Home / iPhone / これで完璧!データを安全に移行してiPhoneに機種変更しよう

これで完璧!データを安全に移行してiPhoneに機種変更しよう

Pocket

新しいiPhoneや、iPhoneに機種変更した時にすべきことは、古い機種からデータを移す作業です。iPhoneを初めて購入した方や、Androidを使用していたユーザーには、iPhoneにどのようにデータを移せばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

他の機種を使ってきた人からすると、データ移行に関しても少しばかり癖のあるiPhoneですが、基本はシンプルなので、方法さえ理解してしまえば、誰でも簡単にiPhoneを使うことがでします。

今回は、新しいiPhoneにデータを移す方法をご紹介したいと思います。

新しいiPhoneに機種変更をする前に

iPhoneにデータを移す準備

iPhone_earphone

まず、古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行するためには、古い方のiPhoneのデータをiCloud・iTunesでバックアップすることから始めなくてはいけません。

iPhoneでバックアップすることができるデータは以下の通りです。

  • アプリ・曲・映画・ブックの購入履歴
  • 写真・ビデオ(iCloudフォトライブラリが無効の場合)
  • デバイスの設定
  • アプリのデータ
  • ホーム画面の配置
  • SMS・MMS・iMessage
  • 着信音
  • ビジュアルボイスメールのパスワード
  • 動作状態のデータ
  • ホームキットの構成

 

iPhoneのバックアップを取得する方法

次に、iPhoneのバックアップを取る方法ですが方法は二つあります。

まず一つ目は、iCloudでバックアップを取る方法です。これは、「Wi-Fi」に繋がっていれば「Apple ID」を入力して認証するだけでいつでもバックアップをクラウド上に保存ができるので、非常に便利です。

しかし、iCloudに保存できる容量には制限があるため、現在の容量と空き容量をしっかりとチェックしておくことが必要です。

次に、パソコンにUSBケーブルで接続し、iTunesでバックアップをとる方法です。この方法は、時間や手間はかかりますが、iPhoneの中に入っているすべてのデータをバックアップすることができるので、パソコンを所持している方はこちらの方をおすすめします。

iCloudを利用する場合

iCloudでバックアップを取得する方法

  1. ではまず、iPhoneの設定アプリを開きましょう。設定アプリを開いたら、次に「iCloud」をタップします。
  2. サインインを求められるので、普段使用している「Apple ID」を入力して、サインインをします。まだ「Apple ID」をお持ちでない方は、「Apple IDを新規作成」をタップし、「Apple ID」を作成してください。
  3. サインインをしたら、次は「バックアップ」の項目が「オン」になっていることを確認しましょう。もし、ここがオフの場合は「オン」にしておいてください。「iCloudバックアップ」が「オン」になっていること、iPhoneがWi-Fiに接続されているか確認をした上で「今すぐバックアップを作成」をタップします。

後は、バックアップの作成が終わるのを待てばOKです。 また、バックアップの作成が修了すると、「今すぐバックアップを作成」の日時がバックアップを取得した日付時間に変更されます。

万が一、iCloudバックアップを実行中に「iCloudの容量が足らずバックアップができませんでした。」といった警告が表示されたときは、有料のバックアップ容量を購入して増やすか、iCloudに保存されている不要なデータを削除してみましょう。iCloudの容量はすぐいっぱいになってしまうので、注意が必要です。

また、バックアップする対象を吟味し、重要なデータだけを保存するのも一つの方法です。

  1. 対象データを選択する方法は、設定アプリを開き「iCloud」をタップ。
  2. 「容量」をタップしたあと、「ストレージを管理」をタップ
  3. 「バックアップ」にある「このiPhone」を選択すればOKです。ここでバックアップをしたいアプリを選択します。

iCloudからデータを移す場合

まず、新しく購入したiPhoneの電源をオンにし、古いスマートフォンからデータを移行します。新しいiPhoneの初期設定を進めていく途中で「Appとデータ」という項目が現れます。

ここで、バックアップからデータを復元しましょう。

  1. iCloudでバックアップをした場合には、項目中の「iCloudバックアップから復元」を選択します。
  2. ここで、古いiPhoneのApple IDとパスワードを入力しサインインしましょう。

データを移したい日時のバックアップを選択すれば完了となり、いたってシンプルです。アプリや曲などは、iTunesから同期をする必要があるので、そこだけ注意しましょう。

iTuenesを利用する場合

iTunesでバックアップを取得する方法

computer

次に、iTunesでバックアップを取得する方法です。

まずは、iPhoneとパソコンを充電するケーブル(Lightningケーブル)で接続します。初期設定になっているのならば、iPhoneとパソコンを接続した時点でiTunesが自動的に起動します。もし起動しなかった場合は、iTunesを手動で起動させます。以下、バックアップ取得の手順です。

  1. iTunesが起動したら、ウィンドウ左上にあるiPhoneのアイコンをクリックします。

次に、ウィンドウ左にある「概要」をクリックし、下にスクロールをしてバックアップ欄にある「このコンピュータ」を選択します。これで、次回からこの方法で同期をすると自動でiTunesがバックアップをしてくれるシステムになっています。

次に、右側にある「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まり、ウィンドウの上に進行状況のバーが表示されます。青いゲージが右側まで達したら、バックアップは完了となります。

iPhoneのバックアップを暗号化

「暗号化」というと、難しく考えてしまうかもしれませんが、iPhoneのバックアップを暗号化しておくと、データが軽くなり保存できるデータが増えるのでオススメです。暗号化によって保存できるデータとは以下のものです。

・ iPhoneに記憶させたパスワード

・ Wi-Fiの設定情報

・ウェブサイトの履歴

・ヘルスケアに関するデータ

またこれらをバックアップを暗号化する方法は至って簡単です。バックアップをする前に「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れるだけのシンプルなやり方です。

しかし、いくらシンプルだと言っても、注意点があります。

暗号化をするにあたり、パスワードを設定しますがこれを絶対忘れないようにすることです。このパスワードを忘れてしまうと、バックアップからiPhoneにデータを復元できなくなってしまいますので非常に困ります。絶対に忘れないように管理しておきましょう。

アプリのデータを引き継ぐ際の注意

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です