MacにWindowsをインストールするには?

LINEで送る
Pocket

インストール

今回は、MacにWindowsをインストールする方法について紹介いたします。
Macを使うとしてもWindowsを使いたい人も多いと思います。プライベートではMacOSで、仕事ではWindowsOSを使うなど、両方使えるにこしたことはありません。今回、Macの提供元のApple公認の方法でMacにWindowsをインストールする方法について、記しています。ちょうど、Windowsをインストールしたいと考えていた方はぜひ、ご覧ください。インストール手順で不明な点があれば、AppleのホームページかAppleのサポートセンターへ問い合わせください。

スポンサーリンク

BootCampを使って MacにWindowsをインストールする方法

BootCampを使うと、MacにWindowsをインストールすることができます。インストール完了後は、Macを再起動するとMacOSとWindowsOSを切り替えることができるようになります。「作業前の事前確認」「システム条件の確認」「Windowsディスクイメージ」「BootCampアシスタントを開く」「Windows用パーティションをフォーマット」「Windowsをインストールし再起動します」の順番で説明します。

作業前の事前確認

BootCampを使ってMacにWindowsをインストールする作業をする前に、必要なものが揃っているかを確認します。 ●IntelベースのMac ●Windows8(64ビット版)以降のWindowsインストールメディアまたはディスクイメージ ●55GB以上の空きディスク容量、これらについて確認が済んだら作業に移ります。

システム条件の確認

Windowsのバージョンによっては、特定のプロセッサが必要になります。また、他のバージョンと比べてHDD容量とRAMの要求が高いものがあります。インストール予定のWindowsに付属しているマニュアルを参照し、状況を確認します。また、インストール予定のMacの構成内容をシステム情報から確認します。

Windowsディスクイメージ

Windowsディスクイメージを入手します。Windowsを購入している場合は、ディスクイメージファイルとしてダウンロードか、インストールディスクかUSBフラッシュドライブの形態でディスクイメージが提供されています。WindowsをDVDで入手している場合は、BootCampで使えるように、DVDからディスクイメージを作成することが必要です。また、WindowsをUSBフラッシュドライブで入手していた場合は、マイクロソフトのホームページからディスクイメージファイルをダウンロードすることができます。

BootCampアシスタントを開く

MacにWindowsをインストールする手順を案内してくれるBootCampアシスタントを開きます。BootCampアシスタントは、アプリケーションフォルダのユーティリティから開くことができます。開くと指示に従い、Windowsの関連ソフトウェアドライバをダウンロードします。もし、インストールの最中に容量が空のUSBフラッシュドライブを接続するように案内された場合は、すぐに該当のUSBフラッシュドライブを接続してください。

Windows用パーティションをフォーマット

BootCampアシスタントの案内が完了したら、Macが再起動します。再起動するとWindowsのインストーラが開きます。そして、Windowsのインストール先を指定する画面になりますので、BOOTCAMPという名前のパーティションを選択して、フォーマットをクリックします。

Windowsをインストールし再起動

Windowsがインストールされると、MacOSとWindowsOSの切り替えを行うことができるようになります。MacOSの場合は、システム環境設定の起動ディスクパネル、WindowsOSの場合はシステムトレイのBootCamp項目を使用し、コンピュータを再起動します。

WindowsインストールメディアからBootCamp用のイメージファイルを作成する方法

WindowsをインストールDVDで入手している場合は、BootCampを使ってWindowsをインストールする際に、そのメディアのISOイメージを作成しておく必要があります。WindowsDVDのISOコピーは次の手順で行います。 
①Macを起動し、WindowsインストールDVDを外付けの光学式USBドライブい挿入するか、WindowsUSBドライブをMacのUSBポートに接続します。 
②インストールメディアがFinderにマウントされたら、ユーティリティフォルダから、ディスクユーティリティを開きます。 
③ディスクユーティリティウインドウで光学式USBドライブ、または、Windowsフラッシュドライブを選択してハイライトします。 

④ファイルを開き、新規イメージを選択します。そしてサブメニューからWindowsDVDもしくはフラッシュドライブを選択します。 
⑤イメージフォーマットメニューから、DVD/CDマスターを選択し、暗号化メニューから、なしを選択しますージファイルが作成されている間は、進行状況バーが表示されます。 
⑦イメージの作成が終わったら、Windowsイン。 
⑥新規のファイルに名前を付けて作成を選択します。次に管理者のユーザー名とパスワードを入力します。イメストールディスクまたはフラッシュドライブを取り出します。外付けの光学式ドライブをお使いの場合は、ディスクを取り出したあとに、USBポートから取り外します。 
⑧作成したディスクイメージファイルをFinderで探し、ディスクイメージファイルを選択して、ファイルの名前を変更します。その際にディスクイメージファイルの拡張子を変更します。.cdrから.isoに変更します。変更が完了したら、作成完了です。 

注)USBフラッシュドライブにISOイメージを作成したり、ドライバをコピーしたりする場合は、使っているデバイスのリムーバブルドライブとして機能しているかどうかを必ず確認してください。使っているデバイスによっては、固定ストレージデバイスとしてマウントされ、取り出しができないことがあります。フラッシュドライブまたはSDカードを接続したあとに、Finderから取り出す際、Finderのサイドバーに取り出すためのオプションが表示されない場合は、そのデバイスをWindowsのインストールに使うことはできないということです。

まとめ

今回、MacにWindowsをインストールするには?について紹介いたしました。BootCampを使ってMacにWindowsをインストールすることにより、MacもWindowsも両方使えるようになり、2台のパソコンを持っているのと同じくらい便利になります。インストール手順も簡単です。ぜひ、Macを使っていても、Windowsを使いたかった人、Windowsを使わないといけない場面が多い人は試してみましょう。ワードやエクセル、パワーポイントなどであれば、Windowsをインストールしなくてもオフィスのアプリを使えばMacで使用することができます。両方のOSを使えるようになることで、作業効率が上がったり、作業範囲も広がることが多いと思います。興味がある方は、ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です