ダミーカメラの防犯効果とおすすめダミーカメラ

LINEで送る
Pocket

e1616916cda7c0ad291bfda7aea7b58e_s

今回は、ダミーカメラの防犯効果とおすすめダミーカメラについて紹介いたします。本物の防犯カメラそっくりなダミーカメラを設置することで、どのような防犯効果が期待できるのでしょうか?ここでは、ダミーカメラを取り付けることで期待できる防犯効果と、おすすめのダミーカメラについて解説していますので、防犯対策を悩まれている方は、ぜひ参考にご覧ください!

スポンサーリンク

ダミーカメラの防犯効果

ダミーカメラが取り付けてあることで、どのような防犯効果が期待できるのでしょうか?ダミーカメラを付けることで、本物の防犯カメラを設置した時と同じような防犯効果が期待できます。防犯カメラを設置すると2つの防犯効果があり、1つは犯行にあった際に犯人を捕まえるための証拠としての効果です。

万が一、空き巣被害にあっても犯人が防犯カメラの映像に映っていれば、警察が捕まえてくれます。また、被害を被ってなくても、不審者がいる場合も映像を元に警察が対策をしてくれたりします。2つ目の効果は、「カメラに映されてしまう」「防犯意識の高い家」と空き巣犯に恐怖を与え、犯行を未然に防ぐ効果です。特に、この2つ目の効果が高く、空き巣被害にあわないようにするためにも有効的です。

空き巣犯からすると、わざわざ自分の素性がバレてしまい捕まってしまう可能性のある家は狙いません。カメラに録られてしまえばすぐに捕まってしまいます。また、「防犯カメラがある家=防犯意識の高い家」の可能性が高いですので、防犯カメラ以外にも、防犯フィルムや補助錠、振動センサーやホームセキュリティなど、さまざまな防犯対策を施しているかもしれないと考えてしまい犯行に躊躇してしまうのです。

「仮に侵入したとしても、侵入に時間がかかる間に人が来るかもしれない」とも考え、空き巣の犯行を諦めてしまいます。ダミーカメラは文字通り実際に映像を録ったりすることはできない偽物のカメラですが、見た目は本物と区別が付かないものが多数販売されていますので、「本物だと予算が、、」「本物を付けるまで本格的にはしなくていい」という方は、ダミーカメラを取り付けるだけでも大きな防犯対策になります。

くれぐれも本物に見えないクオリティの低いダミーカメラを付けるのだけはやめましょう。空き巣犯もダミーカメラということにすぐに気付きます。また、ダミーカメラを取り付ける際は、本物の防犯カメラと同じように設置しましょう。

コードの位置やカメラの向き、台数など、本物の防犯カメラの設置の仕方を勉強したうえで取り付けるようにした方が良いでしょう。本物の防犯カメラでも死角がないように複数台設置しますし、場所によってカメラの向きも変わってきます。本物と違うような設置の仕方だと「違和感」を感じ、空き巣犯にダミーカメラというのがバレてしまいます。

おすすめのダミーカメラ

ここでは、本物と見分けがつかないような精巧な作りのおすすめのダミーカメラを紹介いたします。

IKWY防犯ダミー監視カメラ

前面のLEDが赤く点滅し、首振りもする本格的な防犯カメラのIKWY防犯ダミー監視カメラ。人の動きを感知し光ったり動いたりするので威嚇効果抜群です。ダミーカメラで首振りまでするタイプは少ないため、防犯効果も期待することができます。

取り付けも壁面へネジで止めるだけなので簡単です。防水タイプではありませんので、屋外に設置する場合は、水に濡れない軒下などに設置する必要があります。見た目も機能も本物同様の優れたダミーカメラです。自宅に設置するだけで防犯対策になります。

TwinEco ダミーカメラ

TwinEcoのダミーカメラは、LEDライト搭載型なので、夜でもライトを点滅させ空き巣犯や不審者を追い払います。プラスチック製のため軽量であるにもかかわらず、金属調の塗装を施しているため、見た目は重厚感があります。壁にネジで止めるだけなので、簡単に取り付けることができます。ライトの光も強いため威嚇効果が期待できます。

iClever フェイク・ダミーカメラ

iCleverのフェイク・ダミーカメラは、赤外線LEDタイプのダミーカメラで、夜でもLEDライトが点滅しているので、防犯カメラを設置していることを空き巣犯にアピールし、犯行を諦めさせます。

防水仕様なため、屋内でも屋外でもどちらでも使用することができるので、好きな場所に設置でき大変便利です。消費電力も低いため、電池2本セットするだけで起動します。カメラにはケーブルが付いており、リアリティの高い出来栄えとなっています。

竹中エンジニアリング ダミーカメラ

竹中エンジニアリングのダミーカメラは、赤外線照明を搭載しているデイナイトタイプのダミーカメラです。防水仕様になっているので、屋内だけでなく屋外でも好きな場所に設置することができます。メタリックで本物のような見た目のカメラになっています。

株式会社ベールネット ダミーカメラ

株式会社ベールネットのダミーカメラは、LEDライトが5秒ごとに点滅するため、暗闇でも防犯カメラの存在をアピールし威嚇することができます。カメラには本物のカメラのようにケーブルも付いていてリアリティがあります。ダミーカメラと言えども、本物のカメラのケースを使用しているため、本物との見分けがつきません。ネジだけで取り付けることができますので、好きな場所に簡単に設置することができます。

イーサプライ ダミーカメラ

イーサプサイのダミーカメラは、防塵・防水規格のIP44に対応しているため、屋外でも屋内でも設置する場所を選びません。LEDライトも付いており、周りが暗くなるとライトが点滅するため、カメラの存在をアピールし犯行を未然に防ぐことができます。取り付けも壁面にネジ止めするだけなので、簡単に設置することができます。消費電力が低いため、電池2本で連続動作時間は約1年となっています。

On Supply ダミーカメラ

On Supplyのダミーカメラは、大型でアルミニウム製のカメラとなっていて、ハウジング型なので、最初はダミーカメラとして使っていても、内部を本物の防犯カメラに交換することもできます。ネジだけで取り付けることができますので、簡単に設置できます。後々、本物のカメラに切り替える可能性がある場合などにおすすめのダミーカメラです。

明暗センサー ドームハウジング型ダミーカメラOS—172

明暗センサー ドームハウジング型ダミーカメラOS—172は、屋外でも設置できるドーム型のカメラです。赤外線にも対応しているため、威嚇効果が期待できます。90度回転でき角度も変えれるため使い勝手も便利なカメラです。壁面にネジだけで取り付けができるので、誰でも簡単に設置することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、ダミーカメラの防犯効果とおすすめダミーカメラについて紹介いたしました。本物と見分けがつかないような精巧な作りのダミーカメラを設置することで、防犯効果が期待できます。

空き巣犯や不審者は、カメラがあることでリスクを考え犯行を諦めてしまいます。しかし、ダミーカメラも、すぐにダミーと分かるような製品では、逆効果となってしまいますので、紹介したような本物と見分けがつかないカメラを設置するようにしましょう。カメラがあるだけで、大きな防犯効果が期待できますので、防犯対策を検討している方は、ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です