Home / Apple / Mac / MACのタスクマネージャー代わりは?アクティビティモニタの操作

MACのタスクマネージャー代わりは?アクティビティモニタの操作

Pocket

WindowsからMacに乗り換えた方で、タスクマネージャーがないことに驚いた方も多いのではないでしょうか。Windowsではアプリケーションやパソコンの動作で困ったことがあれば、タスクマネージャーを使用して解決ができます。

Macにはタスクマネージャーや代わりになる機能はないのでしょうか。ここでは、Macのタスクマネージャーである「アクティビティモニタ」や「アプリケーションの終了ダイアログ」について紹介しています。

Macのアクティビティモニタやアプリケーションの終了ダイアログについて知ることで、アプリやパソコンの状態がおかしなときに解消ができます。ぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

タスクマネージャーでは何ができた?

Windowsのタスクマネージャーではどんなことができたのでしょうか。また、Macではタスクマネージャーの代わりになる機能はないのでしょうか。ここでは、WindowsやMacのタスクマネージャー機能について見ていきましょう。

Windowsユーザーにはあたりまえの「タスクマネージャー」

Windowsを長く使用している方にとって、タスクマネージャーの存在はごくあたりまえのものです。しかし、WindowsからMacに切り替えると、これまでWindowsで使用していた「Ctrl+Alt+Delete」や「Ctrl+Shift+Esc」でタスクマネージャーが起動することはありません。

Windowsでは、タスクマネージャーによって、プロセスの強制終了ができたり、CPUやメモリの使用状況を確認できます。「アプリケーションが応答しない。。」「パソコンが正常に動かない。。。」という場合に強制終了をさせたり、再起動の回避策として有効です。

Macのタスクマネージャーは?

Macの場合は、プロセスを強制終了させたい場合は「アプリケーションの終了ダイアログ」、CPUやメモリの使用状況を確認したい場合は「アクティビティモニタ」を使用します。

Windowsのタスクマネージャーとほぼ同じ機能を持つのが、アクティビティモニタです。ただし、Macのアクティビティモニタは起動に手間がかかるので、アプリケーションの終了ダイアログを使ってプロセスの終了をするケースが多いです。

「アクティビティモニタ」の操作方法

アクティビティモニタは「Launchpad」「ユーティリティフォルダ」「スポットライト」の3つの起動方法があります。これらの中で、最も使用しやすい方法で起動をしましょう。

起動方法1.Launchpadから起動して使用する

アクティビティモニタは、Launchpadから起動して使用することもできます。Launchpadとは、ロケットのようなデザインのアプリケーションです。Launchpadから起動する方法は以下のとおりです。

  1. Launchpadを起動します
  2. アプリケーション一覧が表示されるため「その他」を選択します
  3. 「アクティビティモニタ(心電図のようなアイコン)」を選択すれば起動します

起動方法2.ユーティリティフォルダから起動して使用する

アクティビティモニタはユーティリティフォルダから起動することもできます。Finderを使ってユーティリティフォルダから起動する方法は以下のとおりです。

  1. Finderを開きます
  2. 「Command+Shift+U」を押します
  3. ユーティリティフォルダが表示されるため「アクティビティモニタ」を選択します

起動方法3.スポットライトから起動して使用する

アクティビティモニタはスポットライトから起動することも可能です。起動方法は以下のとおりです。

  1. スポットライトを表示します
  2. 検索窓に「アクティビティモニタ」と入力します

これにより、アクティビティモニタを表示でき、選択すれば起動できます。

次ページ:アクティビティモニタでCPUやメモリを確認する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

facetimeはMac OS …

Facebookでのご購読が便利です