iPhoneの電池を少しでも長持ちさせるためのコツ

LINEで送る
Pocket

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

今回は、iPhoneの電池を少しでも長持ちさせるためのコツについて紹介いたします。iPhoneの電池を少しでも長く持たせるにはどのようなことをしたら良いのでしょうか?

ここでは、簡単にできるiPhoneの電池を長持ちさせる方法について解説しています。ちょっとしたことの積み重ねで電池の持ち時間が大きく変わりますので、電池が早く減ってしまい困っている方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneの電池を少しでも長持ちさせるためのコツ

画面の明るさを調節する

iPhoneの画面の明るさを調節することにより、電池を少しでも長持ちさせることができます。画面の明るさの調節方法は、画面の下から上へスワイプしてコントロールセンターを表示します。明るさをバーをスライドすることで調節できますので、明るくしすぎないようにしましょう。

もしくは、自動調節設定にします。自動調節の設定方法は、設定アイコンを開き、「画面表示と明るさ」を選択します。「明るさの自動調節」をオンに変更すれば、周りの明るさに合わせて自動で画面の明るさが変化します。これにより過度に画面が明るくなることがなくなり、電池を長持ちさせることができます。

Liveやダイナミックの壁紙は使用しない

iPhoneのロック画面やホーム画面でアニメーションを楽しむことができる、Live壁紙やダイナミック壁紙を使用しないことにより、電池を少しでも長持ちさせることができます。設定の変更方法は、設定アイコンを開き、「壁紙」を選択し、「壁紙を選択」をタップします。ダイナミックやLiveは避けて静止画の画像を選択するようにしましょう。

wi-fi機能をオフにする

wi-fi設定をオフにしておくことで、iPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。常にオン設定にしておくと、iPhoneを使っていない場合でもwi-fiネットワークを探し続けるので、電池の消耗が早くなります。wi-fi機能をオンにする場合は、iPhoneを使うときだけにしましょう。コントロールパネルからすぐにオン・オフの切り替えができますので、iPhoneを使用しないときはオフ設定、使用するときはオン設定に切り替えることで、電池を節約できます。

iCloud設定をオフにする

iCloud設定をオンにしておくと、定期的にバックアップが作成されますので、非常に便利なのですが、その分電池の減りが早まってしまいます。iCloudをオフ設定にすることで、電池を少しでも長持ちさせることができます。iCloudの設定変更方法は、設定アイコンを開き、iCloudを開きます。

iCloudの一覧が表示されますので、定期的なバックアップ作成が不要なものに関しては、オフ設定にしましょう。バックアップを作成したいときは、オン設定にして「今すぐバックアップを作成」を選べば、すぐにバックアップができます。

AirDrop機能をオフにする

iPhone同士で、連絡先や写真、データなどを送受信することができるAirDrop機能があり、オン設定にしていることで、電池の減りが早まってしまいます。AirDrop機能を使用しない場合は、オフ設定にすることで電池を少しでも長持ちさせることができます。設定変更をする場合は、コントロールパネルを表示し、「AirDrop」をタップしてオン・オフを切り替えることができます。

メール受信設定をフェッチに切り替える

iPhoneのメール受信方法は、リアルタイムに受信する「プッシュ」と、自分で調節できる「フェッチ」とあります。「プッシュ」は、常にサーバーに問合せをし、メールがサーバーに受信次第、iPhoneでも受け取れます。「フェッチ」はサーバーへの問合せ時間を「15分」や「30分」「手動」など、自分で決めることができます。リアルタイムにメールを受信することはできないですが、その分、電池の消耗を抑えることができ、長持ちさせることができます。

位置情報サービスをオフ設定にする

各アプリの位置情報サービスをすべてオン設定にしておくと、常にバックグラウンドで動いている状態となり、電池の消耗が早くなってしまいます。不要なアプリについては位置情報サービスをオフ設定にすることで、電池を長持ちさせることができます。位置情報サービスの設定を変更する場合は、設定アイコンを開き、プライバシーの「位置情報サービス」を開きます。

「位置情報サービス」画面で設定をオフに切り替えると、すべての位置情報サービスをオフにすることができます。アプリによって変更したい場合は、「位置情報サービス」はオン設定のまま、各アプリの設定を変更します。「使用中のみ」は、アプリを使用しているときだけ、位置情報サービス設定がオンになります。

「常に許可」は、アプリを使用していないときも、位置情報サービスがオン状態になります。「許可しない」は、アプリ使用しているときも位置情報サービスはオフ設定です。極力、「使用中のみ」もしくは「許可しない」にし、電池を長持ちさせるようにしましょう。

診断/使用状況設定を送信しない

iPhoneは定期的にAppleにiPhoneの使用状況データが送られるようになっています。この設定をオフ(送信しない)にすることで、iPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。「診断/使用状況」の設定を変更するには、設定アイコンを開き、プライバシーを開きます。「診断/使用状況」をタップして、「送信しない」にチェックを入れると、設定変更完了です。

通知サービスをオフ設定にする

iPhoneには、さまざまななアプリなどの更新情報などがお知らせされる通知機能があります。通知機能が多くなるほど、電池の減りが早くなってしまいますので、オフ設定にすることで、電池を長持ちさせることができます。通知設定の変更方法は、設定アイコンを開き、「通知」を選択します。アプリ一覧が表示されますので、アプリごとに通知設定を変更することができます。通知が不要なアプリに関しては、オフに切り替えていきましょう。

アプリのバックグラウンド更新をオフ設定にする

アプリは使っていないときもバックグラウンドで更新されたり、動いていたりするので、電池が消耗されます。バックグラウンド更新をオフ設定にすることで、iPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。アプリのバックグラウンドの設定を変更する方法は、設定アイコンから一般を開き、「Appのバックグラウンド更新」を開きます。

すべてのバックグラウンド更新をオフにする場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。アプリごとに変更する場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオンにしたままで、アプリごとにオフにしていきます。

視差効果を減らすをオン設定にする

iPhoneのアニメーションなどを減らすことで、電池を長持ちさせることができます。設定変更方法は、設定アイコンを開き、一般を選択します。アクセシビリティをタップし、「視差効果を減らす」をオンにすると、アニメーションを減らすことができ、電池を長持ちさせることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単な方法でiPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。普段、電池の減りで困っている方は、ぜひ1度試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です