WindowsとMacを併用する方法

LINEで送る
Pocket

win9-1
出展:Apple サポート Mac 上で Windows を実行する

WindowsとMacそれぞれに長所があり、併用されている方も少なくありません。併用する場合、BootcampでMacにWindowsを入れたりすることもありますが、果たしてどの方法が実務において一番良いのでしょうか?

本記事ではWindowsとMacを併用する場合の選択肢とそれぞれの方法について解説していきます。併用を考えている方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.Windowsマシンにエミュレータの仮想マシンやマルチブートでMacを使う

Appleでは、MacのOS(以下OS X)をApple製品以外で動作させることを許可していません。ですから、いわゆるWindowsマシンでOS Xを利用することは、ライセンス違反となります。

ネット上などにはWindowsマシンでMacを稼働させる方法などが掲載されていることがありますが、明確にライセンスの問題をクリアにする方法がなければ、ライセンス違反となりかねません。残念ながら、現時点ではお勧めできる方法はありません。併用をお考えの方で、Windowsしか所持していないという方は、Macの購入を検討すると良いでしょう。

2.Mac上でWindowsを稼働させる

Mac上でWindowsを稼働させる場合は、そもそもWindowsがオープンアーキテクチャとして規格が公開されているIBM PC/AT互換機用のOSとして発展してきたこともあって、ライセンスの問題はクリアしやすくなっています。

Mac上でWindowsを稼働させる方法は、別のマシンで稼働しているWindowsをターミナル上で遠隔操作する方法、OS X上のエミュレータの仮想マシン上でWindowsを稼働させる方法、起動時に切り替えるマルチブートによる方法の3つに分類できます。

ターミナル上での遠隔操作のためには別途Windowsを立ち上げるか、サービスとの契約が必要です。OS Xで遠隔操作するためのターミナルはMicrosoft Remote Desktopとして、無料で提供されています。

win9-3
出典:Mac App Storeプレビュー  Microsoft Remote Desktop

エミュレータの仮想マシンでの利用は、仮想マシンソフトの購入と、実行させるWindowsのライセンスが必要になります。また、OS X上で、仮想マシンを実行して、その上でWindowsを実行しますので、高スペックマシンでないと動作が遅くなります。費用対効果を考えると、マルチブートか別途マシンを購入する方がお勧めです。

マルチブートによる方法として、Intel ベースの Macでは、OS XとWindowsの両方をインストールして、「切り替えて」起動できる「Boot Camp」が用意されています。このBoot CampにはWindowsが付属していませんので、別途購入する必要がありますが、マイクロソフトストアでは「Macユーザー」に向けたWindowsパッケージを販売しています。

win9-2
出典:マイクロソフトストア windows10

マルチブートによる方法では、独立したOSですので、速度が遅くなることもありませんし、OSのトラブルが他のOSに悪影響を与えることもありません。

また、OS Xと単独のWindowsだけではなく、いろいろなバージョンをインストールして、1台のマシンでいくつものOSを使い分けることも可能です。ただし、すべてのOSに対してライセンスが必要ですので、注意が必要です。

例えば、Windows 8.1 Proがあれば、Windows 7 ProへのダウングレードやWindows 10 Proへのアップグレードが可能な場合がありますが、同時に複数のグレードをインストールするとライセンス違反になります。

3.安いマシンを買ってしまう

Windowsマシンは安くなっています。特に、マイクロソフトがwindows8.1 with bingのOEM版を無料としてから、パソコンメーカーがOSのライセンス料を払わなくても良くなりましたので、価格が下がっています。

また、Windows 10へのアップグレードを1年間無料としたことで、パソコンメーカーとしては、実質Windows 10を無料で提供できるようになりました。MacユーザーがたまにWindowsを使うのであれば、思い切って購入してしまうのも一つの方法です。とはいってもハードウェアは適正価格で販売されていますので、安価なWindowsマシンはそれなりのスペックとなります。

Windowsユーザーも安価なMacを購入するかと考えますが、このMacがなかなか高価です。この記事を書いている段階で最も安いのはMac miniで、本体のみの価格が58,800円(税別)になります。

Windowsユーザーがお手軽にMac環境を整えるとしたら、お手頃な中古品を探すか、Mac miniを購入して、周辺機器を調達するという方法が現実的かと思います。

まとめ

MacとWindowsは利用できるソフトも共通化してきましたし、クラウドコンピューティングの普及もあって、共用できる環境が徐々に整いつつあるとは思います。しかし、まだシステムとして考えた場合に、距離のある存在であると思います。お互いにUNIXの方が親和性が高いのです。今後はもっと距離が縮まって、ユーザーが「使いたいハードウェア」に「使いたいOS」をインストールして「使いたいソフト」を使えるようになってくることを願っています。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です