Home / Apple / Mac / MacとWindowsの違いとMac上でWindowsを実行する方法

MacとWindowsの違いとMac上でWindowsを実行する方法

WindowsはMacと比べて、カスタマイズ性が高いということがよく言われます。日本でもWindowsを使っているユーザーは多いです。会社のパソコンなどはWindowsを使っているところが多いのではないでしょうか。

WindowsはOSアップグレードが有償

WindowsはOSアップグレードが有償であるのに対して、Macは無償となっています。この部分はMacの大きな利点といえるかもしれませんね。MacもWindowsも新しいOSはどんどん出てきますので、その都度有償でのOSアップグレードをするのはちょっと困ると言う方も多いはずです。

Macのみで使えるアプリ、Windowsのみで使えるアプリがある

パソコンのアプリケーションに関していうと、Macのみで使えるアプリとWindowsのみで使えるアプリがあります。Windowsのパソコンを使っていて、Macにしたら今まで頻繁に使っていたアプリケーションが使えなくなって困ってしまったなんて方も多いのではないでしょうか。その逆にMacからWindowsにした場合も同じです。

MacとWindowsどちらかしか使えないアプリケーションの場合は、仕方ないので代替のアプリケーションを使うことになりますが、これは慣れないと仕事の作業にも大きな影響が出そうですね。

Mac・Windowsそれぞれ使えると良い

結論からいうと、Mac・Windowsどちらのパソコンにも良いところと悪いところがあるということです。Mac・Windowsどちらも使えると一番良さそうですね。

Mac上でWindowsを実行する方法

MacでどうしてもWindowsを使いたいという方のために、Mac上でWindowsを実行する方法というのもありますのでご紹介していきます。

リモートデスクトップで実行する

Macの「Remote Desktop」というアプリケーションを使ってMac上でWindowsを実行することが出来ます。方法としては、「Microsoft Remote Desktop」のアプリを立ち上げ、リモート操作したいWindowsのコンピュータ名あるいはIPアドレスなどを設定していきます。Macから別のwindousパソコンをリモート操作したい場合に有効です。

VirtualBoxで実行する

VirtualBoxは仮想PCソフトです。これによって、Mac上でWindowsOSやWindowsソフトウェアを利用可能にすることが出来る便利なソフトです。

Virtualboxはこちらから

Boot Campで実行する

「Mac OS X v10.5 Leopard」以降では、Mac上でWindowsを起動できるソフトウェア「Boot Camp」といものが標準で搭載されています。前述のVirtualboxよりもこちらの方がハードルは少し低いといえるのではないでしょうか。

Parallels Desktopで実行する

Parallels Desktopは、Windows専用アプリケーションをMacで実行すためのソフトウェアになります。ただし、有償のソフトウェアとなるのできちんと考えてから購入をおすすめします。

Parallels Desktopはこちらから

さくらのVPS for Windows Serverで実行する

「VPS for Windows Server」はさくらインターネットが提供するサービスで、インターネットがあれば、リモートデスクトップ接続でMacからWindowsを利用することが出来ます。

VPS for Windows Serverはこちらから

まとめ

皆さん、MacとWindowsの違いとMac上でWindowsを実行する方法はいかがでしたでしょうか?Mac上でWindowsを実行する方法はいくつかありますが、出来ればMacとWindowsの両方を使えたほうが便利かもしれませんね。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneの写真をパソコンに手軽に転送する方法6選

iPhoneの写真をパソコンに手軽に転送する方法6選

今回は、iPhoneの写真をパ …

Facebookでのご購読が便利です。