Home / Apple / iPhone / iPhoneの電池を少しでも長持ちさせるためのコツ

iPhoneの電池を少しでも長持ちさせるためのコツ

各アプリの位置情報サービスをすべてオン設定にしておくと、常にバックグラウンドで動いている状態となり、電池の消耗が早くなってしまいます。不要なアプリについては位置情報サービスをオフ設定にすることで、電池を長持ちさせることができます。位置情報サービスの設定を変更する場合は、設定アイコンを開き、プライバシーの「位置情報サービス」を開きます。

「位置情報サービス」画面で設定をオフに切り替えると、すべての位置情報サービスをオフにすることができます。アプリによって変更したい場合は、「位置情報サービス」はオン設定のまま、各アプリの設定を変更します。「使用中のみ」は、アプリを使用しているときだけ、位置情報サービス設定がオンになります。

「常に許可」は、アプリを使用していないときも、位置情報サービスがオン状態になります。「許可しない」は、アプリ使用しているときも位置情報サービスはオフ設定です。極力、「使用中のみ」もしくは「許可しない」にし、電池を長持ちさせるようにしましょう。

診断/使用状況設定を送信しない

iPhoneは定期的にAppleにiPhoneの使用状況データが送られるようになっています。この設定をオフ(送信しない)にすることで、iPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。「診断/使用状況」の設定を変更するには、設定アイコンを開き、プライバシーを開きます。「診断/使用状況」をタップして、「送信しない」にチェックを入れると、設定変更完了です。

通知サービスをオフ設定にする

iPhoneには、さまざまななアプリなどの更新情報などがお知らせされる通知機能があります。通知機能が多くなるほど、電池の減りが早くなってしまいますので、オフ設定にすることで、電池を長持ちさせることができます。通知設定の変更方法は、設定アイコンを開き、「通知」を選択します。アプリ一覧が表示されますので、アプリごとに通知設定を変更することができます。通知が不要なアプリに関しては、オフに切り替えていきましょう。

アプリのバックグラウンド更新をオフ設定にする

アプリは使っていないときもバックグラウンドで更新されたり、動いていたりするので、電池が消耗されます。バックグラウンド更新をオフ設定にすることで、iPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。アプリのバックグラウンドの設定を変更する方法は、設定アイコンから一般を開き、「Appのバックグラウンド更新」を開きます。

すべてのバックグラウンド更新をオフにする場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。アプリごとに変更する場合は、「Appのバックグラウンド更新」をオンにしたままで、アプリごとにオフにしていきます。

視差効果を減らすをオン設定にする

iPhoneのアニメーションなどを減らすことで、電池を長持ちさせることができます。設定変更方法は、設定アイコンを開き、一般を選択します。アクセシビリティをタップし、「視差効果を減らす」をオンにすると、アニメーションを減らすことができ、電池を長持ちさせることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?簡単な方法でiPhoneの電池を少しでも長持ちさせることができます。普段、電池の減りで困っている方は、ぜひ1度試してみてください!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneでアプリのアイコンを変更する方法

iPhoneでアプリのアイコンを変更する方法

iPhoneではアプリのアイコ …

Facebookでのご購読が便利です。