Home / Microsoft / Windows / Windowsでアプリをアンインストールする方法

Windowsでアプリをアンインストールする方法

Pocket

win6-1
Windowsでアプリケーションをインストールしようとして上手くいかなかったり、インストールしてみたら思っていたのと違ったりした場合、アプリケーションをアンインストールしたい時があります。しかし、Windowsのアプリケーションは、プログラムファイルを削除しただけでは、きれいにアンインストールできません。

Windowsでアプリケーションをインストールすると、実行ファイルだけでなく、デスクトップやスタートアップにショートカットを作成する場合があります。さらに、設定ファイルや作業用のディレクトリを作成したり、OSの設定情報であるレジストリを書き換えたりする場合もあります。

これらはアプリケーションが十分に性能を発揮するための環境を整えている動作で、このようなアプリケーションを削除するためには、単にプログラムファイルだけを削除しているだけでは不十分です。Windows内に不要なファイルを溜めすぎないよう、不要となったアプリケーションをできるだけきれいにアンインストールする方法をご紹介します。

本記事を参考に、不要になったWindowsのアプリケーションをアンインストールしていきましょう。

スポンサーリンク

1.アプリケーションで「アンインストール」が用意されている場合

スタートメニューなどの「すべてのアプリ」に目的のアプリケーションの「アンインストール」がある場合や、アプリケーション内に「アンインストール」メニューがある場合はそれを利用します。

アプリケーションの開発元は、インストール時にどのような変更を加えて、アプリケーションを利用するとどこに何が残っているかを把握しています。開発元が用意した「アンインストール」では、できるだけきれいにアンインストールする手順が備わっています。

2.コントロールパネルで「アンインストール」する

アプリケーションに「アンインストール」が用意されていない場合は、コントロールパネルで「アンインストール」します。

スタートメニューなどからコントロールパネルを起動して、「プログラムのアンインストール」をクリックします。メニューに見つからない場合は検索窓に「アンインストール」を入力して検索すれば表示されます。
win6-2

「プログラムのアンインストールまたは変更」で目的のアプリケーションを選択して「アンインストールと変更」をクリックします。アンインストールウィンドウが表示された場合には表示に従います。

win6-3

コントロールパネルの「アンインストール」では開発元が用意した「アンインストール」を利用していることも少なくありません。

3.自力で「アンインストール」するのは最後の手段

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

知って得する!パソコンで大文字・小文字しか打てなくなった際の対処法

日常的にパソコンを使っていると …

Facebookでのご購読が便利です