iPhoneがフリーズした時の対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneが搭載するiOSは非常に安定性のあるOSであり、App StoreからインストールするアプリケーションもAppleによって審査されています。したがって、操作不能になるような重大な不具合や、OS全体がフリーズするようなことは滅多に起こりません。

しかし、滅多に起こらないが故に、ある日突然フリーズしてしまったとき、どうすれば良いのかを忘れてしまうことがあります。

本稿ではiPhoneがフリーズした時の対処方法を説明します。

スポンサーリンク

特定のアプリケーションがフリーズした場合

ある特定のアプリケーションだけがフリーズして他は正常に動作している場合、フリーズしているアプリケーションの終了を試してみてください。

アプリケーションを終了させるには、ホームボタンをダブルクリックして最近使ったアプリケーションの一覧を表示し、当該アプリケーションを上スワイプします。

この操作はふだんから行うことは可能ですが、アプリケーションが不具合を起こした場合を除き、ユーザが能動的にアプリケーションを終了させる必要は通常はありません。

iPhoneのアプリケーションは前面に出ているもののみが動作し、他のたいていのアプリケーションは休止状態になります。休止状態のアプリケーションはメモリ上に格納されており、CPUは使用しません。また、メモリが必要になった場合は、OSが自動的に休止状態のアプリケーションを終了させメモリを確保します。ユーザが能動的にアプリケーションを終了させる必要はありません。

iPhone全体がフリーズした場合

アプリケーション単体ではなく、iPhone全体がフリーズして何も操作を受け付けなくなった場合は、iPhone本体を強制的に再起動をさせる必要があります。

iPhoneを強制再起動させるには、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に、Appleロゴマークが表示されるまで押し続けてください。

スリープ/スリープ解除ボタンは、iPhone 5sまでは本体上部、iPhone 6以降は本体右側面にあります。ホームボタンはディスプレイ下にあります。

02-iphone5s

03-iphone6

(画像は https://manuals.info.apple.com/MANUALS/1000/MA1565/ja_JP/iphone_user_guide_j.pdf のページ9-10より引用。赤線の強調は引用者による)

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneがフリーズした時の対処方法を説明しました。

アプリケーションやiPhone全体がフリーズしたときは、本稿を参考にアプリケーションの終了、およびiPhoneの強制再起動を試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です