MacとWindowsの違いとMac上でWindowsを実行する方法

LINEで送る
Pocket

皆さんは、MacとWindowsどちらのパソコンを使っているでしょうか?または、MacとWindowsどちらも使っているなんて方もいらっしゃるでしょうか。MacとWindowsのパソコンでは操作性や見え方の全く異なる部分も多くありますので、MacとWindowsどちらかのパソコンしか普段使っていないという方はなかなか慣れないという方も多いはずです。

Macを使っているユーザーの方だとWindowsパソコンを使ったときに、Windowsパソコンって使いにくいなぁと感じてしまったり、Windowsを使っているユーザーの方だとWindowsパソコンを使ったときに、Macのパソコンって分かりずらいと感じたりとそれぞれで思うところも違うと思います。

同じパソコンとはいっても、作っているのは別の会社なので操作性が全く違う部分もあります。要は慣れの問題ということではあるのですが、普段使っているパソコンと操作性が違うと、ストレスを感じることも多いはずです。普段は1時間で終わる作業が、MacとWindowsで使うパソコンが違うだけで2時間掛かってしまうなんてこともあるでしょう。

使って慣れるというのも大事なことですが、まずはMacとWindowsの違いをきちんと理解しておくことが大事です。MacとWindowsではどんな部分が違っているのか?逆にどの部分は一緒なのか、似ているのかということを知っておくだけでもかなり違うと思います。

また、Mac上でWindowsを実行する方法というのもありますので、MacでどうしてもWindowsを使いたいという方は参考にしていただければと思います。今回は、MacとWindowsの違いとMac上でWindowsを実行する方法を詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

MacとWindowsの違い

まずは、MacとWindowsの違いについて知っておきましょう。そもそも、Windowsの場合はマイクロソフトという会社がOSを開発しており、Windowsを搭載するためのパソコンは別の会社が作っています。これを分かっていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。Windowsはソフトウェアとハードウェアの開発元が違っているのです。

逆にMacの場合は、Appleという会社がOSとMacBookなどのパソコンの両方を開発しています。つまり、ソフトウェアとハードウェアを両方Appleが作っているのです。これだけでも大きな違いがあるというのをわかっていただけると思います。

デザイン面でいうならば、Windowsの場合はWindowsを搭載するためのパソコンは別の会社が作っているのでデザインも多種多様なパソコンが発売されています。当然メーカーによって少しずつデザインの傾向も違っています。それに対して、Macの場合はAppleしか作っていないのでデザインは統一されています。

それでは、多くの方が感じているであろうMacとWindowsの操作性などの違いについて詳しくご紹介していきます。

右クリックの違い

Windowsパソコンでは、パソコン中央部に「タッチパッド」がついています。それに対してMacのパソコンでは「トラックパッド」というタッチパッドが付いています。どちらも画面をスクロールしたり、クリック操作が出来たりとマウス操作が出来るという意味では同じなのですが操作性は大きく違っています。

Windowsでは右クリックを行う際は、そのままタッチパッドのした部分にある右下のボタンを押せば右クリックを行うことが出来ます。それに対してMacのパソコンのトラックパッドでは、Windowsパソコンでいうところの右クリックを行うためにはトラックパッドを2本指でタップします。

このようにWindowsパソコンの「タッチパッド」とMacのパソコンの「トラックパッド」では大きく操作性が違っているのです。どちらが使いやすいかというのは個人で好き嫌いが分かれるところも大きいと思いますが、どちらかというとMacのパソコンの「トラックパッド」の方が使いやすいという声が多いようです。

Macのパソコンの「トラックパッド」はマルチタッチジェスチャという技術を使用しており、トラックパッド上でさまざまな操作を行うことが出来ます。2本指のスワイプをすることでスクロールしたり、ピンチアウト/ピンチイン操作で拡大や/縮小なども行うことが出来ます。スマートフォンと少し操作性が似ているかもしれませんね。

フルスクリーンの違い

MacとWindowsのパソコンでは画面のフルスクリーン表示にも違いがあります。まず、Macでは2010年にリリースされた「Mac OS X 10.7 Lion」というOSまではフルスクリーン機能というもの自体がMacにはありませんでした。Windowsのパソコンを使っているという方は、これは知らなかったという方も多いと思います。

また、MacとWindowsではフルスクリーン表示の見え方も少違っていますので、初めてどちらかのパソコンを使われる方は戸惑うこともあるかもしれません。しかし、基本的な機能としては同じなので、このフルスクリーンについては使って慣れていくのが良いかもしれませんね。

エクスプローラ・Finderの違い

皆さんもパソコンのフォルダ内を見るという操作は、普段日常的に行っている操作だと思いますが、MacとWindowsでファイルを扱うときの操作は少し違っています。Windowsでいうところのエクスプローラは、MacのパソコンではFinderと呼ばれています。

WindowsのエクスプローラとMacのFinderは、基本的にパソコン上のファイルを管理するという意味合いでは同じ役割を持つものです。決定的に異なっているのは、Finderはユーザーが操作するオブジェクトを扱うためのツールという意味合いのものであって、パソコン上のすべてのファイルを扱えるというわけではないということです。

それに対して、Windowsのエクスプローラの場合は、少しの設定の変更でパソコン上のほぼすべてのファイルを扱うことが出来ます。例を挙げると、Finderではユーザーの日常的な運用に不要なもの(OSの重要なファイルなど)はそもそもFinderで表示されないようになっていたりするのです。

また、Finder上ではユーザーが扱っているものがファイルやフォルダであるのか、またはショートカットであるのかといったことを意識させないような作りになっています。使っていただければ分かると思いますが、これは大きな違いとなっています。

Officeソフトの違い

OfficeソフトもMacとWindowsでは少し違っています。エクセルやパワーポイント、ワードなど日常的にパソコンでOfficeソフトを使うという方も多いはずです。Officeソフトが大きく違うと困ると言う方も多いと思いますが、Officeソフトに関していうとMacとWindowsで違いはありますが基本的な使い方は一緒になります。

ただ、微妙に操作性が違っている部分があるので注意が必要です。例えば、MacとWindowsショートカットキーが少し違っています。ボタンの違うものもあるので注意しましょう。また、エクセルの関数が少し違っているなど細かいところでOfficeソフトにも違いが出てきています。

タスクバー・メニューバーの違い

Windowsではウインドウごとにメニューバーがありますが、Macでは画面上部に固定のメニューバーがあります。 Macではアプリケーションを切り替えると上部メニューバーも切り替わっていくので初めてMacを使うと戸惑う方も多いのではないでしょうか。

OEM版の有無の違い

Windowsには、各製品でパッケージ版、OEM 版、DSP 版の3つが販売されています。パッケージ版とはパソコン関連の商品を扱うショップ等で単体でも売られているものとなります。既にパソコンを持っている人向けに売られているものです。

OEM 版とは、パソコンにはじめからインストールされているWindowsのことです。プリインストール版ともいいます。OEM 版はパッケージ版と比べて安く使うことが出来ますが、他のパソコンに移動する形でインストールができないという欠点もあります。

価格帯の違い

MacとWindowsでは当然価格帯も違ってきます。基本的にMacはWindowsと比べて価格帯は高いです。Windowsは色んなメーカーがパソコンを出しているということもあり、安いパソコンもたくさんあります。ただ、安すぎるものは性能も保証できるものでは無いので注意しましょう。

MacとWindowsのメリットデメリット

ではMacとWindowsのメリットデメリットについて整理していきましょう。

Macは操作性が秀逸

まず、Macは操作性が秀逸だということが良く言われます。Macの操作はWindowsと比べて直感的な操作性が強いと言われています。トラックパッドの操作性もそうですが、慣れてくればWindowsよりもMacの方が使いやすいという方も多いそうです。

Macは自作することができない

実はWindowsは、自分でWindowsパソコン環境を構築することができますが、Macは自作することが出来ません。Macはソフトウェアとハードウェアを両方Appleが作っているというところもあって、そういった部分のユーザーの自由度は低いのです。

Windowsはユーザーが多くカスタマイズ性が高い

WindowsはMacと比べて、カスタマイズ性が高いということがよく言われます。日本でもWindowsを使っているユーザーは多いです。会社のパソコンなどはWindowsを使っているところが多いのではないでしょうか。

WindowsはOSアップグレードが有償

WindowsはOSアップグレードが有償であるのに対して、Macは無償となっています。この部分はMacの大きな利点といえるかもしれませんね。MacもWindowsも新しいOSはどんどん出てきますので、その都度有償でのOSアップグレードをするのはちょっと困ると言う方も多いはずです。

Macのみで使えるアプリ、Windowsのみで使えるアプリがある

パソコンのアプリケーションに関していうと、Macのみで使えるアプリとWindowsのみで使えるアプリがあります。Windowsのパソコンを使っていて、Macにしたら今まで頻繁に使っていたアプリケーションが使えなくなって困ってしまったなんて方も多いのではないでしょうか。その逆にMacからWindowsにした場合も同じです。

MacとWindowsどちらかしか使えないアプリケーションの場合は、仕方ないので代替のアプリケーションを使うことになりますが、これは慣れないと仕事の作業にも大きな影響が出そうですね。

Mac・Windowsそれぞれ使えると良い

結論からいうと、Mac・Windowsどちらのパソコンにも良いところと悪いところがあるということです。Mac・Windowsどちらも使えると一番良さそうですね。

Mac上でWindowsを実行する方法

MacでどうしてもWindowsを使いたいという方のために、Mac上でWindowsを実行する方法というのもありますのでご紹介していきます。

リモートデスクトップで実行する

Macの「Remote Desktop」というアプリケーションを使ってMac上でWindowsを実行することが出来ます。方法としては、「Microsoft Remote Desktop」のアプリを立ち上げ、リモート操作したいWindowsのコンピュータ名あるいはIPアドレスなどを設定していきます。Macから別のwindousパソコンをリモート操作したい場合に有効です。

VirtualBoxで実行する

VirtualBoxは仮想PCソフトです。これによって、Mac上でWindowsOSやWindowsソフトウェアを利用可能にすることが出来る便利なソフトです。

Virtualboxはこちらから

Boot Campで実行する

「Mac OS X v10.5 Leopard」以降では、Mac上でWindowsを起動できるソフトウェア「Boot Camp」といものが標準で搭載されています。前述のVirtualboxよりもこちらの方がハードルは少し低いといえるのではないでしょうか。

Parallels Desktopで実行する

Parallels Desktopは、Windows専用アプリケーションをMacで実行すためのソフトウェアになります。ただし、有償のソフトウェアとなるのできちんと考えてから購入をおすすめします。

Parallels Desktopはこちらから

さくらのVPS for Windows Serverで実行する

「VPS for Windows Server」はさくらインターネットが提供するサービスで、インターネットがあれば、リモートデスクトップ接続でMacからWindowsを利用することが出来ます。

VPS for Windows Serverはこちらから

まとめ

皆さん、MacとWindowsの違いとMac上でWindowsを実行する方法はいかがでしたでしょうか?Mac上でWindowsを実行する方法はいくつかありますが、出来ればMacとWindowsの両方を使えたほうが便利かもしれませんね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です