Home / Apple / Mac / Macで画像編集をするのにオススメのアプリ・ソフトウェア

Macで画像編集をするのにオススメのアプリ・ソフトウェア

基本機能は画像ビューワーソフトですが、ビューワーだけでなく多彩な画像編集機能も有しています。編集可能な画像形式は、jpg、tiff、pdf、png、gif、bmpをはじめとして多様な画像形式に対応しています。

画像編集機能としては、回転、反転、一部の切り出し、輝度・コントラスト・色調の調整、色の置換、エッジ強調、ぼかし、モザイク等のフィルター機能も有しており、分かりやすい操作性が特徴です。「ToyViewer」アプリは、Apple社のMac AppStoreから無料で入手できます。

最近評判の「Fotor」

「まさに軽快なPhotoshoo」、「アマチュアフォトグラファーにとって最高のアプリ」と評判のソフトです。
メニュー表示は英語ですが、豊富な加工機能は、本当にPhotoshop並みで、使い方もわかりやすくなっています。

ここに紹介した無料の画像編集ソフトは、本家Photoshopに負けないくらいの機能を有しています。商業利用が目的でなければ、とても使い勝手の良いソフトが揃っています。

画像編集に関わる便利なツールの紹介

画像操作、色の調整、各種効果といった画像編集の一般的な機能とは別に、画像の圧縮、メモの追加、Evernote等の他ソフトとの連携に特化した便利なソフトも紹介しましょう。

画像を劣化せずに圧縮する「JPEGmini Lite」

ブログの管理者、Webイト制作者にとっては、綺麗な写真画像を小さなファイルサイズにすることが求められています。一つ一つのファイルでは大したことないサイズでもたくさんのファイルを扱う場合、サーバー容量が消費されるだけでなく、閲覧者にとっても無用に通信ボリュームが増大するとともに、回線の混雑状況によってはレスポンスにも影響してきます。画質を落とさずファイルサイズを小さくすることが制作者に求められるスキルとなります。

JPEGmini Liteは、jpeg画像を劣化させずに、圧縮・リサイズしてくれるソフトです。最大28メガピクセルまでのjpeg画像の処理が可能です。オリジナルの解像度、画質を維持したまま、最大5倍の圧縮が可能です。JPEGmini Liteは、無料のソフトですが制限事項としては、1日の処理ファイル数は、20ファイルに制限されています。1日で20ファイル以上の圧縮画像を得たい場合は、有料版のJPEGminiを入手してください。

使い方は簡単、「JPEGmini Lite」を起動し、圧縮したいjpegファイルをアプリにドラッグ&ドロップするだけです。圧縮が完了したら保存したいフォルダを選ぶだけ。サンプルの花の写真では、元の画像ファイルサイズは、11.7MBでしたが、JPEGmini Liteでの圧縮後は、1.5MBとなり、1/7.8に圧縮されました。

Evernote社のSkitch

「Skitch」は画像ファイルに、矢印や図形、テキストの注釈などを書き込むことが容易なツールで、視覚的なコミニュケーション・ツールとして利用すると便利です。写真等の画像ファイルを読み込んでの加工だけでなく、スクリーンキャプチャーを撮ってメモを書き加える等の操作が可能です。

また、EvernoteのユーザーIDでサインインすることにより、「Evernote」アプリへ編集データを保存することができます。

まとめ

 

画像編集ソフトといえば、これまで「Photoshoop」あるいは「GIMP」が定番でしたが、最近、無料のものでも多機能なソフトがたくさん登場してきており、データの圧縮、コミュニケーションツールなどにも利用できるようになっています。

写真加工、Web制作といった専門的な業務だけでなく、日常的な業務、趣味といった分野において、コミュニケーションの道具として有効利用しようという新たな利用方法も生まれてきています。

1 2

Check Also

Macが立ち上がらない理由と対処方法

Macが立ち上がらない理由と対処方法

突然ご愛用のMacが起動しなく …