大切なiphone保護にスキンシールはいかが?

LINEで送る
Pocket

risarisa20141018093713_TP_V

よく使うiPhoneを保護するためには、様々な方法があります。液晶画面の擦りキズを防止するためには、保護フィルムや、保護ガラスなどがよいでしょう。本体のキズや、汚れなどを防止するためには、カバーケースが適しています。しかし、カバーケース以外にもスキンシールを使って、大切なiPhoneをキズや汚れなどから防止してみてはどうでしょうか?

スキンシールならば、かさばることなくiPhone全体を保護するだけではなく、カバーケースには無いおしゃれが楽しめるので、オススメです。今まで使用したことの無かった方は、一度使用してみてはどうでしょうか? 本記事では、iPhoneの保護に適したスキンシールをご紹介します。

スポンサーリンク

カバーケースとスキンシール。どこが違う?

まず、カバーケース(ハードケースや、ソフトケース、手帳タイプのケースなど)とスキンシールはどういった所が違うのか、メリットとデメリットを挙げて違いをご説明します。

カバーケースのメリット・デメリット

カバーケースのメリットとしては、まず、取り付けやすい点が挙げられます。特殊なケースを除いて、工具などを使わずに取り付けたり、取り外したりすることができます。また、ある程度の厚みがあるのもならば、落下の衝撃を和らげてくれるのも安心できる点です。

カバーケースのデメリットとしては、厚みがあるために、lighteningケーブルやイヤホン、クレードルといったものを差し込むための穴部分の大きさが、ケースによっては穴が小さいことによって、奥までさせない事があります。Apple純正のlighteningケーブルやイヤホンならば、挿せるように設計されていると思いますが、サードパーティーの製品だと使用出来ない場合があります。また、基本的に裏面と側面のみの保護で、表面はカバーできません。重くなってしまうのもマイナス点です。

スキンシールのメリット・デメリット

一方、スキンシールのメリットとして、iPhone全体を隙間無く覆う事ができますので、裏面だけでは無く、表面もキズや汚れの防止が可能です。また、厚みがほとんど無いため、iPhoneの端末のシルエットや重さを損なう事無く、カバーできるのが大きな利点です。iPhone6以降の機種は全体に丸みを帯びていますので、全面保護を売りにしている保護フィルムや、ガラスフィルムでも、iPhone表面に完全に密着する製品はなかなかありません。その点、スキンシールは丸みに沿ってぴったり貼れる点がすぐれています。

スキンシールのデメリットとしては、厚みが無い分、落下の衝撃に対してはそれほど有効ではありません。それから、スキンシールは一度貼ったら再利用できない点も不便な点です。

iPhone保護とデザイン性にすぐれたスキンシール

iPhoneのスキンシールを探す上で、「Gizmobies」の製品は外せません。Gizmobies(ギズモビーズ)は、ウレタン素材で出来たスキンシールが特徴の、アメリカ・ラスベガス発のシールブランド。デザイナー、キャラクター、映画などとのコラボレーションしたデザインで、現在も愛好者が増えている人気ブランドです。

ウレタン素材で出来ているため、他のシールよりは若干衝撃に強いのが特徴となります。ただし、側面用の保護シールは別途用意する必要がある点には注意が必要です。iPhone6用の側面用スキンシールはSIDE SKIN(iPhone6)などから購入できます。

ZJ-0088-IP06_3

出典:HARAJUKUCHAOS(ハラジュクケイオス)×Gizmobies/ESTHER KIM【iPhone6/6s専用Gizmobies】

Gizmobiesではハイセンスのデザインがたくさんあり、スキンシールの購入で迷ったらこちらのブランドから探すのがオススメです(このブランドからお気に入りを探すのも迷ってしまいますが……)。

壁紙と合わせて、iPhoneを徹底スキンシール保護

スキンシールは、表面にも貼れる特徴がありますので、スキンシールのデザインに合わせて壁紙を設定することで完全なデザインの一体感が得られます。

409

出典:synchroskin-商品名:シンクロスキン:409|Monochromeセットアップ∞Lab

synchroskinでは、スキンシールのデザインに合わせて、壁紙のダウンロードも可能です。また、オリジナルのデザイン、写真などからも壁紙とセットのスキンシールの作成もできます。このように、iPhone全面のトータルコーディネートをお手頃な価格で行えますので、一度試してみてはいかがでしょうか? ただし、側面用のスキンシールは別途用意する必要がありますので、先ほど紹介したGizmobiesのSIDE SKIN(iPhone6)をセットで用意するといいでしょう。

ちなみに壁紙のダウンロードは、先ほどご紹介したGizmobiesでも、スキンシールと同じデザインのものをダウンロードできます。その他にもスキンシール販売サイトでは、壁紙とセットで販売しているところもいくつかありますので、こういったところから購入するとよいでしょう。

スキンシールの弱点を知って使用しましょう

スキンシールはデザイン性にもすぐれ、全面のキズから保護してくれる便利なものですが、液晶画面の保護には工夫が必要となります。液晶画面の保護には、様々なiPhone用保護フィルムが販売されていますが、それらは、液晶画面だけでは無く、端末表面全てをカバーするもののため、スキンシールの表面シールを貼ってしまうと、それらの製品が使えません。

そのため、一部のスキンシールメーカーでは、液晶部分の保護のために、表面の保護フィルムの上からスキンシールを貼ることを推奨していますが、スキンシールがはがれたり、ずれたりすることがあるので注意が必要です。これを避けるためには、液晶保護フィルムを、液晶画面のみに正確にカットして貼り付けた上で、スキンシールを使用する事が必要となりますので、なかなか手軽には行えません。

GizmobiesではiPhoneの液晶画面部分のみの保護用に、専用のScreenProtectorを販売していますので、こちらだとそのままスキンシールに使えて便利ですが、液晶保護フィルムの選択の幅が無くなるのは惜しいところです。

41M-TBFTZZL._SY355_

出典:Amazon

また、スキンシールはケースカバーと異なり、落下の衝撃に対しては強くありません。あくまでの、キズや汚れからの保護を目的としてお使い下さい。ただし、スキンシールはその薄さのため、シールを貼り付けた端末ごとクリアケースに入れて保護することもできますので、落下の衝撃からも本体を守りたい場合は併用するといいでしょう。その場合、せっかくのスキンシールの薄さの利点が無くなってしまうのは残念ですね。

膨大なデザイン数が魅力のスキンシールでiPhone保護を

スキンシールは、国内外で販売されているデザイン数は20万種類を超えるとも言われています。これだけ、種類があるとどのデザインがいいのか迷ってしまいますが、必ずこれはと思えるお気に入りのデザインに巡りあえる確率もグッとアップするとも言えるでしょう。厳選したデザインのスキンシールを活用し、カバーケースにはない、「薄さ・軽さ」でお気に入りのiPhoneを保護してみてはいかかでしょうか? 本記事でスキンシールを活用する機会が増えれば幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です