無線機能のある防犯カメラでできることと防犯方法

LINEで送る
Pocket

742cd75935cdc0a20d465837f60a8e61_s

今回は、無線機能のある防犯カメラでできることと防犯方法について紹介いたします。有線タイプの防犯カメラも多いなかで、無線機能付の防犯カメラでは、どのようなことができるのでしょうか。また、無線機能付カメラでできることはどのような防犯方法に繋がるのでしょうか。

ここでは、便利な無線機能付の防犯カメラについて解説いたします。これから、無線機能付防犯カメラを検討している方は、ご覧ください。

スポンサーリンク

無線機能のある防犯カメラでできることと防犯方法

外出先からでもスマートフォンで映像を確認できる

無線機能のある防犯カメラであれば、外出先などからでもスマートフォンを使ってカメラの映像を見たりカメラを操作することができます。動体検知機能の付いたカメラなどは、カメラが動くものを感知すると自動で録画してくれ、異常を感知したらスマートフォンに通知が届くものもあります。撮影が始まると同時に手元のスマートフォンにも通知が届きますので、いち早く自宅の異常に気付くことができます。

仮に防犯カメラの映像を確認して、不審者や空き巣犯が映っていた場合は、遠隔にいながらも警察に連絡することができます。無線機能のある防犯カメラは、専用のアプリを使ってスマートフォンから動かせる場合が多く、とてもシンプルな操作方法なので、誰でも簡単に映像を確認することができます。遠隔から映像を確認できることによって、まだ家にいる家族に外から自宅の異常を知らせることもできます。

スマートフォンから防犯カメラの映像を確認できることにより、居住する家族の身の安全を守ることもできますし、出張や旅行中でも、自宅に異常がないかを常時確認することができます。外から異常を確認することができた場合、速やかに警察に連絡することで犯行を防ぐことができます。

遠隔操作によって空き巣犯を威嚇することができる

スマートフォンからできるのは、映像を確認することだけではありません。専用のアプリを使うことで、外出先からスマートフォンで無線機能の付いた防犯カメラを操作することもできます。カメラを動かして撮影の角度を変えたり、センサーライトのようにライトで照らしたり、赤外線LEDを点灯させたりなど、自宅でおこなう防犯カメラの操作をそのままスマートフォンからおこなうことができます。

画面に空き巣犯が映ったり、不審者が映ったりした場合は、カメラのセンサーライトを付けることで、威嚇効果が期待でき、空き巣犯が犯行を諦める可能性があります。カメラの首を振って動かしたり、LEDライトを点灯させることで、防犯カメラの存在をアピールし、空き巣犯や不審者に恐怖心を与え追い払います。他にも動体検知機能などの設定も遠隔でおこなうことができます。

スマートフォンから映像を見ることができるのも無線機能カメラの特徴の1つですが、カメラを操作することができることも特徴の1つです。明らかに侵入を試みている空き巣犯が映っていた場合は警察への連絡が必要ですが、

空き巣犯から分からないようような不審者がウロウロしている場合は、遠隔からカメラを動かしライトなどで威嚇することで犯行を未然に防ぐことができます。また、カメラによっては予め録音しておいた音声を流すこともできますので、緊急時にはカメラから音声を流して空き巣犯を威嚇することもできます。

モニターを持ち運ぶことができ映像を見ながら対応できる

無線機能のカメラの場合は、スマートフォンでも映像を見ることができますし、自宅にある小型モニターでも映像を数画面同時に確認することができます。持ち運びできる小型モニターから同時にいくつもの画像を確認することができるため、在宅時に空き巣犯が侵入してこようとした場合は、安全な場所に移動しながら常時モニターで空き巣犯の状況を確認することができます。

空き巣犯の侵入手口の状況を見ながら、警察へ連絡し自分は安全な場所へ移動することができます。小型モニターはバッテリー内蔵型がほとんどなので、数時間持ったまま移動しても問題ありません。自分の身を守るために、または、空き巣犯に威嚇するために、小型モニターを使うことができます。

低コストなため他の防犯対策も追加で施せる

無線機能付のカメラならではの利点としては、通常の防犯カメラのようにケーブルを通す穴を開けたりする配線工事をする必要がないため、その分予算をかけずに防犯カメラを設置することができます。通常の防犯カメラよりも安くついた分、余ったお金でもう1台防犯カメラをつけたり、防犯カメラ以外の防犯対策を施すことができます。

ケーブルがない分さまざまな場所に設置できる

無線機能付の防犯カメラであれば、ケーブルを取り付ける必要がありませんので、ほとんど制限なく好きな場所にカメラを設置することができます。通常の防犯カメラの場合は、設置する場合は配線工事が必要で、ケーブル穴を壁や天井に開けたりしないと設置することが難しいですので、穴を開けれない場所などでは設置することができなかったりします。

無線機能付の防犯カメラであれば、そういったこともありませんので、敷地内の適切な場所に最大限設置することが可能です。制限なく設置することができることによって、死角のないように防犯カメラを取り付けていくことができます。

おすすめの無線機能付防犯カメラ

ここでは、おすすめの無線機能付防犯カメラを紹介します。

WSVGA CT130-56G防犯カメラ

WSVGAのCT130-56G防犯カメラは、防水・防塵機能の付いたwi-fi対応の防犯カメラです。カメラと受信録画装置は最大で100M離れていても映像を出力することができますので、少し距離があっても大丈夫です。防犯カメラでは難しい130万画素の高画質となっていますので、空き巣犯や不審者の様子や容姿を鮮明に映し出します。

カメラに搭載されているセンサーは、SONYのものを使っているため、非常に高性能で精度が高い製品となっています。100%暗闇の状態で赤外線照射距離が最大25Mとなっているため、夜間モードでも安心です。サイズもコンパクトで、ネジだけで取り付けることができるので、どこにでも好きな場所に設置することができます。

録画する際も、事前に曜日や時間を設定しておくことができるスケジュール録画や、動体検知機能による動くものを感知した場合に録画されてしまうモーション感知。容量がいっぱいになるまで、録画を続けていく常時録音などの設定変更もできます。

外出先などからは、専用アプリをインストールしiPhoneなどから確認や操作することができるため、出張などで不在にしている際も安心です。WSVGAのCT130-56G防犯カメラは、非常に使い勝手も良く便利な機能が搭載してあるおすすめの製品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、無線機能のある防犯カメラでできることと防犯方法について紹介いたしました。無線機能付の防犯カメラでは、スマートフォンを使ってカメラの撮影映像を見ることができたり、カメラを操作して空き巣犯を威嚇することができます。遠方にいながらも自宅の異常時にカメラを使って空き巣犯を追い出したり、警察に通報し捕まえてもらったりすることができます。

有線の防犯カメラも映像が途切れる心配がない、などメリットな点もありますが、無線機能付になれば、アプリ1つで何でも操作できるので、とても便利ですよ。遠方からでも、自宅や居住者を守ることができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です