Home / Apple / Mac / MacユーザーがInternetExplorerを使用する方法

MacユーザーがInternetExplorerを使用する方法

MacでIEを使用する方法

Macをお使いの方が、標準ブラウザであるSafariでウェブページを見ている時に、ページのコンテンツ表示されなかったり、配置が崩れていたり、正常に動作しない時があります。

そのような現象は、そのページがWindows標準ブラウザであるInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)にしか対応していない場合に起こります。

以前はMac用のInternet Explorerも存在していましたが、すでに配布は終了しており、2005年にサポートも終了しています。このような困った時に試していただきたいのが、Macを使用しながら、Internet Explorerをブラウザに使用してウェブページを見る方法です。

「そんなことができるの?」「コンピューターに詳しくないとできないのでは?」とお思いの方もいらっしゃることでしょう。

でも心配はありません。いくつかの方法がありますが、とても簡単にできるものもあるのです。そこで今回は、MacのユーザーがSafariの代わりにInternet Explorer(以下IEと記します)でウェブサイトを見られる方法をご紹介します。

MacでInternet Explorerを使ってウェブサイト見る方法

Mac上でIEを使うには、いくつか方法があります。

ひとつは、Macに、Windowsのシステムごとインストールする方法です。しかし、特定のウェブサイトを見るためだけにOSごと搭載する方法は、時間も容量もお金もかかるので、一般ユーザーには不要ですよね。

もうひとつは、SafariをInternet Explorerに切り替える方法です。こちらは、お金もかからず、簡単に手早くブラウザーだけを替えられる方法なのでおすすめいたします。まずは簡単な方法をご紹介いたします。

1-1.SafariでIEを使う方法

それでは、SafariでIEを使えるようにする方法を説明していきます。

Safariの環境設定で「開発」メニューから設定する

1.画面下のDockから「Safari」のアイコンをクリックして起動し、画面の一番上にあるメニューバーの「Safari」をクリック、「環境設定」を選びます。
2.開いたウィンドウの「詳細」をクリックし、「メニューバーに“開発”メニューを表示」のチェックボックスをクリックしてチェックマークを入れたら、左上のXの赤丸を押してウィンドウを閉じます。
3.メニューバーに「開発」が追加されたことを確認しましょう。

ユーザーエージェントからIEを選ぶ

次に、先ほどメニューバーに追加された「開発」をクリックし、「ユーザーエージェント」を選び、右側に表示された一覧から起動したいバージョンの「Internet Explorer」を選びます。

このチェックだけで、開いているブラウザであるSafariが、見ているサイトを疑似的にInternet Explorerで表示します。「https://yourbrowser.is/」という、使用しているOSやブラウザを表示するサイトにアクセスすると、「ブラウザーの種類・バージョン」で先ほど選択した「Internet Explorer ○○」(○○はバージョン)と表示されていると思います。

必要なページを見終えたら、設定した時と逆の手順で、すぐにまたSafariに戻すこともできます。この方法でIE以外のブラウザでの表示も確認できるのでとても便利です

「ユーザーエージェント」とは、お使いのMacから、閲覧するウェブサイトのサーバーへ送られるデータのうちの一つで、その中に「どんなブラウザを使用して閲覧しているか」という情報も含まれています。

この情報を「IEを使用している」という内容に置き変えてサーバーへ送ることで、IEのみに対応したサイトでも強制的に表示させることができ、閲覧できるようになるわけです。

ただし、サイトによってはMicrosoft社の保護機能がかかった画像や文章などがあり、そういったものは残念ながらこの方法では見ることはできません。

1-2.CromeでIEを使う方法

Google ChromeでもSafariと同じように設定を変えることでInternet Explorerを表示させることができます。それでは、CromeでIEを使えるようにする方法を説明していきます。

Cromeの「デベロッパーツール」から設定する

1.画面右上の3点の「Google Chromeの設定」から「その他のツール」より「デベロッパーツール」へすすみます。
2.「デベロッパーツール」画面右上の3点をクリックし、一覧から「More tools」を選択し、「Network conditions」をひらきます。
3.画面内の「User agent」にある「Select automatically」のチェックをはずすと、下のプルダウンボックスが利用できるようになり、ブラウザの種類がプルダウンメニューに表示されます。
4.利用したいブラウザ「Internet Explorer ○○」(○○はバージョン)を選択することで、選択したブラウザでサイトが表示されるようになります。

Cromeの拡張機能「IE Tab」(アイイー タブ)を追加する

Google Chrome でInternet Explorerを表示させるには、上記のほかに「IE Tab」というGoogle Chromeの拡張機能を利用する方法もあります。興味ある方は「chrome ウェブストア」から「IE Tab」で「Crome に追加」してみてはいかがでしょうか?なお、Googleアカウントが必要で、インストール、設定の作業については英語となります。ハードルが高いかな?という場合は、デベロッパーツールから設定されることをおすすめいたします。

chrome ウェブストア:IE Tab

こんな時に使ってみよう

「IEのみ対応」といった銀行や公共団体サイト等に効果的

最近ではたくさんの種類のブラウザが出ており、IEでしか見られないというようなページはさすがに随分減ってきましたが、それでも動作確認がIEでしか行われていなかったり、IE推奨と明記してあるページがまだまだ存在しています。

特に銀行や公共団体などの特定のページでは、重要な内容を閲覧したり、情報を確認する必要があるため、正常に表示されていないと困りますね。

MacユーザーがIEのみ対応のサイトでも問題なく閲覧できるようにするために、ぜひこの方法を試してください。

見た目はSafariで使い勝手は異なる

ユーザーエージェントをIEに変えて強制的にIEとして表示がされているものの、使っているコンピューターはMacなので、OSはもちろんMacのOSです。ブラウザ自体ももちろんSafariなので、メニューバーには当然Safariと表示されています。

Windows環境でのIEにも慣れている人にとっては、見慣れた表示画面だからと、ついうっかりいつもの調子でWindowsの操作をしようとして、スクロールや文字入力など動きの違いに戸惑うかもしれません。

まったく同じ見え方ではない

IE用に作られたサイトですので、ブラウザを切り替えただけでは見られないコンテンツや、レイアウトがくずれてしまうこともあります。あくまでも「疑似的」に表示しているのであって、完全版ではありません。

よりきちんと表示させたい場合は、MacにWindows 10をインストールする方法で対応することとなります。起動時に、WindowsとmacOSを切り替えることで使用可能となります。Apple社での公式サポートもあるので、WindowsOSが必要な場合は次ページもご覧ださいね。

Apple公式:Mac に Windows 10 をインストールする

2.Windowsを購入してIEを使う方法

1 2 3

Check Also

Macおすすめフリーソフト

Macユーザーさんのためにおすすめしたい人気フリーソフトはこれだ!

Macを利用している方々には、 …

Facebookでのご購読が便利です。