海外旅行用の格安SIMの選び方とお得具合

LINEで送る
Pocket

89577aeb9da1aeb3b16699a7b4baa484_s

多くのMVNO・格安SIMが海外にも対応しており、格安SIMは国内だけでなく、海外でも利用できます。海外旅行用の格安SIMはどのようなことをポイントに選べばいいのでしょうか。

ここでは、「海外旅行用の格安SIMの選び方とお得具合」について紹介いたします。これから海外旅行の予定があり、現地での携帯電話の使用方法を考えている方や、迷っている方は参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.海外旅行時に携帯電話を利用する方法とお得な点やデメリット

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-22-16-38-19

出典:http://mobile.rakuten.co.jp/global/

海外旅行時にスマートフォンなどの携帯電話を利用するには、いくつかの方法があります。それぞれの特徴を確認していきましょう。

1.方法①:国際ローミング

海外旅行時にスマートフォンなどの携帯電話を使用する際の方法として、1番メジャーなのが国際ローミングです。国際ローミングとは、ドコモ、au、ソフトバンクなど、普段使っている携帯電話会社が海外の通信業者と連携し、業者の設備を利用して発着信できるサービスのことを言います。

国際ローミングの場合は、発信だけでなく着信の場合も利用料金がかかります。国内の普段利用している携帯電話会社の料金と、現地の通信業者の料金がかかるため、非常に高額な料金になるケースがあります。

各キャリア、国際ローミングにネーミングが付いていて、ドコモはWORLD WING、auはグローバルパスポート、ソフトバンクのLTE国際ローミング(世界対応ケータイ)などのサービス名称です。

2.国際ローミングのメリット

国際ローミングのメリットは、普段使っているスマートフォンなどを、そのまま海外でも使えることです。普段から使っていることもあり、よく使うアプリが入っていたり、操作にも慣れているので安心して使用できます。

アドレス帳には、友人や家族などの電話番号やメールアドレス、詳細情報なども登録されていることも多く、海外でも難なく使えます。スマートフォンをレンタルする必要もないため、レンタル料金などもかかりません。

3.国際ローミングのデメリット

国際ローミングのデメリットは、電話番号などそのままなので、不意に日本にいる友人などから連絡がかかってきた場合、連絡をかけた方も受けた方も、両方に高額な通話料がかかる恐れがあります。電話だけでなく、メールが送られてきた場合も、高いパケット通信料がかかります。

予め、電話やメールが入ってくる可能性がある友人などに、海外にいる旨を伝えておかなければなりません。電話番号やメールアドレスが変わらないが故のデメリットが生じてしまいます。ハワイの場合、日本向けの発信で140円程度、日本からの着信で150〜175円程度、わずか1分あたりの通話で高額な料金が発生します。

4.方法②:現地のプリペイドSIMを利用する

プリペイドSIMは、使い切りのSIMで最初に使えるデータ通信量などを自分で制限できます。海外でスマートフォンなどを使う方法として、プリペイドSIMを利用する方法があります。現地で購入できますし、国際ローミングのように、高額な料金になることを防ぐことができます。

5.プリペイドSIMのメリット

一般的にプリペイドSIMは、使えるデータ使用量などが決まっていて、希望のデータ通信量のSIMを購入して使います。そのため、使える通信量が予め決まっているため、使いすぎることがありません。予算が計画しやすく、かかるコストを限定できるのがメリットです。

6.プリペイドSIMのデメリット

プリペイドSIMのデメリットは、割高な点です。携帯電話会社で契約して使うよりも使い捨てで使えるプリペイドSIMは割高な料金です。また、SIMフリー端末でないと利用できません。さらに、海外業者が販売しているプリペイドSIMですので、使い方が分からない場合に問い合わせをしてもすべて英語対応です。

7.方法③:携帯電話をレンタルする

空港などで海外用携帯電話をレンタルすることもできます。空港で簡単に借りれて、返却も可能です。事前に申込みをしておけば郵送での受取りもできます。保障料金も含め1日あたり1,000円程度で使えます。

8.携帯電話をレンタルするメリット

海外用携帯電話をレンタルするメリットは、空港で借りれて返却できるという手軽さです。また、海外の携帯電話会社の回線を利用しているので、現地でも安定して使えます。

9.携帯電話をレンタルするデメリット

レンタルする場合は、普段使っているスマートフォンなどとは異なるため、電話番号も操作性も違います。海外滞在中に日本に連絡をする予定がある場合などは、予めレンタル携帯電話の電話番号を教えておく必要があります。

2.海外旅行用の格安SIMの選び方

ここでは、海外旅行時の格安SIMの選び方について紹介いたします。

1.データ通信SIMか通話SIM

海外で使う格安SIMを選ぶ場合も、国内同様、データSIMか通話SIMかを選ぶ必要があります。データSIMの方が利用料金が安いですが、通話ができません。海外旅行先での使用目的を考えてどちらかを選択します。楽天モバイルの海外SIMのデータSIMと通話SIMの利用料金は下記のとおりです。

データSIM

  1. ヨーロッパパック 50MB:820円   200MB:1,930円 500MB:3,850円
  2. 北アメリカパック 50MB:880円   200MB:2,040円 500MB:4,240円
  3. アジアパック   50MB:1,040円 200MB:2,310円 500MB:4,950円

通話SIM

  1. ヨーロッパパック 通話100分SMS100通:3,190円 通話300分SMS300通:7,150円
  2. 北アメリカパック 通話100分SMS100通:4,290円 通話300分SMS300通:9,680円
  3. アジアパック   通話100分SMS100通:4,070円 通話300分SMS300通:9,020円

2.定額か使い放題かを選ぶ

上記の楽天モバイルのように、海外にも対応している格安SIMのほとんどが定額制です。◯MB◯◯円なデータ通信量によって利用料金も決まっています。しかし、Y!mobileのように使い放題できるプランもあります。Y!mobileは「海外パケットし放題」サービスを提供しており、利用料金は下記のとおりです。

海外パケットし放題

  1. 25MBまで 0〜1,980円/日 海外パケットし放題適用前 0円〜51,199円
  2. 25MB以上   2,980円/日 海外パケットし放題適用前51,200円〜

3.海外で使える格安SIM

海外で使用できる格安SIMは、楽天モバイルやmineo、IIJmio、Y!mobile、DMMmobile、FREETEL、U-mobile、OCNモバイルONEなど、海外SIMを提供していたり、ローミングに対応していたりします。それぞれの格安SIMでサービスや料金プランが異なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「海外旅行用の格安SIMの選び方とお得具合」について紹介いたしました。海外旅行時に携帯電話を使用する方法は、いくつかあります。現地でプリペイドSIMを購入したり、空港で携帯電話をレンタルしても良いですが、国内の海外用格安SIMを使用してもお得です。

いくつかの方法があるなかで、特に普段から格安SIMを利用している方は、海外用SIMも検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です