Home / 地デジ / UltraHD Blue-rayでブルーレイも4Kで楽しめる。UltraHD Blue-rayの凄さと視聴方法

UltraHD Blue-rayでブルーレイも4Kで楽しめる。UltraHD Blue-rayの凄さと視聴方法

2017年1月現在のオススメモデルを紹介してきます。こちらの情報が参考になれば幸いです。

1.テレビ

●シャープ 60V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 リッチブライトネス搭載 LC-60US40
★Amazon価格:約20万円
大画面での映像が楽しめると、満足する声が多いです。下位モデルとの値段の差を考えると、コストパフォーマンス的にも良いモデルと言えるでしょう。

●LG 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応4K対応有機ELテレビ OLED TV(オーレッド・テレビ)
★Amazon価格:約35万円
有機ELを使用しており、発色が良いと定評があります。価格はそれなりですが、USBHDD録画対応、各種チューナー内蔵と高機能を実現したモデルです。

●シャープ 50V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル LC-50U40
★Amazon価格:約13万円
2画面同時表示に対応しており、それぞれの画面サイズを変更する機能も付いています。値段も比較的手ごろな為、これから買い替えるという方にちょうど良いでしょう。

2.プレーヤー/レコーダー

●パナソニック ブルーレイディスクプレイヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900-K
★Amazon価格:約10万円
出力端子の種類が豊富なので、外部接続の汎用性は高いです。動画配信サービスとの連携も十二分にこなせるので、標準機器として使うには十分でしょう。

●パナソニック 3TB 3チューナー ブルーレイレコーダー Ultra HDブルーレイ対応 4K対応 DIGA DMR-UBZ1
★Amazon価格:約24万円
内臓HDDが3TBついているタイプの為、値段としてはかなり高価なものになっています。1TBタイプの同機種があるので、値段を抑えたい場合はそちらがオススメです。

これからの販売機種は?

現在では特定のメーカーが突出していますが、徐々に他のメーカーも制作・販売に着手しているようです。競争が広まれば、もっと買いやすい値段に下がってくるので、その時を狙って買い替えても良いでしょう。

対応機器を揃えて、高品質の映像を楽しもう

ここで紹介した機器は、現在販売されているものの中から選んでいますので、これから販売される機器との単純な比較はできません。値段が高ければ良いという事でもないので、対応している機能との相性が良い製品を組み合わせて揃えるようにした方が良いでしょう。

ぜひともクオリティの高い4K映像をUltraHD Blue-rayで楽しんでください。

1 2

Check Also

地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

地デジを見る際には、アンテナを …