Home / 地デジ / 月9の視聴率を調べよう!歴代月9視聴率ランキングと調べ方

月9の視聴率を調べよう!歴代月9視聴率ランキングと調べ方

視聴率には2種類あり、世帯視聴率と個人視聴率があります。一般的に「視聴率」と言われるのは「世帯視聴率」の方です。世帯視聴率は、調査対象となる世帯が特定の番組をどれくらい視聴していたかを示します。個人視聴率は、調査対象世帯の4歳以上の家族全員が対象となり、年齢別や職業別、性別など、さまざまなカテゴリに分けた視聴状況です。

2.視聴率の最小単位は1分

視聴率の最小単位は1分と非常に短い間隔で調査し算出されます。毎分視聴率とも呼ばれ、毎分視聴率を算出することで、ドラマやバラエティ番組の平均視聴率やスポーツ番組などの瞬間最高視聴率が分かります。

3.平均視聴率の計算方法

番組の平均視聴率を計算したい場合は、毎分視聴率を元にします。計算式は、「毎分視聴率の合計÷番組の放送分数」です。100分の番組で、毎分視聴率の合計が1300だった場合は、平均視聴率は1300÷100=13.0%です。

4.視聴率の計測方法は3種類

視聴率の計測方法は3種類あります。ピープルメータシステムとオンラインメータシステムと日記式アンケートです。ピープルメータシステムは、個人視聴率と世帯視聴率を同時に計測できます。チャンネルセンサーなどを使い、対象世帯や個人の視聴状況をオンラインで調査します。

オンラインメータシステムは、世帯視聴率のみを計測する方法です。ピープルメータシステム同様、オンラインで視聴状況を調査します。日記式アンケート計測は、個人視聴率のみを計測します。

調査員が持ってくる調査票に1週間分の視聴状況を記入していき、調査票は後日調査員が直接回収します。これら3つの計測方法で、テレビ番組の視聴率を計測しています。それぞれの計測対象世帯は2〜3年で入れ替わりローテーションされていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「月9の視聴率を調べよう!歴代月9視聴率ランキングと調べ方」について、紹介いたしました。歴代(1977年以降)視聴率ランキングを見ても、2000年代以降のランキングを見ても、今では考えられないくらいの高視聴率です。また、今見ても、新鮮な気持ちで楽しめるドラマが多いです。

放送日を見ると、「こんなに時が経ったんだ。。」と愕然としますが、気になる方は、視聴率チェックをしてみてください。また、過去の月9ドラマのDVDなども見てみると良いかもしれません。

1 2

Check Also

地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

地デジを見る際には、アンテナを …