ウェアラブル端末の種類と利用するメリット

LINEで送る
Pocket

001_googleglassnow

Google社から突如発表された「Google Glass」は、私たちに衝撃を与えました。これまでSF映画の中でしか存在しなかったウェアラブル端末が、突然私たちの眼の前に登場したのです。

しかし、「Google Glass」は、2013年2月に一般向けに提供が開始されましたが、2015年1月には急遽、一般向けの販売が中止されました。その理由としては、歩きスマホと同様の安全性の問題、プライアシーの問題が挙げられました。一方で、業務利用での評価は高く、生産管理といった分野で現在でも利用されています。

スポンサーリンク

ウェアラブル端末って、どのようなもの

IT企業の三大巨頭、Apple社、Microsoft社、Google社ですが、Google社以外では、Microsoft社は2014年10月からリストバンドタイプのウェアラブル端末である「Microsoft Band」を販売していましたが、2016年10月に販売中止となり、撤退しています。

002_microsoftband

そして、Apple社の腕時計型ウェアラブル端末は、かねてよりいつ登場するのかと数多くの噂がありましたが、遅ればせながら2015年4月に登場しました。

評価としては、バッテリーの持続時間が短い、動作が遅い、価格が高いとイマイチな評価もありましたが、売れているのも事実です。AppleWatchも弱点も改良され、現在は第2世代が登場しています。

003_applewatchnow

「Google Glass」の失敗は、価格が高かった(約17万円)との評価もありますが、高くても革新的な体験が得られ、必要だと思われるものであれば売れたことでしょう。企業でも個人でも必要なら買う、便利なら買うということだと思います。ただ欲しいと言うだけであれば17万円も出して手に入れようとはしないと思います。

2016年におけるウェアラブル端末の販売数は、米の調査では約1億200万台超です。その販売数ランキングトップ3は、米Fitbit、Xiaomi、Appleの順でした。この3社におけるウェアラブル端末の特徴は、リストバンド型、または、腕時計型のデバイスです。備えられているのは、通話の着信やメールの受信などのスマートフォンと連携した通知機能、そして心拍数、睡眠状態のモニター、歩数計などの健康管理向けの機能です。

現在提供されているセンサー機能は

ウェアラブル端末の心臓部は、各種センサーによるモニタリングとスマートフォンとの連携機能です。では、どのようなセンサー、装置が使われているのでしょうか、主だったものを並べてみましょう。
・GPS(緯度経度から現在地を把握する)
・ジャイロスコープ、加速度計(移動量、速度を測定する)
・環境光センサー
・気圧計
・紫外線センサー
・静電容量センサー
・心拍計
・皮膚温度センサー
・皮膚反応センサー
・マイク
・耐水性能(防沫性能)
・キャッシュレス(決済機能)、FeliCa対応
・ Wi-Fi、Bluetoothによる通信機能

ウェアラブル端末の形態は

現在商品化されている、あるいは開発中のものとしては、次のようなものがあります。
・リストバンド型
・腕時計型
・メガネ、ゴーグル型(ゲーム用のVR端末もウェアラブル端末の一形態と言って良いでしょう)
・衣服型
・ヘッドフォン、イヤフォン型
「ウェアラブル端末」の言葉の定義としては、体に装着して様々な情報を提供する(身につけて持ち歩くことができる)情報端末の総称です。スマートフォンのように手で掴む以外で体に密着した情報デバイスは、すべてウェアラブル端末と言うことができるでしょう。

2016年に最も売れたFitbit社のウェアラブル端末とは

2016年に米Fitbit社では、2250万台ものウェアラブル端末を販売したとの調査結果でしたが、米Fitbit社はどのようなウェアラブル端末を販売しているのでしょうか。
Fitbit社の日本語サイトを紹介します。
Fitbit社Webサイト・ホーム

004_fitbit_wearable01

Fitbit社では、健康管理、フィットネス、効率的なトレーニングを目的としたリストバンド型および腕時計型のウェアラブル端末を販売しております。また、スマートフォンのアプリと連携しデータの一元管理、分析、トレーニングの目標設定を行ったりすることも可能となっています。
Fitbit社のウェアラブル端末を日本で入手したい場合は、Amazon社からの購入のほか、多くの家電量販店の店頭でも取り扱われています。

005_fitbit_wearable03

2016年販売ランキング第2位のXiaomi社は、その名の通り中国の企業であり、Fitbit社のウェアラブル端末と同様、リストバンド型の「Mi Band 2」を低価格で販売しています。世界で第2位の販売数ですが、その販売先はほとんどが中国国内です。日本からもAmazonで購入することは可能ですが、偽物も多く出回っておりますので入手しようとする型はご注意ください。

現在販売されているウェアラブル端末は、上記のように、通知機能と身体のモニター機能が中心です。また、Apple WatchではMacのロック解除を有しています。Apple Watchを装着してMacに近づけば自動的にロックが解除されMacを操作することができ、Apple WatchごとMacから離れれば自動的にロックがかかるというものです。これはセキュリティという面からは、とても有用な機能と言えると思います。Apple Watchでロックが有効になっていれば、Macが盗難されても誰も使うことができないのです。

ウェアラブル端末の機能は多彩なものの、現状では便利な機能は非常に限定的です。今後、誰もが便利、必要と認めるキラー・アプリが登場すれば飛躍的な普及を果たすことになると想像できます。今後考えられることとしてどのような機能があり得るでしょうか。

ウェアラブル端末を欲しいと思わせる機能とは

現在は見出されていないのですが、すべての人に必要だ便利だという機能は、どのようなものがあり得るでしょう、ぜひ感がてみてください。
個人生活のレベルで言えば、
・ 電話の着信、LINEのメッセージ受信、メールの受信、スケジュールの通知
・ スポーツのトレーニングに役立たせる
・ 健康管理に役に立つ、良質な睡眠を得るのに役立つ
・ 病気になった時の容体管理に役に立つ
・ スマートフォンだけでなく、パソコン、タブレットなどの他の情報端末と連携する
・ GPSを使った道案内、ナビゲーション機能
・ 良質なデザイン、ブランド価値を持たせる(Apple Wachはこれを一部実現していると言えるでしょう)

工業生産や企業レベルで言えば、
・従業員の健康管理、安全性の維持、アラーム機能
・業務の効率化、業務上のセキュリティ管理、入退室管理
など、多くの可能性が想像できます。そして、あなたのアイデアがウェアラブル端末を発展させるかもしれません。

まとめ

現状では「あれば便利」と言われるウェアラブル端末で、まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、何か一つの機能・アプリが登場によりキラーアプリとなり爆発的な普及のきっかけになる可能性は非常に高いと予感させられます。

バッテリーが長時間持続できないという欠点もまだまだ完全な解決には至ってはいませんが、新たな技術革新も進むことでしょう。昔のメカニカルな腕時計のように、動くだけで自動巻き機能が働き時計が動き続けるのと同じように、動くだけでウェアラブル端末に充電できる仕組みも登場してくることでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です