Home / デザイン家電 / キッチン家電 / 欲しい機能も値段も妥協しない!電子レンジを安くで購入するコツ4つ

欲しい機能も値段も妥協しない!電子レンジを安くで購入するコツ4つ

Pocket

「これから1人暮らしを始めるので電子レンジを選びたい」「そろそろ新しい電子レンジに買い替えたい」「リーズナブルでコスパの良い製品が欲しい」など、電子レンジの購入を検討している方は、買い物をするタイミングなどに気をつけることで、通常よりも安く購入できる可能性があります。

ここでは、安く購入するためのコツやコスパの良いおすすめの電子レンジなどについて紹介しています。これから電子レンジの購入を検討している人は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

安くても押さえておきたい機能や選ぶ際の5つのポイント

ここでは、安い電子レンジを購入する際にも押さえておきたい機能や選ぶ際に気をつけたいポイントについて見ていきましょう。電子レンジを選ぶことに慣れていない人は、参考にしてください。

テーブルタイプ

電子レンジのテーブルタイプは、ターンテーブルとフラットタイプの2つに分かれています。ターンテーブルは下皿が回転するタイプで、回転することで加熱ムラを防ぎます。

フラットタイプは、下皿がないテーブルタイプのことで、センサーを通して均等に加熱をします。

ターンテーブルよりもフラットタイプの方が掃除もしやすく、加熱ムラもできにくいのですが、価格はターンテーブルよりも高くなります。

温感センサー

電子レンジによって搭載されている温感センサーの種類が異なります。

最もスタンダードな温度センサーや炒め物や焼き物に適していると言われる蒸気センサー、重量センサーや赤外線センサーなどがあり、赤外線センサーが最も機能性が高いです。

出力調節機能

電子レンジを選ぶ際は、200W・500W・700Wなど、出力を調整できるものが便利です。1人暮らしで解凍が多い方も自炊が多い方も、電子レンジの使用頻度が高い場合には出力調節によって適切に使うことができます。

容量

安いからといって容量を適当に選んでは使い勝手が非常に悪くなります。1人暮らしの場合は〜20L、2人世帯は〜25L、4人世帯は〜30L、5人以上の世帯は30L〜の庫内容量が目安とされています。

また、一般的に容量が大きくなるほど調理メニューの種類が増えるため、利用目的も考慮して容量選びをしましょう。

スチーム機能など

他にも、蒸気の力で焼き上げるスチーム機能や余分な脂をカットできるノンフライ機能、上下で違う調理ができる2段調理、希望のメニュー・調理方法を選ぶだけで料理が完成するオート調理機能、温めていることを忘れないように知らせてくれるお知らせ機能などがあります。

ここで紹介する機能は「安くても必ず押さえておきたい」「選ぶ際に気をつけたい」というポイントではありませんが、「安くても付いていたらうれしい機能」です。

次ページ:電子レンジを安く購入するコツ4つ

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

通販と店頭購入どちらがいいの?家電が買える通販サイト6選

冷蔵庫や炊飯器などの家電を通販 …

Facebookでのご購読が便利です