これはだめ!無料のWifiスポットで絶対にしてはいけないこと

LINEで送る
Pocket

今やWi-fiでネット接続することは当たり前の時代になってきました。一昔前までは考えられない時代ですね。ゲーム機やSDカードがWi-fiに対応するなんて誰が想像できたでしょう。今では、多くの機器がWi-fiに対応していて、自宅にWi-fi環境が整っているというご家庭も多いと思います。それは自宅だけでなく屋外も同じです。

駅などの公共施設やカフェ、コンビニなどでもWi-fi環境が整っていて、気軽に利用できるようになっています。ただ、ここに危険性が潜んでいるということをご存知でしょうか。今回は、一般的な無料Wi-fiスポットに潜む危険性を全く知らない人、聞いたことはあるけどよく分かっていない人に向けて、その危険性をご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ危険なのか

通信が暗号化されていない

3

出典:無料wifiスポットを安全に利用するには?
外で無料でWi-fiを利用してネットができるなんてとても便利ですよね。繁華街を歩けば、無料のWi-fiの電波を複数キャッチしているのも珍しくありません。しかし、そのキャッチされた電波をよく見て下さい。パソコンであればWi-FiのSSID名のところにビックリマークのようなものがついていたり、スマートフォンであれば鍵マークが付いていないものがあると思います。それらは、通信が暗号化されない事を意味しているのです。

覗き見される

2

出典:暗号化なしがほとんどの無料Wi‐Fiを安全に使うには?

暗号化されていないWi-fiを利用した場合、悪意のある第三者が通信を覗き見することが可能になります。簡単に言うと、あなたがどんなサイトを見て、何を入力したのかが分かってしまうということです。仮にあなたがオンラインバンキングを利用したとすれば、銀行名やID、パスワード、暗証番号が流出してしまうのです。

また、通信内容だけでなく、Wi-fiを利用している端末に不正にアクセスされ、端末内のデータを盗むことも可能なのです。

無料Wi-fiで絶対にしてはいけないこと

ここまで読んで、無料Wi-fiスポットに潜む危険性について理解して頂けたと思います。しかし、危険について認識していたとしても、まさか自分がそのような被害に実際に遭うわけがないと思っていませんか?実際に被害にあったほとんどの方が同じような認識でいたのです。まずはあなた自身がセキュリティに対して真剣に考えることから始めなければいけません。

では、被害に合わないためにどうしたらいいのでしょうか。一番は無料Wi-fiを利用しないことです。暗号化されていない通信を使うことがなければ被害に遭うこともないでしょう。しかし、どうしても無料Wi-fiを利用したいのであれば、覗き見されても困らない程度の利用に抑えるといいでしょう。IDやパスワードを必要とするサイトは利用しない、プライベートなものは見ないなどです。こうすることで実際に覗き見されても被害が出ることはありません。

個人情報は自分で守る

無料Wi-fiはとても便利なサービスですが、多くの危険をはらんでいます。その危険性をしっかりと理解し、自分の情報は自分で守るという認識と正しい知識を身につけることが大切です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です