Wi-Fiのセキュリティ対策の基礎知識と安全な使い方

LINEで送る
Pocket

スマホやノートパソコンをご使用の皆様は、ほとんどの方がWi-Fi接続を利用していると思います。Wi-Fiとは”Wireless Fidelity”の略で、以前よりあった「無線LAN」を規格化して、機種等による制限をなくしたものです。

出先などで、通信料を気にせずネット接続ができてとても便利な反面、情報漏えい等の危険性もあります。ですが、正しい知識を持ち、ちょっとしたことを心がければ心配はありません。外出先で安全にフリーWi-fiを利用できるとインターネットに簡単にアクセスできるようになり大変便利です。

また、海外旅行などに行く時にはフリーWi-fiの利用はほぼ必須になってくると思いますので、セキュリティについての知識を理解して、安全に利用できるようにしておくと安心ですね。

ここでは、専門的な解説はできるだけ使わずに、Wi-Fiのセキュリティ対策の基礎知識と安全な使い方について説明いたします。

スポンサーリンク

■2つのWi-Fiと危険性について

“公衆Wi-Fi”と”野良Wi-Fi”

b02a33b52a4b53a3ce77d06297b44144_s

公衆Wi-Fiとは、官公庁や自治体、ホテル、空港、ショッピングモール等より提供されているもので、サービス提供元が明確であり、適切な管理下にあるものを指します。一方、提供元が不明でよくわからないWi-Fiは野良Wi-Fiと呼ばれ、これがトラブルの元となり得ます。

外出先でWi-fiを使用する場合には基本的には公衆Wi-fiのみを利用するようにしましょう。公衆Wi-fiにおいても複数の人がアクセスするものになりますので完全に安心して利用できるという訳ではありませんが、野良Wi-fiの利用は危険ということを覚えてきましょう。

野良Wi-Fiの危険性

野良Wi-Fiは、身元を隠しての悪意行動、具体的にはスマホやノートPCからの個人情報(E-MAILのパスワードやクレジット番号)抜き取り、ウイルス拡散等を狙って潜んでいる可能性があります。

なお、ご自宅の無線LANルータも、適切な設定をせずに使用すると、悪意はなくとも結果的に野良Wi-Fiと言わざるを得ない状況になり、逆に外部から悪用される可能性もありますので注意が必要です。

■Wi-Fiのセキュリティについて

Wi-Fiに限らず、無線LANにおいてのセキュリティ対策は「接続認証」と「暗号化」の二つが要です。接続使用としているWi-fiがこの二つが成立しているのかを理解して、セキュリティについて疑問符がつくネットワーク回線においては、接続を控えるか、接続をする場合においても個人情報やカード情報など、人に見られて困るものについては利用しないようにしましょう。

パスワードによる接続認証

接続認証とは、そのWi-Fiへの接続自体を認める/認めないという行為のことです。具体的には接続時、「パスワード」を入力させることで、そのユーザがそのWi-Fiに接続する資格があるかどうかを確認します。方式はWEP、WPA、WPA2の3種類があります。

暗号化

暗号化とは通信内容を暗号化することで、仮に第三者から通信が傍受されても、その内容が理解ができないようにすることです。上述のWEP、WPA、WPA2内には暗号化機能もセットされていますが、WEPは古い方式で現在は解読される可能性が高く、セキュリティが高いとは言えません。

現在ではこれら3つに加え、CCMPやTKIPと呼ばれる暗号化技術もあり、WPAやWPA2と組み合わせて使われるのが一般的となっています。

結局、どれがいいの?

技術的な話におよぶと難しい話になりますので、結局どうすればいいの?ということで、
・WEPは×
・現状ではWPA2とTKIPまたはCCMPがセットになったものがベスト
ということを押さえておきましょう。

Wi-fiネットワークに接続する時にはどの種類のものなのかを理解し、セキュリティに不安のあるネットワークには接続しないようにしておくことが大切です。また国内であれば、ネットワーク回線に利用できるポケットWi-fiやドングルがありますので、頻繁に外出先でインターネットにアクセスする必要がある方は、これらを事前に用意しておいても良いでしょう。

■Wi-Fi利用時、気を付けること

b5f382a9377ea9998fc6a0d22cdccdf6_s

先に述べた「野良Wi-Fi」は、パスワード設定や暗号化を何もしていない場合が多く、いかにこれに接続してしまわないかがポイントとなります。また、いくら安心なWi-Fi接続だからといって、外出先での個人情報のやり取りなどは控えた方がよいです。外出先などでWi-Fi接続をする際は、下記に注意しましょう。

パスワードの有無

パスワードを求めてこないWi-Fi接続は、セキュリティ対策ゼロの「丸裸」状態ですから、絶対に接続しないようにしましょう。個人の無線LANルータなどでこのような設定がされていることがあり、住宅地などで拾ってしまうことがあります。

悪意はなくとも、そのWi-Fi接続を使用すると「タダ乗り」することになるので、その観点からもやらない方がよいでしょう。

鍵マーク(暗号化)の有無

Wi-Fi設定画面で見た時、暗号化されているWi-Fi接続は、鍵マークが付いています。なければ暗号化されていないということになりますので、接続しないようにしましょう。

SSID(接続名)の確認

公衆Wi-Fiの場合、SSID(接続名)を、管理元発行のパンフレットや貼り紙等で確認することができます。仮に接続されていたとしても必ずSSIDをチェックし、名前が違う場合は野良Wi-Fiである可能性も捨てきれませんので、繋がないようにしましょう。

暗号化情報の確認

Androidの場合、接続名のすぐ下に、どれで暗号化しているか記載されていますのでチェックし、WEPと書かれているものは避けましょう。

iPhoneの場合は、ネットワーク選択画面にリストアップされているWi-Fi接続については、残念ながら暗号化の種類を知ることができませんが、「その他...」からWi-Fi接続を検索する際、暗号化の種類が選べますので「なし」や「WPA」にはチェックしないようにしましょう(下に行くほど暗号化の強度が高く安全です)。

自動接続設定について

スマホで、Wi-Fiの電波を拾ったら自動的に接続する設定がありますが、これだと、パスワードすらないWi-Fi接続に、勝手に繋がってしまう恐れがあります。外出先では設定を外しておく方が無難です。

外出先でのネットの利用範囲

外出先でのWi-Fi接続を用いた利用は、Webページ閲覧等にとどめるべきでしょう。例えば、クレジットカード番号を入力するネットショッピングなどは、極力避けるべきです。

■まとめ

とにかくWi-Fiは危険だ、といった意見も聞きますが、Wi-Fiは安全に使用すれば、とても便利なものです。
・パスワードがないものは使わない
・鍵マークがないものは使わない
・知らない接続名のものは使わない
・外出先では自動接続設定を外す
・外出先で個人情報を送信しない

充実したWi-Fiライフを送るためにも、上記を常に心がけることが大事です。どれも、特別な知識がなくても実践できることばかりです。結局はユーザーの心がけ次第、ともいえます。可能であれば自分だけの外出用のWi-fi環境を整えておき、安心してWi-fiを利用できるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です