Home / 防犯・見守り / 窓の防犯が大切な理由と防犯方法

窓の防犯が大切な理由と防犯方法

Pocket

83656cd36575e050542f6d669870106c_s

今回は、空き巣や泥棒からの防犯対策として、窓の防犯が大切な理由と防犯方法について紹介します。ほとんどの空き巣等の被害は、窓から住宅に侵入されていますので、窓からの侵入に対する防犯対策をしっかりとおこない、空き巣被害に合わないように気をつけましょう。興味のある方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

窓の防犯が大切な理由

空き巣犯や泥棒が住宅へ侵入する場合は、7割が窓からの侵入と言われています。玄関は防犯対策を施している家が多いですし、窓よりも頑丈な素材を使用している場合がほとんどで、侵入に時間がかかるためです。窓から侵入する場合は、「こじ破り」「焼き破り」「打ち破り」などで、窓を割り侵入を試みます。侵入率の高い窓を徹底して防犯することで、空き巣からの被害を高い確率で防ぐことができるようになります。

窓からの侵入を防ぐ防犯方法

保護フィルム

空き巣犯の侵入率が1番高い窓ガラスに保護フィルムを貼ることにより、窓からの侵入を防ぎます。保護フィルムを貼ることで、窓ガラスの耐久性がアップし、空き巣犯が窓ガラスを割るまでに時間をかけて、犯行を諦めさせるものです。

侵入に5分以上の時間がかかる場合は7割近くの空き巣犯が犯行を諦めるというデータがあります。空き巣犯もバールなどの堅いもので窓ガラスを破ろうとするため、100%割れないようにすることは難しいですが、時間を稼ぐことにより、犯行を諦めさせ、被害を窓ガラス1枚に抑えることができます。

簡単にできる窓の防犯対策の1つです。保護フィルムを購入する場合は、飛散防止のための保護フィルムではなく、防犯用のものを選ぶよう気をつけましょう。3,000〜4,000円程度で市販されています。犯行を完全に防ぐことは難しいですが、侵入を防げる可能性があります。

補助錠

通常、窓ガラスにはクレセント錠という鍵が1つだけ付いています。クレセント錠とは別に、補助錠を取り付けることにより、窓からの侵入を防ぎます。空き巣犯は、窓ガラスを割る際は、クレセント錠近くを割り、割った部分から手を入れてクレセント錠を開けて侵入します。

クレセント錠とは別に補助錠を取り付けることにより、クレセント錠を開けたとしても、補助錠がストッパーの役割をし、窓を開けることができません。空き巣犯は、補助錠近くの窓も割って、補助錠を外してようやく窓を開けることができます。

補助錠を取り付けることによって、窓からの侵入にかける時間を長くできますので、空き巣犯に犯行を諦めさせる効果が期待できます。補助錠は防犯用のもので2,000〜3,000円程で販売されています。補助錠を取り付ける場合は、窓の上と下部分に付けるとより効果的です。

面格子

持家の場合であれば、空き巣の侵入率が高い窓に面格子を設け、侵入を防ぎましょう。面格子を取り付ける防犯対策における利点は2つあり、1つは、侵入までの時間をかけることができることです。バールやドライバーなどで取り外せる面格子などもありますが、それでも5分以上の時間をかけさせることができ、犯行を諦めさせる効果が期待できます。

もう1つは、「しっかりと防犯対策をしている家」という印象を与えることができることです。防犯意識の高さを印象付けすることができれば、「面格子以外にも、たくさんの防犯対策が施されているのでは?」と、空き巣犯に思わせることができ、犯行を未然に防ぐことができます。

面格子は取り付け料金も含めて4〜50,000円する場合もありますが、防犯対策としての効果は期待できます。持家でなく賃貸の場合は、面格子取り付けはNGの場合がほとんどですので注意してください。

センサーアラーム

センサーアラームは、窓ガラスに設置することで、人の気配や振動に反応して警報音を大音量で鳴らす防犯アイテムです。空き巣犯が窓ガラスを割って侵入しようとしても、近所中に響き渡るような大音量で警報音が鳴り響きますので、空き巣犯は人にバレる恐れがあるため、犯行を諦める可能性があります。

仮に自分自身が空き巣犯で、侵入しようとした際に警報音が鳴り始めたら、諦めるしかありませんよね。センサーアラームはスマホと連携できるものもあり、警報音が鳴るとスマホにも通知が届きますので、外にいても自宅で異常が発生したことをすぐに知ることができます。できれば1つの窓だけでなく家中の窓に取り付けておきたい防犯アイテムです。3,000〜5,000円程で市販されています。

センサーライト

センサーライトは光の力で防犯を防ぐアイテムです。人感センサーとなっていますので、窓の外などに取り付け、人の気配を感じたらライトが点灯し光で照らします。日中はあまり効果がありませんが、日没〜夜のような外が暗い時間には、ライトが点灯するととても目立つため、空き巣犯が犯行を諦める可能性があります。

事実、空き巣の防犯対策には光や音は有効的と警察も発表しており、光を当てられることにより、空き巣犯もビックリしますし、近所にも異常を知らせることができます。日中はほとんど効果はありませんが、暗くなってからの時間の防犯対策として効果的です。

防犯カメラ

空き巣犯にとっては、顔を見られることは捕まるリスクを負いますので、防犯カメラは防犯対策として非常に効果的です。侵入率の高い窓の近くや、侵入経路となり得る場所に設置することで、空き巣犯による犯行を未然に防ぐ効果が期待できます。本物の防犯カメラを取り付けれるのが1番良いですが、10〜20万程かかる場合もあります。

そこまでの予算をかけれない場合は、ダミーの防犯カメラを設置しても良いでしょう。ダミーの防犯カメラであれば、5,000〜10,000円程で販売されています。防犯カメラがあることで、防犯意識の高さを空き巣犯にアピールすることもできますので、空き巣犯から狙われにくくなります。

本物の防犯カメラの場合は、外出先でもスマホから画像を見ることができますので安心です。ダミーの防犯カメラを設置する場合は、一目でダミーというのが分からないような製品を選ぶようにしましょう。

クレセント用電子ロック

クレセント錠を電子ロックにすることで、窓ガラスを割られても鍵を開けさせず侵入を防ぐことができます。電子ロックの場合、通常のクレセント錠と違い、パスワードを入力しない限り鍵を開けることができません。空き巣犯がクレセント錠近くの窓ガラスを割って鍵を開けようとしても、電子ロックがかかっているため開けることができません。

窓を開けるには、鍵を壊すか、窓ガラスを全部割って侵入するしか方法はなくなってしまいます。どちらの方法でも侵入までに時間がかかってしまいますので、犯行を諦める可能性があります。クレセント用電子ロックは、市販のもので4,000〜5,000円程します。普段の鍵の開け閉めが面倒には感じてしまいますが、防犯効果のある防犯対策アイテムです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?窓の防犯対策をおこなうだけで、高い確率で空き巣被害を防ぐことができるようになります。多少お金はかかりますが、専用の防犯グッズを使えば、空き巣犯の侵入への時間を長くすることができ、犯行を諦めさせることができます。空き巣に合うと大きな被害を被ってしまいますので、多少のお金はかけてでも防犯対策はしておいた方が安心でしょう。興味がある方は、ぜひ検討してみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

eb51af62c7f02a228b02a514a743a4c0_s

人感センサーとは何?人感センサーの基本情報と魅力

あなたは家に「人感センサー」を …

Facebookでのご購読が便利です