Home / iPhone / iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

Pocket

iPhoneを自分で購入する際に気をつけたい3つのこと

自分でiPhoneを探し購入する際は、様々な注意が必要です。

そこでここでは、自分でiPhoneを買う際に気をつけたいことをご紹介します。

1. 赤ロム端末でないことを確認する

「赤ロム」とは、機種の残債などがまだ残っている状態で売られてしまった端末を意味します。

キャリアによって使用停止にされてしまった状態のものですので、SIMカードを指しても何も通信ができない状態になっています。

そのため、売られている段階できちんと「白ロム(残債がない状態で売りに出されている端末)」と明記されていることを確かめましょう。

また、赤ロム端末を購入してしまった際に保証をしてくれる「赤ロム保証」というものを行っている店舗もあるので、販売している店舗がその対応店舗かどうかを確認することも大切です。

フリマやオークションで買うと、売っている本人が対応してくれなかったり、音信不通になってしまう場合があります。

このような場合には打つ手がなくなってしまうため、赤ロム端末かどうかは必ず確かめてから購入するようにしましょう。

2. iPhoneではアクティベーションロックが解除されていることを確認する

iPhoneを大手キャリアショップやアップルストア以外で買う場合、「アクティベーションロックが解除されているか」どうかを確かめることは重要です。

「アクティベーションロック」とは、iPhoneの盗難や紛失時に、外部からかけられるロックのことです。

このアクティベーションロックにはApple IDが使われており、中古で購入したiPhoneにアクティベーションロックがかかっている場合、前の持ち主に連絡してアクティベーションロックを解除してもらう必要があります。

万が一IDを忘れたり、連絡が取れないという場合はiPhoneのHPを消去する必要があります。その場合、Appleのサポートセンターへ電話をかけ、IDを作ったときに設定した「秘密の質問」に答えなければなりません。

その質問に答えることができなかった場合、削除権限のある担当者が最終決断をします。

3. メーカー保証付きの端末が無難

上記でご紹介した2つの注意点を踏まえると、やはり端末を買う場合はメーカー保証が付いている端末を購入するのが無難だと言えます。

最新機種であればあまり値段にも変わりがないためApple Storeや楽天市場、Amazonなどの大手での購入が無難だと言えます。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは、AppleのiPhoneに格安SIMカードを挿して「格安スマホ」として使う方法や注意点、そして端末の購入方法をご紹介しました。

大手キャリアのSIMカードは確かに安心感がありますが、毎月の通信料が格安SIMに比べるとやはり高くなってしまいます。

一度、現在使っているケータイやプランを見直してみてはいかがでしょうか。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

使いこなそう!iPhoneの電卓の知られざる機能4選

ショートカットからでも使える便 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です