Home / Apple / iPhone / 1台で完結!iPhoneでSuicaを使用する際の3つのメリットと6つの注意点

1台で完結!iPhoneでSuicaを使用する際の3つのメリットと6つの注意点

Pocket

Apple Payの登場によって、多くの人がiPhoneでSuicaを使用するようになりました。これにより、買い物や交通機関、自動販売機の利用など、さまざまな場所でiPhone1つで完結する場面が増えました。

しかし、Apple PayでのSuicaの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、iPhoneでSuicaを使用する主な利点や注意点をご紹介します。

Apple PayのSuicaを利用して、より手軽に支払いを済ませましょう!

スポンサーリンク

Apple PayのSuicaを使う3つのメリット

iPhone7から搭載されたApple PayでSuicaを使用することにはどのような利点があるのでしょうか。

ここでは、主なメリットをご紹介します。

1. チャージが簡単

ApplePayでSuicaを使うメリットの1つとして「チャージが簡単」であることが挙げられます。チャージ方法が簡単であれば、ストレスなく使っていくことができるのではないでしょうか。

Suicaアプリに登録したクレジットカードでのチャージや、WalletアプリからApple Payでチャージの2つの方法があります。具体的には、以下の手順で行うことができます。

Suicaアプリに登録したクレジットカードでチャージ

  1. チャージをしたいSuicaを表示して、チャージ金額を決定します。
  2. クレジットカードのブランドマークをタップします。
  3. 「入金(チャージ)」をタップすればチャージ完了です。

WalletアプリからApplePayでチャージ

  1. Walletアプリを開きチャージしたいSuicaを表示します。
  2. 右下の「i」マークをタップして「チャージ」を選択します。
  3. チャージ金額を決めて画面右上の「チャージ」をタップします。
  4. TouchIDもしくはFaceIDで認証完了すればチャージ完了です。

2. スムーズな買い物や交通機関の利用

Apple PayでSuicaを使用すると、買い物や交通機関での利用がスムーズです。

Apple PayのSuicaは、Suicaマークのあるお店だけでなく、PASMOやnimoca、はやかけん、SUGOCAなど、さまざまなICマークのあるお店や電車、バスで使うことができます。

使用できる店舗や交通機関も多く決済もスピーディーなため、忙しい毎日を送っている人におすすめです。

3. 複数のSuicaを管理できる

Apple Payは複数のSuicaを登録・管理が可能で、「プライベート用」「通勤用」「通学用」などを使い分けることができます。

また、下記の方法でそれぞれのSuicaの名称も変更可能です。

  1. Suicaアプリを開き、名称設定したいSuicaを選び「チケット購入・Suica管理」をタップします。
  2. 「Suicaの名称変更」を選択し、名称を入力したら「次へ」をタップします。
  3. 確認画面が表示されますので問題なければ「登録する」をタップすれば完了です。
  4. 設定した名称がSuica券面に表示されるようになります。

Suicaカードを取り込む際の6つの注意点

SuicaカードをApplePayに取り込む際は、注意点もあります。事前に把握しておかないと、あとで困ることも多いので十分に気をつける必要があります。

ここでは、主な6つの注意点をご紹介します。

1. Suicaカードに戻せなくなる

Apple PayにSuicaを取り込む際に注意したいのが、1度Suicaカードを取り込むと、再びSuicaカードとして使用ができなくなってしまうことです。

SuicaカードをApple Payに取り込むと同時に手元にあるSuicaカードは無効化されてしまい、2度と使えなくなってしまいます。

元の状態に戻せなくなることを理解したうえで、Apple Payへの取り込みを行うようにしましょう。

2. 500円のデポジットは電子マネーになる

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

gmailの受信通知をカスタマイズ!gmailの通知設定方法全3種類

Gmailは、今や使っていない …

Facebookでのご購読が便利です