Home / Windows / Windowsコマンドプロンプトの基本的な使い方と基礎知識

Windowsコマンドプロンプトの基本的な使い方と基礎知識

Pocket

laptop-keyboard-1036970_1920

Windowsのバージョンアップが進んでも、今も「コマンドプロンプト」が活用されています。

例えば、各種の設定ファイルの内容チェックや編集作業を行うシステム管理などで、いちいちエクスプローラーやメモ帳などを使って編集するよりは、直接コマンドプロンプト上でコマンド操作により実行した方が効率がよい場合があります。

また、コマンドプロンプト上でのネットワークツールにより、ネットワーク関連のトラブルシューティングを実行することもできます。ここでは、コマンドプロンプトの基本的な使い方および基礎知識について説明します。

スポンサーリンク

コマンドプロンプトの起動方法

Windowsマシンで「コマンドプロンプト」(ファイル名はcmd.exe)を起動するには、デスクトップの画面左下にある[スタート]アイコンを右クリックし、メニューから[コマンドプロンプト]をクリックします。

この他、[Windows]+[R]をクリックし[ファイル名を指定して実行]で、「cmd」と入力してEnterキーを押しても同様に起動することができます。

20160920_10%e6%9c%ac%e6%96%87%e5%86%8501

また、管理用のコマンドを利用する場合は、アクセス権の関係もあり管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。

この場合は、デスクトップの画面左下にある[スタート]アイコンを右クリックし、メニューから[コマンド プロンプト(管理者)]をクリックします。

コマンドプロンプトのコンソール設定の変更

コマンドプロンプトの初期状態では、画面の広さは80文字×25行しか表示されず、画面が狭くて使いづらく感じる場合、以下の手順で設定を変更することができます。

コマンドプロンプトウィンドウの左上に表示されるアイコンをクリックすると、コマンドプロンプトのシステムメニューが表示されます。そのメニューから[プロパティ]をクリックします。

20160920_10%e6%9c%ac%e6%96%87%e5%86%8502

プロパティウィンドウが表示されます。ウィンドウ上部に表示される「オプション」、「レイアウト」をクリックして、各種の設定を行います。

20160920_10%e6%9c%ac%e6%96%87%e5%86%8503

「オプション」タブの設定

バッファー サイズ

コマンド履歴の最大サイズの指定を行います。このバッファーサイズの数だけ、一度入力したコマンド文字が履歴として保存されます。

通常は初期値の「50」のままで使用します。

バッファー数

コマンドプロンプトから別のプログラムなどを起動する場合、そのプログラムの中でも独立して履歴が保存されます。

このバッファー数で指定したネスト(深さ)を超えると履歴は保存されなくなります。通常は初期値の「4」のままで使用します。

重複する古い履歴を破棄

同じコマンド文字列を、破棄したコマンド履歴の中に重複して保存しないようにするためのオプションです。

履歴管理が容易になりますので、初期値はオフですが、オンにしておくとよいでしょう。

簡易編集モード

オンにしておくと、コマンドプロンプトウィンドウ内のテキストをマウスのドラッグで操作できるようになる便利な機能です。

マウスのドラッグ操作によって、クリップボードへコピーしたい範囲を指定し、続けて右クリックまたは[Enter]キーを押すと、クリップボードへ選択された範囲がコピーされます。何も選択されていない状態で、マウスを右クリックすると「貼り付け」処理が行われます。

挿入モード

編集モードを「上書き」ではなく「挿入」にします。初期値のオンのままで使用します。

「レイアウト」タブの設定

「レイアウト」タブでは、コマンドプロンプトのウィンドウサイズの変更などの処理を行います。

コマンドプロンプトのサイズ(桁数と行数)はデフォルトでは80桁×25行で画面幅が固定ですので、、最初からなるべく画面を広くしておきます。

20160920_10%e6%9c%ac%e6%96%87%e5%86%8504

画面バッファーの幅

仮想的なコンソール画面の幅を設定しますが、100桁以上にします。

ただし、「ウィンドウのサイズ」と連動しますので、特に数値を変更しなくても大丈夫です。

画面バッファーの高さ

仮想的なコンソール画面の高さを設定します。

これを超えて出力されたテキストは切り捨てられ、スクロールしても見ることはできませんので、コマンド出力の結果が多いと入り切れない場合を考え、最大値の9999を入力します。

ウィンドウの幅

コマンドプロンプトウィンドウの物理的な幅(桁数)を設定します。

デフォルトでは狭いので、100桁とか120桁などに増やしておきます。この値と画面バッファーの幅は連動します。

ウィンドウの高さ

コマンドプロンプトウィンドウの高さ(行数)を設定します。30行や40行など、なるべく画面いっぱいになるように設定します。

以上の設定変更が終了したら、プロパティウィンドウで[OK]をクリックして、設定を保存します。

基本的なコマンド

dirコマンド

dirコマンドは最も多く使われるコマンドです。

カレントフォルダ内にあるファイルやフォルダの一覧は、「dir」と入力しEnterキーを押すと表示されます。

オプション

1画面ごとに停止「/p」

時間順にソートして表示「/od」

新しいファイルが下の方に表示されます。ソートの変更方法は、以下の通りです。

 逆順   → 「/o-d」

 サイズ順 → 「/os」(逆順は「/o-s」)

 隠しファイルやシステムファイルを表示 → 「/ah」、「/as」

 属性にかかわらず全てを表示 → 「/a」

 フォルダ名だけを表示 → 「/ad」(ファイルだけの場合は「/a-d」)

 フォルダを再帰的に全て検索して表示する → 「/s」

 カレントフォルダの下にあるフォルダを全て順番に表示します。

dirコマンドオプションの注意事項

これらのオプションは複数の組み合わせが可能です。ワイルドカード文字を使って、例えば「dir /p *.txt」とすると、ファイル拡張子が「.txt」である全てのファイル名を1画面ごとに止めて表示できます。

「dir /s *.cnf」のようにすると、*.cnfにマッチするファイルをカレントフォルダ以下から全て検索して表示できます。

さらに「/b」を付けると、ファイルのフルパス名のみが表示されますので、これをファイルにリダイレクトすれば該当するファイル名の一覧テキストが作成されます。

clsコマンド

cls(clear screen)コマンドを実行すると、画面を全て消去します。

cd/pushd/popdコマンド

cdコマンド

カレントフォルダを変更するにはcd(chdir)コマンドを入力します。cdでは特別にワイルドカード文字列が指定できるので、マッチするフォルダが複数ある場合は、最初のフォルダに移動します。

cdコマンドでは、パス区切り文字として「\」ではなく「/」も利用できますので、「cd /program file」「cd c:/windows/system32」のように記述できます。 

ただしcdコマンドは、カレントドライブをデフォルトでは変更しません。この場合は、「/d」オプションを付けることによって、カレントドライブとカレントフォルダの変更を同時に行うことができるようになります。

例えば「cd /d d:\Data01」とすると、カレントドライブがd:、カレントフォルダがd:\Data01になります。

pushd/popdコマンド

pushd/popdも、カレントフォルダを変更するコマンドです。

pushdコマンドは、スタックにカレントフォルダの場所を一時保存(プッシュ)してから、カレントフォルダの場所を変更します。

最初にプッシュしたカレントフォルダに戻るためには、最後にpopdコマンドを実行します。

pushd/popdはネストして利用でき、スタックのネスト状態を見るには引数なしでpushdコマンドを実行します。

type/moreコマンド

typeコマンドかmoreコマンドでは、テキストファイルの内容を確認します。

長いテキストファイルだと、あっという間にスクロールして見えなくなってしまうことがあるので、通常はmoreを使います。

複数のファイル名を指定すると、全てのファイルが連続して表示されます。

moreでは、指定されたファイルの内容を1ページずつ表示しますが、ワイルドカードなどを使って複数指定することが可能です。

この場合、Spaceキーを押すごとに1画面ずつスクロールし、Enter キーを押すと1行ずつスクロールします。

ファイルが複数ある場合は、[F]キーを押すと次のファイルへと進みます。

途中で表示を終了するには[Q]キーか[Ctrl]+[C]を押します。

他のコマンド(dirなど)の出力を1ページずつ見る場合は、2つのコマンドをパイプで接続して、「dir /s | more」のようにして使用すると便利です。

その他の便利な機能

コマンプロンプトからファイルの編集やプログラムの起動

ペイントプログラム(mspaint.exe)などをビットマップファイルの場合は起動し、メモ帳(notepad.exe)などをテキストファイルの場合は起動します。

コマンドプロンプトでは、どのアプリケーションを起動するかを意識しなくても、ただコマンドライン上で「text.txt」などと、必ずファイルの拡張子を省略せずに入力します。

すると、「.txt」の起動に割り当てられているプログラム(通常はメモ帳)が自動的に起動します。例えば「wordpad test.txt」と入力すると、直接特定のプログラムを使って起動させることができます。

また、アプリケーションプログラム以外のものも、startコマンドを使って起動するパラメーターを指定すると、実行し起動することができます。例えば「start <ホームページアドレス>」とすると、Webブラウザで指定したアドレスのページが表示されます。

コマンドプロンプトの開始時に特定のコマンドを実行させる

コマンドプロンプトの開始時に、ある特定の決まったコマンド・バッチファイルなどを実行させることができます。

コマンドプロンプト「cmd /k <バッチファイル>」のようにしてコマンドプロンプトを起動すると、バッチファイルの実行後にユーザーの入力待ちになります。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e23cddedba00c063db7feb19728aee7e_t

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …

Facebookでのご購読が便利です