Home / iPhone / iPhoneのカバーでおしゃれを楽しもう!カバーの特徴

iPhoneのカバーでおしゃれを楽しもう!カバーの特徴

Pocket

1.jpg
iPhoneと言えば、魅力の一つにカバーの豊富さがありますよね。カバーだけでも大きく分けてハードケースとソフトケース、それにバンパーと最近人気の手帳型の4種類あります。そこから更にさまざまなデザインのがあります。

iPhoneのカバーのデザインも、オシャレを楽しむのには大切なポイントですよね!今日はそんなiPhoneの人気カバーの種類についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大きく分けて4種類のケース

2.jpg
皆さんは今、どのタイプのiPhoneカバーを使用していますか?ハードケースもソフトケースも、どれもデザインの良いカバーばかりですよね。

最近は手帳型の種類も増えており、今や一番種類が多いのではないでしょうか?個人的には、バンパーのシャープさもオシャレだと思います。

今日はそんなカバーの種類や特徴についてご紹介したいと思います。

ハードカバータイプ

一般的に広く普及しているカバーですので、デザインが豊富でさまざまな機種にピッタシのサイズが探しやすいのが特徴ですよね。

プリントされたデザインも綺麗に発色されますので、ハードカバーを愛用している人も多いかと思います。

他にも、自作でオリジナルケースを作るのもハードケースの方が簡単に制作することができます。気になる点といえば、熱がこもりやすいので、バッテリーの寿命を縮めてしまうかもしれません。

他にも耐久性が低いので、表面には保護フィルムを貼っておくことをオススメします。

ソフトカバータイプ

ソフトカバータイプは、柔らかいのに丈夫でシリコンケースとはまた違います。ハードカバーと同じく、多くの方が使用していると思います。

ソフトケースの特徴として、ゴムみたいな手触りですので、比較的滑りにくいという特徴があります。ハードカバーはツルツルしたのが多いので、iPhoneを良く落としてしまう人は、ソフトケースをオススメします。

注意したい点が、ソフトカバーの多くは合成樹脂のTPUという素材を使っています。このTPU素材は熱に特に弱い素材ですので、気温が高いとカバーが変形してしまったり、長時間紫外線に当たると黄ばんでしまいますので注意が必要です。

バンパーカバータイプ

個人的にオススメのバンパーカバーですが、バンパーの良いところはiPhoneを覆わないので、本体デザインを損なわないでオシャレになれます。

保護性はカバーに比べれば低くなりますが、側面の保護はしっかりできますし、背面と画面は地面や机から浮いた状態になるので、デコボコな場所ではない限り十分な保護性はあります。

なにより背面を覆ってないので、長時間iPhoneを使用していても熱がこもりにくく、バッテリーの消費や寿命が気になる人にはオススメです。

気をつけなければいけないのが、バンパーの仕様によってはサイドボタンが使いづらくなるデザインもあることです。最悪の場合使えないなんてこともありますので、選ぶ際は自分のiPhoneが対応されているかをしっかりとチェックしましょう。

手帳・ブックカバータイプ

今や一番人気といっても過言ではない手帳・ブックカバータイプですが、このタイプの良いところは背面だけではなく前面までしっかりと覆うことができるとこですね。

機能的にも、前面カバー部分にカードホルダーやマネークリップが付いたのもありますし、スタンドとしても使えたりするのもあります。このカバーでさまざまな便利機能が付いているのが嬉しいですね。

良いことだらけの手帳型ですが、やはり気になる部分はあります。薄型や軽量のメリットが無くなってしまうといった問題もあります。他には、通話の時に前面カバーが邪魔なことが多いです。

メリットが多い分、デメリットも多い手帳型ですがオシャレな事は間違いなしです!

バンパーカバータイプ

いかがでしたでしょうか?他にもハードカバーとバンパーを合わせたような、耐久性が上がったハイブリッドタイプや、シリコンカバーもあります。

その時の自分の気分や、服装に合わせたiPhoneカバーを選ぶことがオシャレへの近道だと思います。皆さんも、色々なiPhoneカバーを試してみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

0e79d2f735c75500b69e7c29d8ec5f70_s

iPhoneの画面が録画できる!iOS11の便利な新機能「画面収録」をご紹介

iOS11から「画面収録」機能 …

Facebookでのご購読が便利です