Home / iPhone / iPhoneアプリが待機中になってしまった場合の対処方法

iPhoneアプリが待機中になってしまった場合の対処方法

Pocket

iPhone

今回は、iPhoneアプリが待機中になってしまった場合の対処方法についてです。アプリをインストールしている際やアップデートしている際に、アプリが待機中という表記になり、止まってしまうケースがあります。待機中になってしまうとアプリを開くこともできず、困惑してしまいます。今回は、アプリが待機中という状態になった場合に行う対処法について次の項目を紹介します。

「再ダウンロードしてみましょう」
「機内モードをオン・オフしてみましょう」
「Wi-Fi設定をオン・オフしてみましょう」
「設定から削除してみましょう」
「App Storeからサインアウト・サインインをしてみましょう」
「App StoreのAppleIDを確認してみましょう」
「アプリケーションのリセットをしてみましょう」
「iPhone端末をリセットしてみましょう」
「iPhone端末を再起動してみましょう」
「アプリの不具合がないかを確認してみましょう」
「ひたすら待ってみましょう」
「アップルサポートセンターへ聞いてみましょう」

アプリが待機中になったことがない人も、いきなり起こったりする現象ですので、対処方法を1つでも2つでも覚えておき、困らないようにしておきましょう。ご興味がある方もぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneアプリが待機中になってしまった場合の対処方法

それぞれ項目に分けて対処方法を紹介します。

再ダウンロードしてみましょう

アプリが待機中で一切動かなくなった時、App Storeで待機中のアプリのダウンロードボタンが、雲ボタンになっている場合は、タップして再ダウンロードをします。再ダウンロードをすることで、待機中の状態が解消される可能性があります。雲のマークではなく【インストール中】と表示されている場合は、再ダウンロードすることはできませんので、別の方法を試します。

機内モードをオン・オフしてみましょう

何らかの電波障害などが原因の可能性もありますので、ホーム画面で下から上にスワイプし、コントロールセンターを表示させ、飛行機マークをタップし機内モードをオンにしてみましょう。オンにしたあと、数十秒待ってから、機内モードをオフに戻します。何らかの電波の問題で、待機中の状態になっていた場合は、機内モードのオン・オフをすることで状態が解消される可能性があります。

Wi-Fi設定をオン・オフしてみましょう

Wi-Fiの調子がアプリのダウンロードに関係している可能性もありますので、ホーム画面で下から上にスワイプし、コントロールセンターを表示させ、Wi-Fiマークをタップし、Wi-Fi設定をオン・オフ切り替えてみましょう。何らかの電波の問題で、待機中の状態になっていた場合は、Wi-Fi設定のオン・オフをすることで状態が解消される可能性があります。アプリの待機中以外にも、通信速度が遅い時などにWi-Fi設定オン・オフを行うと通信速度が戻ったりする場合があります。

設定から削除してみましょう

アプリが待機中の状態だと、アプリを長押ししても削除マーク(☓)が表示されないため、削除することができません。その場合は、設定から削除することができます。【設定】を開き、【一般】→【使用状況】へと進みます。【ストレージ】にあるストレージ管理をタップし、該当アプリを選択すると、Appを削除という項目がありますので、タップするとアプリが削除されます。削除した後に、再度、App Storeから該当アプリをインストールし直すことで、待機中にならず、スムーズにダウンロードすることができる場合があります。

App Storeからサインアウト・サインインをしてみましょう

アカウント関連で何か問題があり、アプリが待機中の状態になっている可能性もありますので、1度、App Storeからサインアウトして、再度サインインをしてみます。サインアウトする場合は、App Storeを開き、1番左の【オススメ】を開きます。そして、1番下までスクロールすると、自身のAppleIDが表示されていますので、AppleIDをタップしてサインアウトを選択すればApp Storeからサインアウトすることができます。

App StoreのAppleIDを確認してみましょう

iPhoneの使い方などによって、稀にあるのが、アプリをインストールしたときのAppleIDでログインしていない場合は、アップデートしようとすると、アプリが待機中の状態になったりします。アプリをインストールした際のAppleIDとログインしているAppleIDが同じかどうかを、確認しましょう。確認の仕方は、App Storeを開き、1番左の【オススメ】を開きます。そして、1番下までスクロールすると、AppleIDが表示されていますので、そこで確認することができます。

アプリケーションのリセットをしてみましょう

アプリケーションのリセットとは、アプリの動作がおかしい場合などに行う対処方法になります。iPhone端末上部の電源ボタンを長押しすると、【スライドで電源オフ】というメッセージが画面に表示されます。メッセージが表示されたら、スライドはせずに、ホームボタンを長押しします。以上で、アプリケーションのリセットは完了です。アプリケーションのリセットにより、アプリの待機中の状態が解消される可能性があります。

iPhone端末をリセットしてみましょう

iPhone端末をリセットすることで、アプリの待機中の状態が解消される可能性があります。電源ボタンとホームボタンを長押しし、アップルのりんごマークが表示されたら、両方のボタンの長押しをやめます。以上でiPhoneのリセット完了です。

iPhone端末を再起動してみましょう

iPhone端末の再起動をすることで、アプリ待機中の状態が解消される可能性があります。やり方は簡単で、電源ボタンを長押し、メッセージが表示されたらスライドするだけです。電源がオフになったら、スリープボタンを長押しすることで、起動します。

アプリの不具合がないかを確認してみましょう

iPhone端末や電波などではなく、単にアプリ側の不具合が原因で、うまくダウンロードできなく待機中の状態になっている可能性もあります。この場合は新しいバージョンが公開されるまで解決方法がありません。App Storeから該当アプリを検索して、詳細をタップし、状況を確認していみましょう。アプリ側の不具合で状態が改善されないだけかもしれません。

ひたすら待ってみましょう

実際、何もせずに待つことでアプリの待機中の状態が解消される可能性もあります。電波や端末、アプリの何らかの理由で、たまたまダウンロードがスムーズにいかず待機中になっていただけの場合です。この場合は、待つことが1番有効な対処方だったりする場合がありますので、30分〜1時間程度待つことも対処方です。

アップルサポートセンターへ聞いてみましょう

上記方法などを試しても改善されない場合は、お近くのアップルストアへ行くか、アップルサポートセンターへ問い合わせてみましょう。専門家に聞くことでアプリの待機中の状態が改善される可能性があります。ただ、この場合な念の為、データはバックアップしたうえで、持って行きましょう。

まとめ

今回、iPhoneアプリが待機中になってしまった場合の対処方法についてご紹介いたしました。1番解決する方法が高いのが、機内モードとWi-Fi設定のオン・オフ切り替えてみることです。これはアプリの待機中問題に限らず、通信速度がいつも以上に遅いときなとも行うと通信速度が改善されることがよくあります。

また、iPhoneのリセットや再起動も行うことで、アプリに限らず、いろいろな動作が正常に動き直しますので、有効な対処方法となります。 アプリの待機中状態は、本当にいきなり起きますので、できる限り対処方法の引き出しを持っておき、迅速に対応できるようにしておきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です