Home / SIM / データ専用のSIMカードの基礎知識とおすすめデータ専用SIM

データ専用のSIMカードの基礎知識とおすすめデータ専用SIM

Pocket

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

SIMカードにはデータSIMというものがあり、音声通話もできる通話SIMとは内容や特徴が異なります。ここでは、「データ専用のSIMカードの基礎知識とおすすめデータ専用SIM」について、紹介いたします。ネットやゲーム専用の2台目スマートフォンを持つことを検討している方や、データSIMの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.データ専用のSIMカードの基礎知識

7d0c18b37cf902ee97cf728c7dcb0e53_s

ここでは、データ専用のSIMカードの特徴や詳細について紹介いたします。

1.SIMカードは通話SIMとデータSIMがある

SIMカードには通話SIMとデータSIMがあります。提供事業者によっては、SMS付データSIMカードとSMSなしデータSIMカードを提供しています。SMS付の場合は電話が使えたり、SMSなしの場合は使えなかったりなど特徴が異なります。

2.データSIMはインターネットを利用できる

通話SIMは音声通話とインターネットが利用できますが、データSIMはインターネット利用のみで音声通話はできません。電話番号も付与されませんし、LINEなどのユーザー登録の際にSMSを使うアプリも使えません。

電話をまったく使わない場合や、通話はフューチャーフォンなどで使用し、ネットやアプリ利用のためだけにスマートフォンやタブレットを使う場合などに最適です。SMS付のデータSIMの場合は、SMSが使えるためLINEなどのユーザー登録もでき、050〜番号の通話などは使えます。

3.今の電話番号は使えない

090〜、080〜の電話番号が使え、音声通話ができる通話SIMであれば、MNPで今の電話番号がそのまま使えます。しかし、データSIMの場合は基本的に音声通話ができませんので、電話番号を持ちません。そのため、ネット専用として使わずにメイン機種をデータSIMにする場合は、今の電話番号は使えなくなります。

4.通話SIMに比べ利用料金が安い

データSIMはデータ通信が利用できるのみで、音声通話ができないため、通話SIMよりも利用料金が安いです。例えば楽天モバイルのデータSIM(SMSあり/なし)と通話SIMの利用料金は下記のとおりです。
データSIM(SMSなし)

  1. ベーシックプラン 525円
  2. 3.1GBプラン 900円
  3. 5GBプラン 1,450円
  4. 10GBプラン 2,260円
  5. 20GBプラン 4,050円
  6. 30GBプラン 5,450円

データSIM(SMSあり)

  1. ベーシックプラン 645円
  2. 3.1GBプラン 1,020円
  3. 5GBプラン 1,570円
  4. 10GBプラン 2,380円
  5. 20GBプラン 4,170円
  6. 30GBプラン 5,520円

通話SIM

  1. ベーシックプラン 1,250円
  2. 3.1GBプラン 1,600円
  3. 5GBプラン 2,150円
  4. 10GBプラン 2,960円
  5. 20GBプラン 4,750円
  6. 30GBプラン 6,150円

通話SIMとデータSIM(SMSなし)を比べるとベーシックプランでは695円、10GBプランでは700円、30GBプランでは700円とデータSIMの方が月額利用料金が安いです。

2.おすすめデータ専用SIM

ここでは、おすすめのデータSIMを提供しているMVNOを紹介いたします。

1.楽天モバイル

楽天モバイルのデータSIMはSMSありとSMSなしの2種類あります。SMSありでは、LINEなどのユーザー登録もでき使用できます。090〜などの電話番号は使えませんが、050〜電話番号を無料で持つことができ、インターネットも利用できます。

楽天モバイルは、毎月の利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、貯まったポイントは利用料金の支払いに充てたり、楽天グループが提供している各サービスで使用できます。当月使いきれずに余ったデータ通信量は翌月へ繰り越せるので無駄なく使い切れます。

2.DMMmobile

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_white

自分に合った機種を選ぼう!SIMフリースマホおすすめ6選

日本の3大キャリアで販売されて …

Facebookでのご購読が便利です