Home / Mac / Mac mini 新旧比較!新型はこんなにもすごい!

Mac mini 新旧比較!新型はこんなにもすごい!

Pocket

ヒント2

2014年におよそ2年振りにMac miniの最新型が発売され、今では多くの人が愛用しています。場所も取らずにMacが使えるようになるMac miniは、その性能の高さとリーズナブルな価格から人気です。2年振りに発売された新型と旧型は一体何が違うのでしょうか?今回は、「Mac miniとは」「新型Mac mini各性能について」「旧型Mac miniから新型Mac miniになって変わったこと」について紹介していきます。

スポンサーリンク

Mac miniとは

Macのデスクトップ型のパソコンです。iMacとは違い、モニターやキーボード、マウスなどは付いていません。好きなモニターなど準備する必要があります。10万円以上するiMacよりも、5万台〜あり大幅に安いため、自身でモニターなどを持っている人はiMacではなく、Mac miniを購入し、利用している人は多いです。非常にコストパフォーマンスに優れた製品として、発売当初から人気です。

新型Mac mini各性能について

ここでは現行の新型のMac miniのローモデル・ミドルモデル・ハイモデルの各性能を紹介します。

①ローモデル 1.4GHz、500GBハードドライブ、4GBモデル

価格:58,800円(税別:2016年6月現在)、●プロセッサ:1.4GHz。1.4GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、3MBオンチップ共有L3キャッシュ ●ストレージ:500GB(5,400rpm)ハードドライブ、オプション:1TB Fusion Driveに変更可能 ●メモリ:4GB 1,600MHz LPDDR3メモリ、オプション:8GBまたは16GBに変更可能 ●グラフィックス:Intel HD Graphics 5000 ●サイズ:高さ3.6cm、幅19.7cm、奥行き19.7cm ●重量:1.19kg 

②ミドルモデル 2.6GHz、1TBハードドライブ、8GBモデル

価格:82,800円(税別:2016年6月現在)、●プロセッサ:2.6GHz。2.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MBオンチップ共有L3キャッシュ オプション:3.0GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)、4MBオンチップ共有L3キャッシュに変更可能 ●ストレージ:1TB(5,400rpm)ハードドライブ、オプション:1TB Fusion Driveまたは256GBフラッシュストレージ(SSD)に変更可能 ●メモリ:8GB 1,600MHz LPDDR3メモリ、オプション:16GBに変更可能 ●グラフィックス:Intel Iris Graphics ●サイズ:高さ3.6cm、幅19.7cm、奥行き19.7cm ●重量:1.20kg 

③ハイモデル 2.8GHz、1TB Fusion Drive、8GBモデル

価格:118,800円(税別:2016年6月現在)、●プロセッサ:2.8GHz。2.8GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)、3MBオンチップ共有L3キャッシュ オプション:3.0GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)、4MBオンチップ共有L3キャッシュに変更可能 ●ストレージ:1TB Fusion Drive、オプション:2TB Fusion Driveまたは256GB、512GB、1TBフラッシュストレージ(SSD)に変更可能 ●メモリ:8GB 1,600MHz LPDDR3メモリ、オプション:16GBに変更可能 ●グラフィックス:Intel Iris Graphics ●サイズ:高さ3.6cm、幅19.7cm、奥行き19.7cm ●重量:1.22kg 

旧型Mac miniから新型Mac miniになって変わったこと

ここでは、旧型Mac miniから新型Mac miniになったことで特に変わった性能について紹介しています。特に目立つ点は、CPU、グラフィックス、Wi-Fi、Fusion Driveです。

CPUの変化により基本性能向上 処理速度が速く

基本性能を決めることにもなる重要なCPU。パソコンの頭脳とも言われる一番重要な部分です。新型Macminiは、第4世代のHaswellプロセッサーを使っており、旧型Mac miniと違いより重い処理にも対応できるようになっています。より全体的な性能が上がっており、旧型に比べ処理速度が上がっています。

グラフィックパフォーマンスが最大90%向上

新型Mac miniは、Intel Iris Graphics とIntel HD Graphics5000の仕様となっており、旧型のMac miniと比べるとグラフィックパフォーマンスが最大90%向上しています。そのため、映画や動画を観たり、ゲームを楽しむ時に、よりスムーズで、レスポンスの良い動きを体験することができます。写真画像などを観る際も、機敏に動作し快適です。

高速Wi-Fiに対応し より快適なネットワークへ

旧型Mac miniのWi-Fi規格は、802.11n、IE802.11a/b/gに対応していましたが、新型Mac miniでは、高速規格の802.11acに対応しています。そのためより快適で接続しやすいWi-Fiネットワークの利用が可能となっています。ストレスを感じることなく様々なサイトにアクセスできます。

Fusion Drive搭載で アクセスが高速化

新型Mac miniのハイモデルに標準搭載されているFusion Driveは、よく使うアプリケーションや写真、書類などのデータやファイルを速くアクセスできるようにフラッシュストレージ上に置き、そこまで使う頻度の少ないアイテムはハードドライブに自動管理してくれます。これにより、アプリケーションやファイルなどへのアクセスが高速化します。さらに、使うにつれてFusion Driveは学習していきますので、どんどん速くなっていきます。ローモデル、ミドルモデルもオプションによってFusion Driveを搭載することができます。

まとめ

新型Mac miniは、旧型に比べ、新型CPUにより基本性能の向上、グラフィックパフォーマンスのアップ、高速Wi-Fiに対応、ストレージインターフェースの高速化、Thunderbolt2対応、Fusion Drive搭載、など、様々な面で性能が向上し、より速く、よりスムーズに処理できるようになっています。マルチコアのパフォーマンスでは旧型の方が良いなどもありますが、全体的に考えても使い勝手、パフォーマンスは向上しています。なかなか中古でも値段が下がりませんが、iMacは予算的に厳しい、という人や、既にモニターなどがある人は、1度検討しても良いでしょう。なんといってもこの性能で5万円台〜の価格です。多少カスタマイズしても10万以下で手に入ることが多いです。既にモニターやキーボードなど付属品の準備があるようであれば、間違いなくiMacよりも優れた性能の1台を安く使うことができます。賛否両論もありますが、Mac miniは、非常にコストパフォーマンスに優れた製品であることは間違いありません。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

MacのキーボードでiPhoneに文字入力する方法

iPhoneでの文字入力では、 …

Facebookでのご購読が便利です