Wi-Fiとテザリングの違いとそれぞれの意味

LINEで送る
Pocket

忙しい現代人は、移動中の時間も無駄にはできません。メールをチェックしたり、通信型のゲーム機を使ったりと、自宅や仕事場以外でインターネットに接続したくなることがあります。そんな時に役立つのが「Wi-Fi」と「テザリング」の機能とサービスです。

この二つを理解して利用すれば、あなたのネットライフがぐっと便利になるでしょう。

スポンサーリンク

Wi-Fiって何?

まずは「Wi-Fi」(ワイファイ)って聞いたことあるけどよくわからない…、今さら人に聞くのは恥ずかしい、という人のためにおさらいをしておきましょう。

Wi-Fi(ワイファイ)とは

Wi-Fiとは、パソコンや、プリンター、タブレットなどのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)で接続する技術のことです。

家庭や会社などで、パソコンなどの機器を接続し、データのやりとりを行うコンピューター・ネットワーク(通信網)のことをLAN(Local Area Network)と呼び、従来、機器と機器はケーブルで接続されてきました。このケーブルの代わりに無線機器を使って接続する技術を無線LANと呼んでいます。この無線LANの中で、最も普及している技術がWi-Fiです。

Wi-Fi接続に必要な機器

自宅や会社などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要です。Wi-Fiルーターは、Wi-Fi接続に対応した各種機器と電波の送受信を行い、ケーブルで接続されている他の機器とデータの仲介を行います。Wi-Fiルーターは「無線LAN親機」や「アクセスポイント」とも呼ばれています。Wi-Fiルーターは、一般的にはケーブルでLANに接続されています。

Wi-Fiにできること

b02a33b52a4b53a3ce77d06297b44144_s

Wi-Fi(無線LAN)を利用すれば、ケーブルでLANに接続されていないスマホなどの機器から、写真をプリンターで印刷したり、パソコンとスマホのデータを共有したりできます。最近では、ネットワーク対応のテレビや家電が発売されており、エアコンのスイッチをパソコンで制御したり、部屋の様子を出先で確認したりできるようになりました。

Wi-FiもLANの一種ですから、「LANでできること」は、すべてWi-Fiでもできます。

Wi-Fi(無線LAN)のメリット

最近のWi-Fi対応機器の中には、ケーブル接続に対応していないものも増えました。その第一の理由は、ケーブル接続の煩わしさとコストです。最近ではフラットなLANケーブルも増えましたが、それでもケーブルを家中に張りめぐらすのは大変な作業です。特に、部屋と部屋をまたいでケーブルを敷設するためには天井や床などを経由する必要があるために多額の費用がかかります。

第二のメリットは、設置されたWi-Fiルーターから限られた距離の中であれば、どこからでもLAN経由でインターネットにつなげることができることです。利用を想定していなかった会議室でインターネットを使ったり、キッチンに新しく設置したテレビでビデオ動画を見たりといった時、Wi-Fiなら電源さえあればすぐに使うことができます。

Wi-Fiスポットのサービス

Wi-Fiルーターは光通信回線やADSLなどに接続されているLANさえあれば、どこにでも設置できます。そこで、不特定多数の人のためにWi-Fiルーターを設置するサービスが広く行われるようになりました。このようなサービスを公衆無線LANサービスと呼び、Wi-Fiが利用できる場所のことを「Wi-Fiスポット」、このような公衆Wi-Fiルーターを「アクセスポイント」と呼んでいます。

Wi-Fiスポットには2種類あり、誰でも無料で自由に利用できる無料公衆無線サービスと、利用に料金がかかる有料公衆無線サービスがあります。最近では、コンビニやカフェの中でも無料でインターネットに接続できるところが増えてきました。

一方、電話会社の場合はネットへの接続サービスを提供して、接続料金を徴収するのがビジネスモデルなので、高品質で安全な接続を提供する代わりに、サービスは有料となっています。

テザリングとは?

テザリングは英語で「tetherテザー(つなぐ)」を意味する単語の現在進行形で、スマホをアクセスポイントとして経由させ、パソコンやタブレット、ゲーム機器などをインターネットに接続する機能をさして使われています。最近では、携帯電話の中にもテザリング機能を持つものが出てきました。

Wi-Fiスポットの普及で、自宅や職場の外でもタブレットやゲーム機器をインターネットに接続する機会が増えました。カフェで仕事のメールをチェックしたり、新幹線の中でゲームをしたりといった使い方ができるようになったのは大きな進歩です。

しかし、Wi-Fiスポットがない建物や乗り物は今でもたくさんありますし、取引先に出かけた場合など、相手先のWi-Fiルーターにはセキュリティの関係で接続させてもらえないことがほとんどです。

そのような場合でも、スマートフォン(スマホ)ならば、携帯の電波が飛んでいるところなら、自由にインターネットに接続できます。そこで、このスマホをWi-Fiルーターとして使ってしまおう、というコンセプトでスタートしたのがテザリングのサービスです。

テザリング接続の種類

スマートフォンをアクセスポイント使うテザリングですが、スマホとゲーム機器などの接続方法は、必ずしもWi-Fiでなければならない、ということではありません。テザリングをするために、スマホとゲーム機やタブレットを接続するにはいくつかの方法があります。

Wi-Fiテザリング

もっとも一般的な方法です。そもそもタブレットやゲーム機器の中には、W-Fi接続機能しか持たないものもあります。

USBテザリング

スマホとパソコンなどをUSBケーブルで接続する方法です。メリットとしては、ノートPCなどからスマートフォンに給電しながらテザリングが行えるので長時間の使用に向いています。(機器によっては充電ができないものもあります)

Bluetooth®テザリング

スマートフォンとゲーム機などを接続する方法です。Bluetooth®も無線で機器を接続する技術ですが、Wi-Fi接続よりも消費電力が少ないので電池持ちがよく、パスワード設定も不要です。

まとめ

ネットワークは、限られた範囲の機器同士をつなぐLAN(Local Area Network)と、LANと外部をつなぐインターネットで構成されています。LAN接続を煩わしいケーブルから解放したのが無線LANの一種であるWi-Fiです。このWi-Fiの登場で、日本は一気にユビキタス社会(いつでも、どこでもネットワークにつながる社会)に近づきました。

その第一歩がWi-Fiスポットの普及です。Wi-Fiスポットのおかげで、私たちは自宅や職場の外でもパソコンやゲーム機器などをインターネットに接続できるようになりました。

しかし、スマートフォンの普及で、私たちはあらゆる場所でネットにつながる便利さを覚えました。このスマホの便利さを、ゲーム機やタブレットなどでも使えるようにしたのがテザリングの技術です。スマホと同じパケット通信を利用するため、4G、LTE、3Gなどのサービス圏内なら、時間と場所を選ばず近くにある機器をインターネットにつなげることができます。

Wi-Fiとテザリング。この二つのワイヤレス技術を使いこなすことができれば、あなたの手持ちのゲーム機やパソコンなどを、自由に屋外で使うことができるはずです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です