Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / 自宅でお得にWi-fiを利用するためのプロパイダの選び方

自宅でお得にWi-fiを利用するためのプロパイダの選び方

回線業者とは、インターネットに接続するための光ファイバーやADSLなどの回線を提供する会社のことです。通常、プロバイダを決める前にどの回線を利用するかを決めますが、まだ利用する回線・回線業者を決めてない方は、どんな会社があるのか?という点、参考にしてみてください。一部の会社のみご紹介いたします。

・NTT東日本・・・フレッツ光(東日本)、フレッツADSL(東日本)
・NTT西日本・・・フレッツ光(西日本)、フレッツADSL(西日本)
・ソフトバンクBB・・・ソフトバンクBB、SoftBank光
・ソフトバンクモバイル・・・SoftBank4G
・ドコモ・・・Xi
・KDDI・・・auひかり
・ワイモバイル・・・ワイモバイル、eAccess
・UQコミュニケーションズ・・・UQ-WiMAX
・九州通信ネットワーク・・・BBIQ
・U-NEXT・・・U-NEXT光
・中部テレコミュニケーション・・・コミュファ光

どのプロバイダを選ぶのが1番得なのか?

実際には、ここで紹介した以上に大変多くのプロバイダがあり、様々な割引サービスやオプションサービスを販売しています。利用する方の住んでいる地域、インターネットの利用状況、利用頻度、利用予定のデバイス、台数、予算、使用している回線、使用予定の回線、など、複数の要素が絡みますので、「絶対にここのプロバイダが良い!」というものはありません。利用者によって最適なプロバイダが異なるからです。更に、利用する回線・回線業者との組み合わせによってもサービス内容が各社異なります。大事なのは契約する前にいくつかのプロバイダを比較することです。1社の特徴のみしか知らないままに決めてしまうことが1番損する可能性が高い選び方になるからです。利用者の方にとって1番得する可能性の高い選び方とは、利用する回線が決まったら、いくつかのプロバイダを比較検討することです。店頭で販売員さんに直接聞いてみてもいいですが、1度インターネットのプロバイダ一覧サイト・比較サイトなどで自分自身の目で見て比較検討するのが冷静に判断できて良いでしょう。

まとめ

自宅でwi-fiネットワークを利用する際にも、プロバイダとの契約は必要となります。今回ご紹介しました回線業者もそうですが、プロバイダは大変多くの数存在します。多くの会社が価格競争、サービス競争をおこなっていますので、各プロバイダで特徴は違えど、良し悪しの大差はありません。いかに自分に合うプロバイダと出会えるか、が大変重要になります。そのためには、多くの情報の中から自分に合ったものと合わないものとを取捨選択するしか方法はありません。今や携帯代含む通信費は家計の支出の中でも大きな割合を占めます。快適なネット環境を整えながらも少しでも家計の負担を下げることができるよう、面倒に思わずにに自分に合ったプロバイダ選びに時間をかけなくてはいけません。多くのインターネットの契約が、1度契約をすると2〜3年はそのままというケースが多く、誤った選び方をしてしまうと数年間家計の負担が重くなります。プロバイダ選びもそうですが、これからwi-fiネットワークを利用予定の方は、必ず契約する前に、各製品、各回線、各プロバイダを確認してみてください。短期的なキャッシュバックなどが合ったとしても契約期間中のトータルの費用が高くなっては意味がありません。ネットワーク、デバイス選びに関しては、しっかりと情報を集め比較検討したうえで、適切なものを選ぶように心掛けましょう。

1 2

Check Also

USB経由でテザリングをする方法とメリットデメリット

USB経由でテザリングをする方法とメリットデメリット

iPhoneやAndroidス …