Home / Apple / iPhone / iPhoneがフリーズした時の対処方法

iPhoneがフリーズした時の対処方法

a693e86feec3fdd39da0e00da02096f0_s

しかし、上記を試しても効果がない、または自分では手に負えない、といった場合には、自分のiPhoneのキャリアであるショップに持っていって、指示を仰ぐことになります。

お店では症状のヒアリングが重要となりますので、いつごろから具合が悪くなったか、どうやっていたら具合が悪くなったか、どんな復旧方法を試したか、などメモ書きにしておくといいでしょう。

また、ショップでも対応できない場合はいよいよ、アップルストアのエキスパートの技術に頼ることとなります。

原因

このようなiPhoneの不具合は、どうして起こるのでしょうか?その原因を挙げてみました。

・マルウェアの混入

「マルウエア」とは、コンピューターウイルスを混入させるような不正な動作をするプログラムの総称です。語源は英語の、malicious(悪意のある・意地が悪い)でコンピューターウイルスとして有名なトロイの木馬やワームもこれに当たります。

iPhoneがウイルスに感染するのは、PCにUSBで接続したときにPCを通じて感染するか、アプリで感染することが確認されています。PCにはウィルス除去などのソフトウエアがありますが、iPhoneにはそのようなアプリなどはありません。

そのためiPhoneの製造元であるAppleは、アプリの供給場所をAppStoreのみとし、審査にも人の手を使っていますので、ウイルスを含んだアプリなどを流通させることは困難となっていますが、iPhoneを改造し「脱獄」などの方法でどんなアプリでもインストールできる状態にしたiPhoneや、巧妙な手口でウィルスを隠したアプリでAppleの審査を通過させたものもないとは言い切れません。

そのため、今のところは自己防衛で、信用がおけるアプリしかインストールしないという方法しかウイルスに感染しない方法はないと言えます。

・ハードウェアの故障

iPhoneがフリーズする原因には純粋に「ハードウェアの故障」があります。滅多にないことですが、初期不良という場合もあります。その場合は使っているうちに早い段階で不具合が出てきますので、すみやかにショップやAppleストアなどに相談しましょう。

保証の期間内であれば、無料で治すことができます。

・アプリの複数起動

iPhoneのフリーズにはアプリが原因の場合もあります。その場合はまず、原因と見られるアプリを複数回起動してみましょう。中にはそのアプリをいったん削除し、再インストールすることで治る場合もあります。こうした時のためにもバックアップはとても重要です。暇を見つけてまめにiPhoneのバックアップをするようにしましょう。

まとめ

b7a479f5a8434d1ad851c91e0e2b1ca8_s

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneがフリーズした時の対処方法を説明しました。

アプリケーションやiPhone全体がフリーズしたときは、本稿を参考にアプリケーションの終了、およびiPhoneの強制再起動を試してみてください。

1 2

Check Also

iPhone メール 検索

闇雲に探すのは時間の無駄!iPhoneでメール検索するコツ3つ

iPhoneで目的のメールを探 …