クラウドの基礎知識と cloudn について

LINEで送る
Pocket

最近コンピュータ業界にて盛んに使用されるようになったcloudですが、その意味を漠然とわかっていても、具体的にどのようなものか知っている人は少ないでしょう。今回はそんなクラウドについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

クラウドとは

android_pc

 

最近よく使用される、cloudとは、「クラウドコンピューティング」を略したものです。
クラウドコンピューティングとは、コンピューターの利用形態の一つで、インターネットなどを経由して接続されたサーバーが提供してくれるサービスのことを言います。利用する人は、ネットワークを経由して手元のパソコンやスマートフォンなどで利用可能です。もともと、なぜクラウドと呼ばれるようになったかというと、諸説ありますが一般的に技術者がネットワーク図を作成するときにサーバーを雲として表していたことが要因です。

従来との違い

このサービスの特徴としては、サーバーの所在地を意識せずにユーザーが利用できることにあります。従来のコンピューターの利用の仕方としては、ユーザーは手元のパソコンの中にあるハードディスクなどのストレージデバイスにデータを格納して利用していました。しかし、cloudを利用することで、インターネットにさえ繋がっていれば、自宅でも外出先でも簡単にデータをアクセス可能になりました。さらには、複数の人数にてデータを共有することも可能になったのです。
なぜ、今クラウドコンピューティングが主流になってきたかというと、企業などでネットワークシステムを構築する際に、一からシステムを作り上げるより、クラウドコンピューティングを活用したときにコスト面で有利になることが多いからです。かつては、会社などの重要なデータを社外に出すのは秘匿性の問題で、あまり積極的に行われていませんでしたが、最近のクラウドコンピューティングサービスでは、サービス品質やセキュリティーの技術が大幅に向上したため、安心してクラウドコンピューティングを利用できるようになったのです。

 

クラウドの代表例

個人でパソコンやスマートフォンを利用している人も、クラウドコンピューティングの恩恵を知らないうちに受けています。例えば、クラウドサービスの代表的な例に、Webメールがあります。例えば「Gmail」や「Yohoo!メール」などがクラウドサービスを利用しているメールシステムとして有名です。一般的なメールであると、送受信されるメールは自分のパソコンの中にデータが格納されます。そのため、そのパソコンでしかメールの閲覧や送信ができないのです。しかし、Webメールを利用した場合には、メールの送信や受信をパソコンでもスマートフォンでも行うことができ、自宅はもちろんのこと外出先からでも利用することができます。また、Webブラウザがあれば活用できますので、専用のメールアプリケーションをインストールする必要もありません。スマートフォンを使いこなしている人であれば、もっとクラウドコンピューティングを積極的に利用しているのではないでしょうか。例えば、アドレス帳や、スケジュールデータ、各種ソーシャルネットワークサービスなどです。特に、アドレス帳やスケジュールデータを、クラウドコンピューティングサービスにアップロードしておくことで、スマートフォンの機種交換などを行なったときに、新しいスマートフォンに昔のデーターをスムーズにダウンロードできます。ソーシャルネットワークサービスについても、新しいスマートフォンからログインすれば、すぐに使えるようになります。これらはクラウドコンピューティングサービスを無意識のうちに利用しているのでできる機能なのです。
このように、cloudは、コンピューターやスマートフォン、タブレットなどを利用する人にとって、今では手放せない機能になっています。

 

cloudn について

ここでは良質なクラウドの活用が始められるcloudnを紹介いたします。

クラウドを選択する場合、気になるのは料金体系に加えて、安定したインフラが使えるか否かです。勿論、快適性も比較の天秤に掛けられますから、その比較検討は手間というコストを増加させます。また、選択肢は次々に増えている状況なので、選択の難しさが際立つ結果に結び付いているでしょう。cloudnは、国内最大級の企業が提供しているサービスで、月額は500円程度とワンコインで使えるのが特徴です。しかも、データ転送料は無料で、申し込みから5分後にはサーバーが利用可能になるのもメリットです。つまり、魅力が感じられるサービスとして、誰にでもおすすめすることが出来る選択肢だといえます。

 

cloudnの利用用途

cloudnが適している主な用途には、動画配信やアクセスが集中するECサイト、学習環境を提供するeラーニングもあてはまります。ヘビーな用途にも余裕で応えてくれますから、cloudnは大手企業であったり、大きなビジネスの現場でも選ばれています。一方、気になるのは個人や小規模な用途でも使えるかどうかでしょう。cloudnなら個人でも契約出来ますし、何より良質な環境がワンコインで手に入るので、むしろ積極的に検討するだけの価値があると考えられます。個人向けにあまり宣伝されていない、というのはこのサービスの短所ですが、サービスの存在に気が付ければ可能性や将来性に繋がります。
料金がお得ですから、個人で試しに使ってみたいといった人は少なくないので、その使用感やメリットは少なからず公開されています。
企業からの利用が多いので、法人がcloudnを選んだ理由や感想に注目こそ集まりますが、法人は中々情報を公開していないのが実情です。
しかし、導入事例は実績として間違いなく積み重ねられていますから、個人でも安心して選ぶことが出来るでしょう。

 

cloudn の使いやすさ

国内企業のサービスですから、英語でやり取りするようなハードルはなく、決済方法も日本人に馴染みの深い方法が用意されています。日本語のサポートが受けられる、これだけでも検討する価値は高まりますから、前向きに比較したり試用することをおすすめします。レンタルサーバーでウェブサイトを運営している人は、クラウドサービスに乗り換えることで、通信の快適性やデータの安全性を得ることが出来ます。更に、料金は選択するサーバーのタイプと、データを保存する容量等で決まりますから、利用状況によっては大幅なコスト削減が実現します。料金は従量課金方式ベースですが、月額上限料金が設定されているので、使い過ぎたり予算オーバーに至る心配がないのも魅力的です。予算の範囲で無理なく運用、これが簡単に実現しますから、個人用途でも不安なく使い始めることが可能です。海外のクラウドサービスは、突如としてサービス内容が変更されたり、打ち切られるリスクがあるのも難点です。逆に、国内も選択肢は充実し始めていますが、海外に比べれば後追いになっているといえるでしょう。
そんな中登場したcloudnは、クラウド選びに迷える人達の味方で、信頼性の高さを背景に、格安の料金体系が驚きをもって迎えられています。
ワンコインは珍しくありませんが、このクラウドサービスは上位のプランを選んでも手頃さが変わりませんから、ステップアップにも応えてくれる安心感があります。通信の安定と快適性に関しては、国内の通信網を担う企業なので、その点は特に不安を感じる必要がありません。肝心のクラウドサービスは、法人向けで培われてきた対応力が活かされていますから、この部分についても料金に見合う以上の価値が得られるでしょう。
使った分の料金を支払う仕組みなので、短期間のお試しはお手軽ですし、低いハードルで積極的に試せますから、良質なクラウドかその目で確かめることが出来ます。

 

まとめ

今回はクラウドについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

近年はクラウドの利用が増加し、大変便利な世の中になってきています。。

そんなクラウドについて正しく理解し、今後の生活に役立てましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です