Home / Apple / Mac / Macに新しいフォントをインストールする方法

Macに新しいフォントをインストールする方法

使わないフォントだからといって削除までする必要がない場合は、簡単に一時的に使用停止にすることができます。fontbookのコレクション列のすべてのフォントを選択します。そして、使用停止にしたい該当のフォント名をクリックします。

編集メニューから該当フォント名を使用停止をクリックします。使用停止になった該当フォントは文字色がグレーになり、使用することができなくなります。もし、使用停止にしていたフォントを使うようにしたい場合は、該当のフォントを選択し、編集メニューから該当フォント名ファミリーを使用を選びます。

これで、一時的に使用を停止していたフォントが使用できるようになり、グレーだった文字色も再び黒文字へと変わります。

fontbookのスマートコレクションを作成したい場合

簡単に新しくスマートコレクションを作成することができます。fontbookのファイルから新規スマートコレクションを選択します。すると、新規コレクションとして表示するフォント条件を選択できるようになります。また、コレクション名も入力することができます。

ファミリー名やスタイル名、種類、言語など様々な条件を定義できます。さらに、追加で条件を付けたい場合は+マークを選択します。OKを選択すれば新しいスマートコレクションが追加されます。また、スマートコレクションに追加した新規コレクションなどを変更したい場合は、該当のスマートコレクションを選び、ファイルを選択します。

そして、メニューからスマートコレクションを編集をクリックします。すると、該当コレクションを変更することができるようになります。

fontbookで問題のあるフォントを検証したい場合

使っているフォントの中で問題がありそうなフォントがある場合は、fontbookで検証することができます。fontbookのすべてのフォントを選択したうえで、ファイルを開きます。そして、メニューの中からフォントを検証を選択します。すると、すべてのフォントを自動で検証してくれます。

何か問題のあるフォントが検出されたら、ウインドウの下に表示されるアイコンをクリックし、「選択項目を取り除く」をクリックすれば、問題が検証されたフォントを削除することができます。さらに、fontbookでインストールできなかったフォントファイルを検証することもできます。方法は、ファイルを開きます。

そして、メニューの中からファイルを検証を選択します。そして、検証をしてみたいフォントファイルが保存されている場所を選択し、開けば検証してくれます。これらの検証により、常に問題のあるフォントファイルをインストールしたままにすることを防ぐことができ、ウイルスなどを防ぐことができます。定期的に検証作業をおこなうと良いでしょう。

まとめ

今回、Macに新しいフォントをインストールする方法について紹介いたしました。時間をかけずに簡単な操作で好きなフォントを新たにMacにインストールをし、使っていくことができます。使いたいフォントがあったけども、インストールの方法が分からなかった方や文章作成などの作業が多い方は、ぜひ、1度試してみましょう。

Web上で様々なフリーフォントをダウンロードすることができますので、ウイルスなどにも十分に気をつけたうえで、より好きなフォントを使っていけるようにしましょう!

1 2

Check Also

MacでWindows用のキーボードを使用する方法

これは便利!MacでWindows用のキーボードを使用する方法

今までWindowsパソコンを …

Facebookでのご購読が便利です。