ウェブデザイナーの道を進むなら取得したい資格6選

LINEで送る
Pocket

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

ウェブ関連にも多くの資格が存在します。資格を取得したからといって、必ずキャリアアップに繋がったり、転職が有利になるわけではありませんが、自身の知識が身に付くことは確かです。ウェブ業界には多くの人がいるため、他の人よりもたくさんの知識や技術を身に付けておくことが差別化にも繋がります。

ここでは、「ウェブデザイナーの道を進むなら取得したい資格6選」について紹介いたします。これから、ウェブデザイナーの道を目指している方や、実力を高めていきたい方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.ウェブデザイナーの道を進むなら取得したい資格

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-04-09-0-37-11

出典:http://www.webdesign.gr.jp/

ここでは、ウェブデザイナーを目指すうえで取得をしておきたい資格6選について紹介します。ウェブデザイナーへ直結する資格から、IT業界全般に役立つ資格、基礎的な知識を得れる資格など、一つひとつ確認していきましょう。

  1. 1.ウェブデザイン技能検定
  2. 2.Webクリエイター能力認定試験
  3. 3.Webデザイナー検定
  4. 4.HTML5プロフェッショナル認定資格
  5. 5.JWSDA Webデザイン検定
  6. 6.ITパスポート

1.ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働大臣指定試験機関である特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が主催する国家資格です。3級は比較的簡単な内容になっており、2級以上、特に1級の難易度が非常に高い検定です。実技試験と学科試験の2部構成となっており、ウェブの幅広い知識が問われる内容となっています。

1級を受けるには実務経験が必要です。合格した場合はウェブデザイン技能士となります。ウェブデザイン関連で唯一の国家資格となり、3級、2級は実務経験なしでも受けれますので、これからウェブデザインの資格取得を考えている方におすすめです。

試験時間

  1. 1級:学科90分 実技180分 ペーパー実技60分
  2. 2級:学科60分 実技120分
  3. 3級:学科45分 実技60分

出題形式及び合格基準

  1. 学科:筆記試験(マーク方式) 100点満点中70点以上
  2. 実技:課題選択方式 100点満点中70点以上

試験範囲

  1. 1級:インターネット概論、ネットワーク技術、標準規格・関連規格と動向、ウェブブラウジング、ワールドワイドウェブ法務、スタイルシートとコーディング技術、サーバサイドアプリケーション、ウェブサイト設計・構築技術、アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン、ウェブサイト運用管理など

2.Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、サーティファイWeb利用・技術認定委員会が主催する資格です。ウェブサイト制作に必要なデザイン能力やウェブページのコーディング能力を認定することを目的としています。

実践的な知識が問われる試験で、エキスパートとスタンダードの認定基準があります。ウェブデザイン関連の資格の中では、比較的難易度は高くないため、これから資格を取得したいと考えている方におすすめです。

試験時間

  1. エキスパート:知識問題20分 実技問題テキストエディター110分・Webページ作成ソフト使用90分
  2. スタンダード:実技問題テキストエディター70分・Webページ作成ソフト使用60分

合格基準

  1. エキスパート:知識問題・実技問題の合計得点が65%以上
  2. スタンダード:得点率が65%以上

試験内容

  1. エキスパート:知識問題 Webサイトに関する知識 実技問題 HTMLの作成、CSSの読込と作成など
  2. スタンダード:実技問題 HTML5の変換、HTMLの作成、画像の表示など

3.Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、CG-ARTS協会が主催する資格で、ウェブ制作のコンセプトから運用までの知識などを問われる資格です。資格取得にあたりウェブデザインの基礎的な知識から知的財産権などの必要不可欠な知識まで学べます。コンセプトメイキングなどの実践的な知識も問われます。ウェブデザイナーとしてキャリアを積んでいきたい方におすすめの資格です。

試験時間

  1. エキスパート:マークシート80分
  2. ベーシック:マークシート60分

試験内容

  1. エキスパート:Webデザインへのアプローチ、コンセプトメイキング、インターフェースとナビゲーション、知的財産権、動きと音の効果など
  2. ベーシック:Webページを実現する技術、技術の基礎、データフォーマットなど

合格基準

  1. 100点満点中70点以上

4.HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが主催している資格で、HTML5やCSS3、Javascriptなどに関する知識や技術力を認定します。2014年に始まった比較的新しい資格ですが、非常に多くの方が受験しています。レベル1とレベル2があり、実践的な知識が必要とされるおすすめの資格です。人気の高い資格の1つで、知名度もあります。

試験時間

  1. レベル1:90分 約60問
  2. レベル2:90分 40〜45問

試験範囲

  1. レベル1:Webの基礎知識、CSS、要素、レスポンシブWebデザイン、APIの基礎知識など
  2. レベル2:JavaScript、WebブラウザにおけるJavaScriptAPI、グラフィックス・アニメーション、マルチメディア、ストレージ、通信、デバイスアクセスなど

5.JWSDA Webデザイン検定

JWSDA Webデザイン検定は、一般社団法人日本Webソリューションデザイン協会であるJWSDAが主催する資格です。Web制作にあたり職務遂行能力の客観的評価を証明することを目的とした内容です。これからウェブデザイナーとしてのキャリアを積んでいくにあたり、Web Design制作や構築、運営に必要な知識やスキルを身に付けたい方におすすめの資格です。

  1. 出題数:100問
  2. 合格基準:70%以上の得点率
  3. 試験時間:60分
  4. 試験範囲:Webデザイン概論、デジタル素材の扱い、スクリプトとプログラム、ビジネススキルなど

6.ITパスポート

ITパスポートは、経済産業省が認定をする国家資格です。ウェブデザイナーとは関係な薄い内容もありますが、ウェブ関連の仕事に就く人は取得しておいて損はない資格です。初級シスアド検定を整理統合して生まれた資格で、ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系の3分野の知識が問われます。合格率は40〜50%で、これから業界を目指したり、業界経験が浅い方で、ウェブの基礎的知識全般を身に付けたい場合におすすめの資格です。

  1. 試験時間:165分
  2. 試験内容:ストラテジ系35問 マネジメント系25問 テクノロジ系40問
  3. 試験範囲:法務、経営戦略マネジメント、システム企画、ソフトウェア開発管理技術、サービスマネジメント、システム構成要素、ヒューマンインターフェース、データベース、マルチメディアなど

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「ウェブデザイナーの道を進むなら取得したい資格6選」について、紹介いたしました。ウェブデザイナーの仕事をしていくにあたり、必ず資格が必要なわけではありません。しかし、資格を取得することで、自身の知識の幅も広がりますし、どれくらいの知識やスキルを有しているかの客観的証明にもなります。

資格や企業によっては、キャリアアップや好条件の転職に繋がる可能性もあります。これからウェブデザイナーを目指す方や、既にウェブデザイナーとして活躍されている方も、気になる資格があれば、ぜひ、検討してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です