Home / Apple / iPhone / iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法

iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法

Pocket

homeoffice_coffee

今回は、iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法について紹介していきます。

「iPhoneにあるお気に入りの画像をパソコンの方に送りたい」「iPhoneでもパソコンでも同じ画像を見れるようにしたい」iPhoneの画像をパソコンへ転送・共有するためにはいろいろな方法があります。

今回は、これらの方法について紹介していきますので、ご興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法

USBケーブルを使って転送する方法

iPhoneとパソコンをUSBケーブルを使って接続します。接続したらパソコン内にあるコンピュータ画面を開きます。

コンピュータを開くとiPhoneの項目がありますので、この項目で右クリックをし【画像とビデオのインポート】を選択します。次の画面で【インポートする項目を確認、整理、グループ化する】を選択し、次へを選択します。

そして、転送したい画像にチェックを付けていき、インポートを選択すれば、選択した画像をiPhoneからパソコンへ転送します。

もしくは、デバイスにある〜iPhoneを選択するとファイルが表示されますので、ファイルを開き希望の画像をコピペするかドラッグ&ドロップで転送します。

iTunesを利用して転送する方法

まず、パソコンでiTunesを起動させます。そして、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し、iTunesの画面の右上にiPhoneの表示がされますので、選択し同期設定画面を表示します。

そして、上部のメニューバーから写真を選択し、写真の共有元にチェックを入れ、次に選択したフォルダーか、すべてのフォルダーを選びます。

そして希望のものにチェックを入れて適用をクリックすると、iPhoneとiTunesの同期が開始され画像が転送されます。同期が完了すると、iPhoneとiTunesの接続を解除したら終了です。

iCloudで転送する方法

iCloudのフォトストリームを利用すれば、Wi-Fiネットワークに接続している状態であれば、自動的にiPhoneの画像をパソコンに転送することができます。まず、iPhoneのiCloudをオンにします。

iCloudをオンにするためには、ホーム画面にて設定アプリを開きます。次に、iCloudを選択します。そして写真を選択し、次の画面で【自分のフォトストリーム】をオンにします。

こうすることで、Wi-Fiネットワークに接続しているときに、自動で画像が転送されるようになります。

また、パソコンのiCloudがオンになっていないと画像が転送されませんので、iPhoneのiCloud設定をオンにした後に、パソコンのiCloud設定をオンにします。

使っているパソコンがMacの場合は、システム環境設定を開き、iCloudを選択します。iCloudを選択すると、写真やメール、連絡先やカレンダー、リマインダーなど多くの項目がっ表示されますので、写真にチェックを付けるようにしましょう。

使っているパソコンがWindowsの場合は、iCloudコントロールパネルを開き右上の表示方法を大きいアイコンにして、iCloudのアイコンが表示されますので、iCloudを開きます。

iCloudを開くと様々な項目が表示されますので、写真にチェックを入れることで、パソコンのiCloud側の写真がオン設定になります。

もしiCloudがインストールされていない場合は、Appleのホームページ内からiCloudコントロールパネルをダウンロードし、インストールします。

iPhoneからパソコンへ画像を転送する場合は、特に難しい操作などは必要ありません。Wi-Fiネットワークに接続している状態で自動で画像が転送されていきます。

iPhoneからパソコンへ転送された画像はパソコンのマイコンピュータの中から確認することができます

他のクラウドストレージを使って転送する方法はこちらから

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone7に対応!楽に改札が通れるFeliCaの特徴と使い方

Apple公式ホームページ上、 …

Facebookでのご購読が便利です