Home / 防犯・見守り / 窓の防犯が大切な理由と防犯方法

窓の防犯が大切な理由と防犯方法

Pocket

83656cd36575e050542f6d669870106c_s

今回は、空き巣や泥棒からの防犯対策として、窓の防犯が大切な理由と防犯方法について紹介します。ほとんどの空き巣等の被害は、窓から住宅に侵入されていますので、窓からの侵入に対する防犯対策をしっかりとおこない、空き巣被害に合わないように気をつけましょう。興味のある方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

窓の防犯が大切な理由

空き巣犯や泥棒が住宅へ侵入する場合は、7割が窓からの侵入と言われています。玄関は防犯対策を施している家が多いですし、窓よりも頑丈な素材を使用している場合がほとんどで、侵入に時間がかかるためです。窓から侵入する場合は、「こじ破り」「焼き破り」「打ち破り」などで、窓を割り侵入を試みます。侵入率の高い窓を徹底して防犯することで、空き巣からの被害を高い確率で防ぐことができるようになります。

窓からの侵入を防ぐ防犯方法

保護フィルム

空き巣犯の侵入率が1番高い窓ガラスに保護フィルムを貼ることにより、窓からの侵入を防ぎます。保護フィルムを貼ることで、窓ガラスの耐久性がアップし、空き巣犯が窓ガラスを割るまでに時間をかけて、犯行を諦めさせるものです。

侵入に5分以上の時間がかかる場合は7割近くの空き巣犯が犯行を諦めるというデータがあります。空き巣犯もバールなどの堅いもので窓ガラスを破ろうとするため、100%割れないようにすることは難しいですが、時間を稼ぐことにより、犯行を諦めさせ、被害を窓ガラス1枚に抑えることができます。

簡単にできる窓の防犯対策の1つです。保護フィルムを購入する場合は、飛散防止のための保護フィルムではなく、防犯用のものを選ぶよう気をつけましょう。3,000〜4,000円程度で市販されています。犯行を完全に防ぐことは難しいですが、侵入を防げる可能性があります。

補助錠

通常、窓ガラスにはクレセント錠という鍵が1つだけ付いています。クレセント錠とは別に、補助錠を取り付けることにより、窓からの侵入を防ぎます。空き巣犯は、窓ガラスを割る際は、クレセント錠近くを割り、割った部分から手を入れてクレセント錠を開けて侵入します。

クレセント錠とは別に補助錠を取り付けることにより、クレセント錠を開けたとしても、補助錠がストッパーの役割をし、窓を開けることができません。空き巣犯は、補助錠近くの窓も割って、補助錠を外してようやく窓を開けることができます。

補助錠を取り付けることによって、窓からの侵入にかける時間を長くできますので、空き巣犯に犯行を諦めさせる効果が期待できます。補助錠は防犯用のもので2,000〜3,000円程で販売されています。補助錠を取り付ける場合は、窓の上と下部分に付けるとより効果的です。

面格子

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

オートロックのセキュリティ性とメリット、デメリット

マンションへ住む場合に、オート …

Facebookでのご購読が便利です