iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法

LINEで送る
Pocket

手帳

今回は、iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法について紹介していきます。

「iPhoneにあるお気に入りの画像をパソコンの方に送りたい」「iPhoneでもパソコンでも同じ画像を見れるようにしたい」iPhoneの画像をパソコンへ転送・共有するためにはいろいろな方法があります。

今回は、これらの方法について紹介していきますので、ご興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法

USBケーブルを使って転送する方法

iPhoneとパソコンをUSBケーブルを使って接続します。接続したらパソコン内にあるコンピュータ画面を開きます。

コンピュータを開くとiPhoneの項目がありますので、この項目で右クリックをし【画像とビデオのインポート】を選択します。次の画面で【インポートする項目を確認、整理、グループ化する】を選択し、次へを選択します。

そして、転送したい画像にチェックを付けていき、インポートを選択すれば、選択した画像をiPhoneからパソコンへ転送します。

もしくは、デバイスにある〜iPhoneを選択するとファイルが表示されますので、ファイルを開き希望の画像をコピペするかドラッグ&ドロップで転送します。

iTunesを利用して転送する方法

まず、パソコンでiTunesを起動させます。そして、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し、iTunesの画面の右上にiPhoneの表示がされますので、選択し同期設定画面を表示します。

そして、上部のメニューバーから写真を選択し、写真の共有元にチェックを入れ、次に選択したフォルダーか、すべてのフォルダーを選びます。

そして希望のものにチェックを入れて適用をクリックすると、iPhoneとiTunesの同期が開始され画像が転送されます。同期が完了すると、iPhoneとiTunesの接続を解除したら終了です。

iCloudで転送する方法

iCloudのフォトストリームを利用すれば、Wi-Fiネットワークに接続している状態であれば、自動的にiPhoneの画像をパソコンに転送することができます。まず、iPhoneのiCloudをオンにします。

iCloudをオンにするためには、ホーム画面にて設定アプリを開きます。次に、iCloudを選択します。そして写真を選択し、次の画面で【自分のフォトストリーム】をオンにします。

こうすることで、Wi-Fiネットワークに接続しているときに、自動で画像が転送されるようになります。

また、パソコンのiCloudがオンになっていないと画像が転送されませんので、iPhoneのiCloud設定をオンにした後に、パソコンのiCloud設定をオンにします。

使っているパソコンがMacの場合は、システム環境設定を開き、iCloudを選択します。iCloudを選択すると、写真やメール、連絡先やカレンダー、リマインダーなど多くの項目がっ表示されますので、写真にチェックを付けるようにしましょう。

使っているパソコンがWindowsの場合は、iCloudコントロールパネルを開き右上の表示方法を大きいアイコンにして、iCloudのアイコンが表示されますので、iCloudを開きます。

iCloudを開くと様々な項目が表示されますので、写真にチェックを入れることで、パソコンのiCloud側の写真がオン設定になります。

もしiCloudがインストールされていない場合は、Appleのホームページ内からiCloudコントロールパネルをダウンロードし、インストールします。

iPhoneからパソコンへ画像を転送する場合は、特に難しい操作などは必要ありません。Wi-Fiネットワークに接続している状態で自動で画像が転送されていきます。

iPhoneからパソコンへ転送された画像はパソコンのマイコンピュータの中から確認することができます

他のクラウドストレージを使って転送する方法

iCloud以外のクラウドストレージを使ってiPhoneの画像をパソコンに転送する方法もあります。

DropboxやGoogleドライブなど無料のクラウドストレージを使うことで簡単に画像転送・同期することができます。

方法は簡単で、iPhoneにDropboxやGoogleドライブアプリほインストールします。そして、次にアカウントを作成します。その後に、パソコンでもDropboxかGoogleドライブへ同じアカウントで入ります。

あとは、iPhoneのクラウドストレージアプリに転送したい画像を入れるだけで、パソコンからも簡単に確認することができるようになります。

クラウドストレージで転送・同期する場合は、Wi-Fiネットワークに接続している状況でないとできませんので、Wi-Fiネットワークへの接続ができる環境であれば簡単に画像を転送することができます。

LINEなどのメッセンジャーアプリを使う方法

この方法は簡単ですが、パソコン側でもLINEなどのメッセンジャーアプリをインストールしておく必要があります。

LINEの場合だと、iPhone側とパソコン側を同じグループにし、あとiPhoneから転送したい画像を送ることもできれば、アルバム表示させるだけです。

これだけで、パソコン側からは、通常のLINEと一緒で画像が送られてきたり、アルバムに追加された画像をワンタッチで保存することができます。

ネットさえ使える環境であれば、Wi-Fiネットワークでなくても簡単に画像転送することができます。

通常のメール添付で転送する方法

iPhoneのメールに転送したい画像を添付し、自分宛にGmailなど使っている方は1番やりやすい方法かもしれません。

iPhoneもパソコンも同じメールにアクセスできるのが条件です。これにより、iPhoneから自分宛にメールを送り、パソコンから受信メールを開けば転送した画像が添付しており、すぐに保存することができます。

Windows用iCloudの設定方法

まずは、AppleのホームページよりWindows用iCloudをダウンロードします。自動的にインストールされない場合は、ファイルエクスプローラーでiCloudSetupを開きます。

次にコンピュータを再起動させます。Windows用iCloudが開いていることを確認し、自動的に開かない場合は、スタートに移動してWindows用iCloudを開きます。

そして、AppleIDを入力してiCloudにサインインします。そして、同期したい機能やコンテンツを選択したら設定完了です。

Windows用iCloudDriveのファイルを表示する方法

Windows用iCloudでiCloudDriveをオンにすると、ファイルエクスプローラーにiCloudDriveのフォルダが作成されます。

これで、iCloudに保存したデータなどは、ファイルエクスプローラーにあるiCloudDriveのフォルダに全てダウンロードされるようになります。

また、Windowsパソコンで作成したデータをこのiCloudDriveフォルダに保存すると、他のデバイスから確認することもできるようになります。

まとめ

今回、iPhoneからパソコンへ画像転送をする方法について紹介いたしました。今は、Wi-Fi環境さえあれば、すぐに転送・共有ができるようになっています。

自分のやりやすい方法で画像転送をおこなうようにしていきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です