Home / Google / Youtube / YouTubeを録画する方法7選~PC・iPhone・Android別にご紹介~

YouTubeを録画する方法7選~PC・iPhone・Android別にご紹介~

YouTubeで録画する方法

あなたはPCやスマホで動画をよく見ますか?wi-fiで接続できるPCならともかく、スマホだと通信量が気になってあまりYouTubeは見ないという方もおられるかも知れませんね。

最近では格安スマホも多く登場しており、料金も安いので通信量もあまり気にならない傾向にありますが、お気に入りのYouTube動画が録画できたら、と思ったことはありませんか?

ここでは、YouTubeを録画する方法をPC・iPhone・Android別にご紹介致します。

YouTube動画は保存できない?

YouTube動画を後から見る方法として、今回は「録画」する方法をご紹介いたします。

後から見る方法としては「ダウンロードして保存」という方法もありますが、厳密にいうと、無料のYouTube版では、動画保存はできません。有料の「YouTube Premium」にアップグレードして利用することが安全です。

私的利用であれば、YouTube動画をダウンロードしても問題ありません。一部YouTubeに著作権がない動画もありますし、個人で楽しむのであれば無料の動画ダウンローダーを使う方法もあります。

録画ソフトとは

モニター画面に流れている動画を録画するソフトです。一般的に利用されるのは、PC上での画面操作を記録する場合や、今ではゲームの実況用に操作画面を録画することも増えています。そういった目的のため、PC用のソフトが充実していますが、スマホ用ソフト(アプリ)も出ているので順番にご紹介していきます。

【PC編】録画ソフトを利用しよう

iphone_white
それではまず、YouTube動画をPCで録画する場合のご紹介です。画面を録画する機能は、Windows10には「Xbox ゲームバー」が搭載されているので、「Xbox ゲームバー」の「画面録画機能」を使うことができます。Macにも「QuickTime Player」が搭載されているので。画面収録が可能となっています。

それ以上の機能が欲しい、もっと高画質で録画をしたい、後から編集もできたら、と欲がでてきたら「録画ソフト」の導入を検討してみましょう。無料版、有料版とあるので、まずは無料版を試してみて、使い勝手がよさそうだと思ったら有料ソフトを検討しましょう。

EaseUS「RecExperts」

無料版でお試しが可能なPC版画面録画ソフト「RecExperts」。最大4k解像度でフルスクリーンにも、選択した部分画面にも対応できます。お試しは5分のみの録画時間と録画の分割が体験できます。有料版にすれば、時間制限なしで、スケジュール録画や録画の自動停止も可能です。

録画中に出てくるツールバーで、スクリーンショットをとってみたり、停止することが可能。編集機能、圧縮機能もあるので、録画した後から同じソフトで操作ができるのは便利です。

ツールもサイトも日本語に対応しているので翻訳機能を使って読みこむ必要はありません。Windows・Macともに対応しています。

公式サイト:EaseUS「RecExperts」 https://jp.easeus.com/screen-recorder/index.html

Wondershare 「Filmora X」

「Wondershare Filmora X」もWindows・Mac ともに利用可能な画面録画ソフトです。録画用というよりは、編集用ソフトがメインで、画面録画は機能の一つと考えた方がよいかもしれません。日本にも拠点があるワンダーシェアーの商品ですので、日本語で安心して利用することができます。

録画するには

  • 「録画/録音」をクリックして、「PC画面録画」を選択します
  • 「スクリーンレコーダー」ツールが表示されるので、「フルスクリーン」か「カスタム(選択範囲のみ録画)」か目的に合わせて選びます
  • 右側の赤い丸いボタンをクリックして、録画した動画を再生すると、画面上に流れている画像の録画が始まります
  • 停止ボタンをクリックすると、指定フォルダ(デフォルトもしくはご自分で設定したフォルダ)に保存されます

無料版でも、有料版と同じく全ての機能を試すことができますが、書き出し動画には「Filmoraのロゴ」が入る点が異なるところです。使い勝手がいいなと思えば有料版を検討してみましょう。

公式サイト:Wondershare Filmora X https://filmora.wondershare.jp/video-editor/

Wondershare 「DemoCreator」

もう1点、Wondershare社の「DemoCreator」をご紹介いたします。「Wondershare Filmora X」よりもYouTubeにアップたり、オンライン授業用ツールの作成する点に強い製品ともいえます。ダイナミックステッカーと呼ばれるスタンプ機能を搭載、動画に注釈のエフェクトを追加したり、8種類のモーションエフェクトを搭載しています。

画面録画はいたって簡単となっています。
・「キャプチャー」
「DemoCreator」を起動したら「キャプチャー」を選択します。特に問題なければデフォルトの状態で赤い丸ボタンをおすだけで録画が開始します。音声入力も一緒に設定ができ、「録画画面」の範囲選択、フレームレートの変更も可能です。録画した後から編集も楽しみましょう。

・「クイックキャプチャー」
「DemoCreator」を起動したら「クイックキャプチャー」を選択します。こちらの録画モードは、とにかく今すぐ音声付画面録画がしたい場合に有益です。赤い丸ボタンをおすだけで録画が開始されます。ただし、WEBカメラといった外部デバイスは録画の対象とならないので、カメラやマイク入力をしたい場合は「キャプチャー」にしましょう。

・「ゲーム録画」
「DemoCreator」を起動したら「ゲーム録画」を選択します。こちらの録画モードは、ゲーム録画にのみ対応しますので、YouTube録画には使えませんが、簡単に使えるゲーム録画機能も欲しい方には嬉しい機能です。

一部制限機能がありますが無料お試し版でほとんどの機能を試すことができます。PCで画面録画を利用する頻度が高い方は、こちらのソフトの利用を検討してみてください。

公式サイト:DemoCreator https://dc.wondershare.jp/

Freemake Video Downloader

わかりやすい名前の「Freemake Video Downloader<」ですが、超がつくほどの高速、軽量でサクサク動くのが魅力の動画録画ソフトです。 YouTubeはもちろん、ニコニコ動画やFacebookなど10,000以上の動画を含むサイトから動画のダウンロードが可能です。 また、iPhone、Android、AVI、MP3、MP3、MKV、iPod、PSP用など、録画した動画を様々なファイル形式に変換でき、4kやHDなどの画質も選択してDLできるのも魅力です。 ダウンロード履歴や広告自動削除などのオプション機能が多いのも特徴のひとつで、使う人によって、カスタマイズの幅が広いのが魅力となっています。

5K Player/VideoProc

動画だけではなく、音楽やインターネットラジオが再生できるのが魅力の「5k Player」。録画ソフトというよりも、メディアプレイヤーの一種と考えたほうがいいでしょう。

音楽も再生できるだけあって、MP3 AACなどの音楽ファイル形式にも対応しているため、ダウンロードしたファイルを着信音にも変換可能です。

また、最大の魅力として、AirPlayの送信機/受信機が内蔵されているため、ダウンロードしたファイルをスピーカーやAVなどに送信し、動画や音楽を楽しめるというメリットもあります。

ただ、動画ダウンロードという目的だけでなく、幅広い使い方ができるのも魅力です。加えて編集機能や画面録画まで機能を求めるのであれば5KPlayer の上位商品である「VideoProc」がおすすめ。

公式サイト:VideoProc https://jp.videoproc.com/free-videoproc/

エンタメ好きならABEMAもおすすめ!

YouTubeでエンタメ動画の視聴が好きな方には、オリジナル番組が豊富なABEMAもおすすめです。

バラエティや恋愛リアリティショー、アニメ、スポーツ番組なども充実しており、ABEMAでしか視聴できないお気に入りの番組が見つけられるかもしれません!

下記記事で14日間無料トライアルができる「ABEMAプレミアム」について詳しくご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください!

次ページ:【iPhone編】画面録画機能を利用しよう

1 2

Check Also

YouTubeのダウンロードは違法かを解説

Youtubeのダウンロードって違法?気を付けてほしいこと

動画共有サイトYoutube。 …

Facebookでのご購読が便利です。