「できて当たり前」と思われているスキルがたくさんあります。

それらのスキルは仕事をやっていくうえで必要なスキルばかりですので、できなければ、「仕事ができない」「仕事が遅い」など、マイナスな印象が付いてしまいます。自分でも練習して身に付けることができるスキルばかりですので、ぜひ、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

社会人になる前に覚えておきたいスキル

ワード

社会人になるとワードは使えて当たり前のスキルになります。仕事中に「機能の使い方が分からない」「どうやって文書作成したらいいのか分からない」などでは、仕事になりません。報告書を作成したり、会議議事録や送付状、見積書、企画書など、さまざまな書類をワードで作る機会があります。

「ワードを使ったことがありません」ではいけなく、ワードは社会人ではできて当たり前のスキルとなっていますので、文書作成のスキルや各機能の役割や使い方はしっかりと把握しておきましょう。

エクセル

ワード同様、エクセルも社会人にとって必須のスキルです。表作成やデータ分析、グラフ作成や関数計算、資料作成など、さまざまなことがエクセルではできます。社会人になると多くの会社でエクセルが使われているため、表作成やデータ分析、関数計算などを素早くおこなわなければなりません。

仕事を任せられたときに「エクセルができません」では、信用を失ってしまいます。エクセルを使ったことがない方や、操作に自信がない方は、練習して使いこなせるようになっておく必要があります。

パワーポイント

学生でもプレゼンテーションの機会や資料作成の際に使う人も多いパワーポイントも、社会人になると必須のスキルです。会社でも、プレゼンテーションの資料やグラフ作成時などによく使っているところが多く、操作方法や作成方法は人に聞かなくてもできるレベルには最低限なっておく必要があります。

パワーポイントを操作したことがない人は、実際にいくつか資料を作ることで作成方法が自然と身に付きますので、簡単なものから作成してみましょう。パワーポイントでなく、普段はKeynoteを使っている人は、すぐにパワーポイントの操作にも慣れますので、パワーポイントの方も使ってみるようにしましょう。

メール

プライベートではLINEやMessengerなどを使い、キャリアメールすらもほとんど使っていない場合も、社会人になると、Gmailなどの会社のメールを使わなければなりません。LINEやMessengerなどとは違い、上司や社外の人とのメールも多いので、ビジネスメールの作成の仕方などを身に付けておく必要があります。

また、返信や転送の仕方や、データの添付の仕方、設定方法など、「メール」自体をほとんど使ったことがない人も多くなっていますが、会社に入るとLINEやMessengerなどで業務連絡をしているところの方が少ないです。メールが作れないとなると、コミュニケーションも取れなくなってしまいますので、Yahoo!mailやGmailなどのアカウントを作り、ビジネスメールの作り方を身に付けておきましょう。

タイピング

タイピングも社会人になるうえで必須スキルです。キーボードを見ながらタイピングするのではなく、画面を見ながらのブラインドタッチができないと、仕事を処理していくことができません。タイピングが遅い=仕事が遅い人になってしまいます。

論文のような長文でさえ、スマートフォンで作成する学生もいるなかで、パソコンを触ったことがあまりない人もいますが、会社ではパソコンが中心ツールとなりますので、ブラインドタッチはできなければ信用を失ってしまいます。

タイピングが速くなるためには、とにかく多くの文章をタイピングしていくしかありません。タイピングソフトなどもありますが、ニュースでも本でも良いので、多くの文字をタイピングしていき、除々にスピードを上げていきましょう。

画像加工

プレゼンテーション用の資料や社外メールへの添付画像など、画像を扱う機会も多いです。画像をデザイナーのように美しく加工したりデザインしたりする技術までは必要ありませんが、画像のサイズ変更やトリミングなど簡単な加工はできなければいけません。

一つひとつ確認しながら作業をしていると、仕事に余分な時間がかかってしまいます。最低でも、画像のサイズ変更、トリミング、単位の意味などについては把握しておきましょう。単位についても知っていないと、会話についていけない場合があります。

プレゼンテーション

訪問先の企業やコンペ、社内会議など、多くの場面でプレゼンテーションをする機会があります。どんなに素晴らしい企画や商品であったとしても、相手に理解してもらわなければ、導入されることはありません。プレゼンテーションでは、資料の見せ方やプレゼンの仕方など、複合的要素が絡みます。

声の大きさやジェスチャー1つとっても説得力や分かりやすさが変わってきます。まずは、多くのプレゼンテーションの場数を踏むことが大切ですが、社会人になると、いつ何時プレゼンテーションをしなければいけない場面になるか分かりませんので、いつでもできるようにプレゼンテーションスキルを身に付けておきましょう。

ビジネスマナー

敬語やあいさつなどの礼儀は、仕事をしていくうえでとても大事なものになります。社内の上司や同僚に対してもですし、社外の人に対してもです。礼儀がなっていないことで、評判が悪くなると、仕事がやりづらくなってしまいます。時間を厳守したり、日々あいさつをしたり、正しい敬語を使ったりなど、仕事をしていくうえでとても大切ですので、早めに意識をして習慣として身に付けるようにしておきましょう。

パソコントラブル

仕事をしているパソコンを頻繁に使うこともあり、フリーズしたり、操作通りに動作しない場合などがあります。スマートフォンでも少しの異常であれば、再起動などさまざまな操作をして直しますが、パソコンでもちょっとした異常であれば、自分で直さなければいけません。

パソコンで小さいトラブルが起きるごとに、仕事が止まっていては仕事になりません。ある程度のパソコンの仕組みやパーツやシステムの役割なども把握しておくようにしましょう。パソコントラブルに強いというのも立派なスキルです。

検索

仕事をしていくうえで、ちょとした分からないことがあれば、自分で調べなければいけません。すぐに人に聞いたりすると、その人の時間までも止めてしまいます。分からないことがあれば、GoogleやYahoo!で検索しましょう。検索することも立派なスキルで、検索慣れしておかないと、遠回りな探し方をしてしまいます。検索1つとっても、最短時間で調べたいものに辿り着けるようできなければなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「ワードエクセルのスキルは必須!社会人になる前に覚えておきたいスキル」について紹介いたしました。どのスキルも社会人では必須スキルになります。日頃スマートフォンばかりで、パソコンを使っていない人も多いですが、会社ではパソコンメインですので、今回紹介したスキルは、自分で練習してでも身に付けていきましょう。これらのスキルがないと仕事をしていくことが難しい現場も少なくはありません。楽しく仕事をしていくためにも必要なスキルです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です