Home / Apple / Mac / Macが遅いと感じる時に実施したい改善策

Macが遅いと感じる時に実施したい改善策

ディスクの修復をおこなうことでMacの遅い動作を解消できる場合があります。Macのディスクの修復をする方法は、Finderを開きアプリケーションを選択します。アプリケーション一覧が表示されたらディスクユーティリティを選択します。

ディスクユーティリティを開いたらまずはディスクのアクセス権を検証をおこないます。問題が表示されるようであれば、ディスクのアクセス権を修復をおこないましょう。これによりMacのディスクのメンテナンスがおこなわれ状況が改善される可能性があります。

セーフブートをおこなう

セーフブートをおこなうことでMacの重い動作を改善することができる可能性があります。セーフブートの方法は、Macの電源を切っている状態で電源ボタンを押し起動させます。Macの起動音が聞こえたらShiftキーを押し続けます。Appleロゴマークと起動の進捗状況の画面が表示されたらShiftキーを離します。

NVRAMリセットをおこなう

NVRAMとは、Macの電源を切っている状態でもスピーカー音量や画面の解像度などの記憶内容を保持し続けることができる記憶装置のことです。このNVRAMをリセットすることにより、Macの動作が重い状況を軽くすることができる場合があります。

NVRAMのリセットをおこないたい場合は、Macをシャットダウンし、再度電源を入れます。その際に「commandキー+optionキー+Pキー+Rキー」を一緒に押し続けます。Macが起動して起動音が聞こえるまでずっと押したままにしておきます。起動音が聞こえたら押していた「commandキー+optionキー+Pキー+Rキー」をはなします。これでNVRAMリセットの完了です。

Time Machineを作動させない

Macには自動でバックアップを取るTime Machine機能というのがあります。Time Machineのバックアップ機能が作動している際は特にMacが重くなる可能性が高いですので、Time Machineのバックアップの間隔を長くし回数を減らすようにしましょう。

Time Machineのバックアップ間隔を変えるには「Time MachineEditor」という無料ツールを使うのが便利です。Time MachineEditorツールを使えば、日替わり、週替わり、月替わりなどでバックアップ間隔を自由に設定することができます。

Mac高速化のツールを使用する

Macにはいくつかの高速化ツールがあります。これらを使用することでMacの遅い速度が改善される場合があります。「FreeMan」や「MacBooster2」などいくつかのツールがありますので、使用したい高速化ツールをダウンロードして使用してみましょう。

まとめ

今回、Macが遅いと感じる時に実施したい改善策について紹介いたしました。Macを使っていて動作が遅いと感じた場合は、これらの紹介した改善策を試してみましょう。いずれの方法も簡単におこなうことができ、時間をかけずに状況を改善することができます。

Macを使っていくにあたり、動作が遅くならいように定期的に再起動したり、デスクトップを整理したり、ディスクアクセス権を確認したり、アップデートやウィジェットをチェックしたりとするようにしましょう。日々のちょっとした予防でMacをいつまでも快適に使うことができるようになります。

1 2

Check Also

MacでDVDを再生できない時の対処法

MacでDVDを再生できない時の対処法

Macは標準でDVDの再生に対 …